徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
01月21日(火)

生真面目に過ぎる 

20日付けのMSN産経ニュースの記事から

政府、中韓に抗議「テロリストだ」「平和構築に資さない」 菅長官
2014.1.20 12:45
 菅義偉官房長官は20日午前の記者会見で、初代韓国統監だった伊藤博文を暗殺した安重根の記念館が暗殺事件の現場となった中国北東部のハルビン駅に19日に開設されたことについて「極めて残念であり、遺憾だ」と述べた上で、外交ルートを通じて中国と韓国に抗議したことを明らかにした。

 抗議は外務省の伊原純一アジア大洋州局長が19日に中韓両国の在日大使館公使に対し電話で行った。

 菅氏は「安重根は初代首相を殺害し、死刑判決を受けたテロリストだ」と強調。「一方的な評価に基づき主張している韓国と中国が連携して国際的に展開するような動きは、地域の平和と協力の関係の構築に資するものではない」と批判した。

 言っている事自体は全くその通りではあるんですけどねぇ…

 馬鹿正直に真正面から批判したって確信した上でやっているテロ国家や独裁国家には何の痛痒も与えませんよ

 どうにも日本の政治家ってこういうところがダメと言うか、物足りないと言うか。

 こういう時、歴史に名を残すような大物政治家ってのはむしろ、相手の精神に一撃を加えるような一言を言うものです。

 皮肉、切り返しの名人と言われた英国宰相ウィンストン・チャーチルなんてこれでもかと言うくらいに語録としてその言葉が残っていますし、アメリカの大統領などでも誰もが名を知っているような人物は大体がそういう切り返しの逸話は残っています。

 そういう返しが出来ると言うことは、相手に対して余裕を持ち、上の立場から対応をしているのだとアピールすることにもなりますので、相手が単純であればあるほど、調子に乗っていればいるほど、その返しによるダメージが大きくなります。

 例えば今回のようなケースでは、どうか?

 昨年末、中国の首都北京では天安門広場で自動車を使った爆弾テロがあり、共産党が怒り狂って捜査だ逮捕だとやっていたのは周知の通りですし、ウイグルへの抑圧についてアメリカから咎められたことに対して今年の年初に外務省報道官が記者会見で「中国はアメリカに対しテロ撲滅の問題で二重基準を捨て言行が一致していないことを直ちにやめ、暴力やテロ勢力に間違ったシグナルを出すことをやめることを求める。実際の行動で国際社会のテロ取り締まりでの協力を維持することを期待している」と述べたことを利用して、そこを突っついてやるのです。

 「つい先日、中国は記者会見でアメリカにテロ爆滅の問題で二重基準を捨て言行が一致していないことを直ちにやめ、暴力やテロ勢力に間違ったシグナルを出すことをやめるよう要求していたのに、自分達はテロリストによる暗殺を賛美する記念館を建てている、これは一体どんなブラックジョークなのだろうか?」とか、「国際社会はテロの取り締まりに協力しろと口では言いながら、自国は逆にテロを礼賛して記念館を建ててしまう中国の言動の、一体どちらを本音だと我々は受け止めればいいのだろうか?」とかって。

 韓国に対しても基本的には一緒ですが、ここではよりあのバカザル民族に致命傷となるものを用いるとよいでしょう。

 つまり、元々がテロリスト達の作った国であることや、建国後に幾度もテロルを実行していることなどです。

 「流石はテロリストの作った貿易立国だ。遂にはテロリストの記念館まで輸出し始めるとは!我が国では引っ繰り返っても真似できない…なるほど、これがウリジナルか!」とか、「こんな凄いことは韓国以外には無理だろう。何故なら韓国以外の国ではテロリストや重犯罪者を英雄として国家が褒め称え、記念館を作るなんて有り得ないからだ」とか、「20~30年後には、日本人に被害を与えた者ならペテン師でも強盗犯でも殺人鬼でも英雄として政府に顕彰されて、国立墓地に祀られるようになり、中韓にはその記念館が乱立するのではないか?」とか。

 相手の所業がどれだけ他者から見た時に滑稽なのか、異常なのかを厭味ったらしく、それでいて明確に表現してやることです。

 こうなってしまえば、連中の反論方法はもはや安重根という愚劣なテロリストを賛美して自分達が敵対を宣言しているテロリストとは別物だと言う滑稽な理論を出すしかなくなるわけですが、そんなことをすれば益々己の間抜けぶりを周知させることにしかならず、一層ドツボに嵌ることになります。

 生真面目に批判をしたところで、対立していると言う印象を与えるだけですが、こうやって連中の異常ぶりを笑いものにしながら知らしめることで連中こそが実は加害者の側であり、そんなのの主張をまともに取り合うのは危険だなと思わせることが出来ると、その方がずっと国益に叶うと思いません?

 CRIonline『中国、テロ撲滅で二重基準を捨てるよう米国に求める』
 http://japanese.cri.cn/
881/2014/01/02/181s216348.htm
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果