徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
02月04日(火)

翌日には言を翻して税金の無駄遣いを要求するバカヒに国政を語る資格なし 

3日付けの朝日新聞デジタルの記事から

国立追悼施設-首相が決断さえすれば
2014年2月3日(月)付
 日本と近隣諸国との間で、不信の連鎖が止まらない。

 国際会議で、日本と中国の閣僚らが安倍首相の歴史認識をめぐって批判しあう。こんな姿を見せられた世界は、はらはらしている。

 安倍首相は「対話のドアは常にオープンだ」と繰り返すが、もはやそれだけではすむまい。トゲを1本ずつ抜いていく具体的な行動を起こすときだ。

 その第一歩として、首相に提案したい。

 靖国参拝はやめ、戦争で亡くなった軍人も民間人も等しく悼むための無宗教の施設を新設すると宣言してはどうか。

 首相は、新たな施設には「亡くなった方のご家族はお参りしないだろう」と否定的だ。

 だが、遺族も一様ではない。

 「靖国で会おう」との言葉を信じ込み非業の死を遂げたと悔やむ遺族。A級戦犯の前では手を合わせられない遺族。ほかの宗教を信じる遺族。

 その存在を知りながら、「英霊に尊崇の念を表すのは当然」と一色に塗りつぶす首相の姿勢は乱暴すぎないか。

 新たな施設に参拝するよう、遺族に強いるわけではない。いろいろな思いをもつ遺族や、外国の要人らに訪れてもらうための場だ。

 そもそも、政治家はなぜ靖国に参拝するのか。首相に近い議員がブログに記している。

 「靖国参拝の習慣はなかったが、政治家になって、遺族会にお世話になり、傷痍(しょうい)軍人会や軍人恩給連盟と交流するようになり、国民の代表として英霊にお参りする大切さを理解した」

 動機はそれぞれだろうが、政治的要請という側面が大きいのではないか。それで近隣諸国との紛争の危険を高めているとしたら、代償は大きすぎる。

 首相は新施設には「様々な意見があり、慎重に見極めたい」と語る。ならば「わだかまりなく追悼できる施設を」という声も真剣に検討してほしい。

 首相の参拝を支持する人たち、とりわけ若い世代にも耳を傾けてもらいたい。

 戦争の犠牲者を悼む気持ちは貴い。だが、靖国神社は単なる慰霊の場とはいえない。軍国主義と結びついた過去を引きずる宗教施設だ。

 首相ら政治指導者が参拝すれば、傷つく人が日本にもたくさんいる。米国のアーリントン国立墓地とは、決定的に違う。

 「歴史を学ばぬ者は、歴史から報復される」。報復によっていちばん被害を受けるのは、未来ある若者たちだ。そのことを忘れないでほしい。

 流石は無知なくせに俺様が常に正しいと蒙昧かつ愚劣な考えを垂れ流すバカヒ、今回も吐き気をもよおすほどの与太話が溢れていますね。

 序盤から一宗教に対する差別を露骨に行い、存在そのものをトゲと邪魔者呼ばわり

 中庸は何処行った、公正公平は何処行った。

 と言うか、首相は丸一年間参拝しなかったのにその間も靖国神社そのものを罵り、更に政治家がどうのと日本人の信教の自由そのものを否定するとチョウセンヒトモドキのバカメスが喚き、同時に1000年恨み続けるなどと、まったくもって処置無しであることを自ら証言しているあの気狂い民族に、都合の悪い事実は一切無視して日本から歩み寄れと無意味な戯言を垂れ流し、無宗教の宗教行為をする施設なんて頭のトチ狂ったもののために税金を無駄遣いしろと、普段とまったく正反対の寝言をほざく。

 前日の社説では補助金を使うのはばら撒きだのと、税金の使い道にイチャモンを付けていたのに、今日には無価値で無意味な無駄遣いをしろとほざく。

 いやはや、イデオロギーだけで筆を執るから毎度ながら主張が支離滅裂すぎますね。

 しかも「「靖国で会おう」との言葉を信じ込み非業の死を遂げたと悔やむ遺族。A級戦犯の前では手を合わせられない遺族。ほかの宗教を信じる遺族」だのと、勝手に遺族の名を出しにして靖国と首相批判とか、どれだけ姑息なのか?

 そもそも時代が違い、価値観も違う事を持ち出してどうとか、恥ずかしくないんですかねぇ?

 当時は戦死して靖国神社に祀られるのは名誉そのものであり、戦死そのものが国家や故郷、家族などへの報恩、報忠とされていました。

 だからこそバカヒだって一億総玉砕、総火の玉だと喚いて、日本人なら誰でも玉砕の精神を持っていると、降伏せず戦い抜いて戦死することを称え、一般国民にまで強要していたんじゃないんですかねぇ?

 違うと言うのなら、是非ともどういう魂胆で非戦闘員である一般人にまで玉砕しろとほざいたのか、ハッキリと説明して欲しいものですよ。

 もっとも、直に問い糾そうとしたところで、慰安婦問題を捏造したバカヒの記者がそうしたみたいに、猛ダッシュで逃げ出すのがオチでしょうけどね(爆笑

 A級戦犯云々に至っては単なる個人的感情の問題なのですから、そんな狭隘な精神の輩なんぞどうでもいいだろうと。

 唯一の専門家であったパール判事が述べていたように、A級戦犯なんてのは戦勝国が勝手に枠組みを捏造して断罪しただけのもので、実際に該当する罪罰なんぞ存在しないし、国民多数の要望によって国内法で許されているのですから、それを理由に喚く日本人なんて、法が間違っていると喚いているのと同義ですもの、相手にする必要がありません

 それはマイノリティですらない、単なるノイズですよ。

 そして、他の宗教を信じているからどうのというのも呆れたもので、靖国神社は宗教法人なのですから、特定宗派の祭事方法になるのは当然であり、そこに国が口出しするのは、それこそバカヒ大好きな日本国憲法に違反する違法行為です。

 ましてや靖国神社にあるのは遺骨ではなく霊璽簿なのですから、気に食わないなら自分の好きなところで好きなように弔えば言いだけの話です。

 どうして政教分離を憲法で掲げている日本が、宗教行為をするための施設を国家として造らねばならないのやら?

 第一、遺骨そのものは遺族に返還されていますし、身元不明で遺族に引き渡されていない遺骨なら千鳥ヶ淵にありますから、靖国がどうのと絡む必要など何処にも無い。

 何より千鳥ヶ淵は安置施設なので宗教色は無く、様々な宗教が鎮魂などをしていますしねぇ?

 で、更に靖国神社への罵倒は続き、「軍国主義と結びついた過去を引きずる宗教施設だ」だそうです。

 それぞれの国にそれぞれの主張があり、異なる正義がある…こんなのは思想において基本中の基本なのですがね?

 例えば石原莞爾は本気で満州国の独立、五族協和、太平楽土を夢見ていましたし、大東亜共栄圏樹立による民族独立を本気で夢見てそれに命を賭した人も大勢いました。

 その証拠に、日本の敗戦後に連合国へ降伏して捕虜になり、帰国をするのではなく、現地の人々とともに白人国家からの独立の為戦い続け、死んでいった日本人も大勢います

 また、靖国に祭られている山本五十六などはアメリカとの戦争に反対し続けたのに、自ら海軍の実働部隊トップとして真珠湾を立案・実行しなければならなかったし、特攻の生みの親と言われている大西瀧二郎は「特攻を統帥の外道」と自ら批判しているし、特攻した若者への感謝と生き残った若者達に追い腹を切らず、日本の再建と世界平和のため尽くすよう遺書を残して介錯無しの割腹自殺をしています。

 一方でアメリカが排日移民法などに始まり、震災時の差別待遇、差別報道など民族差別を繰り返していたことやまるで支配者の如く上から押し付ける理不尽な要求を繰り返し、それを拒否した事に対する報復としての様々な制裁で日本を追い詰めたのは事実です。

 何せアメリカ陸軍戦略研究所でさえもあの戦争の原因の半分はルーズヴェルト政権の外交政策に原因があると述べているレポートを提出(ジェフリー・レコード著、渡辺惣樹訳・解説、『アメリカはいかにして日本を追い詰めたか-「米国陸軍戦略研究所レポート」から読み解く日米開戦』)するほどなのですから。

 そういった人々の生き様や想いを伝えることを言論の自由ではなく、軍国主義の過去を引きずる行為などと言論弾圧をして罵っておきなが、自らはその時代に散々犯した罪に一度としてマトモに向き合わず、それどころか戦後も捏造報道を繰り返して幾度も日本に被害を与えているのですから、下衆にも程が有ります。

 その上、「首相ら政治指導者が参拝すれば、傷つく人が日本にもたくさんいる。米国のアーリントン国立墓地とは、決定的に違う」と戯言を述べている点も。

 アーリントン墓地には空母機や艦砲射撃による本土襲撃で非戦闘員を大量に虐殺した機動部隊指揮官のウィリアム・ハルゼーがいますが、その事で傷つく日本人が誰もいないと何を証拠にこのゴミ新聞はほざいているのでしょう?

 例えば以前記した、保戸島空襲で小学校を爆撃し、更には崩壊した小学校から命からがら脱出した小学生と教師へ機銃掃射を行って124名も虐殺し、75名に重軽傷を負わせたのは、ハルゼーの率いた第3艦隊の第38任務部隊所属である空母ランドルフの艦載機ですよ?

 この虐殺の生存者や遺族、子孫が「キル・ザ・ジャップ」が口癖で、実際にこのような惨劇を引き起こして謝罪一つもしたことが無いような日本にとって不倶戴天の敵と言える男の墓参りをアメリカ大統領や日本の総理がしていることに、心中穏やかでいると思える理由を述べろって思いません?

 他にも義和団事件や朝鮮戦争、ベトナム戦争などの戦死者、英雄、中には単なる人殺しとしか呼べないようなのも多く眠っているのがアーリントン墓地について、靖国とは決定的に違うんだ、誰も気にもしないんだとバカヒが何故思えるのか実に不思議でなりませんし、何処がどう違うのか何の説明もないんですよねぇ?

 そもそもアーリントンって南北戦争の時の南軍ロバート・E・リー将軍が持っていた私有地を巻き上げ、南北戦争の戦死者を弔うために造った嫌がらせ的意味を持つもので、出だしからして他者へ不快感を与える為という呆れ返るものなんですがねぇ?

 ま、実際のところ最初に書いたように無知蒙昧で愚劣なのに自分は物知りだ、正しいんだと錯誤しているバカヒにはこのような実態は知りもしないわけですから、問い詰めたって答えられないし、都合が悪いからと逃げもするわけですよね(笑

 同期や先輩達が何度も捏造記事を書いていたとバレて、散々批判されていると言うのに、プライドだけはチョウセンヒトモドキ並に高いから問題を素直に認めず謝罪もまともにしない、失敗を反省して次へと繋げる改善もしないから、永遠に同じ様なバカを繰り返すっていうのにねぇ?

 きっとこの社説を書いている阿呆は「K・Yってだれだ」と言っても通じない(『朝日新聞珊瑚記事捏造事件』)んじゃないでしょうか(爆笑

 会った事も無い人物とのインタビュー記事とか、聞いた事もない話のインタビュー記事、見てもいない場所の取材記事、やってもいない犯罪証言記事などなど、捏造なのか妄想なのかも判別し辛い位に朝日と言えば嘘の記載が当たり前のマスゴミであり、まったくそれが改善されないことでも有名ですからね。

 「歴史を学ばぬ者は、歴史から報復される」だそうですけど、このように己の恥部とも言える140年の歴史を何一つ学ばず、感情のまま、イデオロギーだけで駄文を書き連ね続けてきたこのゴミ企業が、歴史に報復されるのは一体何時のことなんでしょうかねぇ?

 是非ともバカヒに峻烈かつ熾烈な歴史からの報復が訪れて、その主張だけは真実であったと実体験で証明してくれる事を切望しますよ。

 MSN産経ニュース『猛然と走って逃げた朝日新聞「慰安婦」記者』
 http://sankei.jp.msn.com/life/
news/140202/bks14020218000014-n1.htm

 (2014年2月3日 22:31 一部文章修正&追記)
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果