徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
01月19日(日)

小型船が平然と接近するからでしょ 

18日付けの朝日新聞デジタルの記事から

自衛艦事故-なぜ繰り返されるのか
2014年1月18日(土)付
 なぜ自衛艦をめぐる事故が絶えないのか。

 海上自衛隊の輸送艦おおすみと小型釣り船が広島県沖で衝突した。釣り船は転覆し、船長と同乗の男性が死亡した。

 千葉県沖でイージス艦あたごと漁船が衝突し、漁船の父子が行方不明になった事故の記憶はまだ生々しい。88年には潜水艦なだしおと釣り船が衝突し、30人が亡くなる惨事もあった。

 08年のあたご事故では、海自の事後対応が問題視された。防衛相への報告が遅く、状況説明も二転三転した。

 今回の事故では、発生の約20分後に防衛相に連絡が入った。一方、事故状況については「海上保安庁が捜査中」としてほとんど明らかにしていない。

 あたご事故当時、防衛省が独自調査を先行させ、捜査妨害と批判されたことを強く意識しているとみられる。

 捜査や運輸安全委員会の調査への配慮は必要ではあるが、国民を守るはずの自衛隊をめぐる事故に関心が高まるのは当然だ。特に、海自の再発防止策が機能していたかは、しっかり検証されなければならない。

 釣り船に乗っていた男性は「一度追い越したおおすみが後方から再び接近し、避けきれなかった」と証言した。衝突直前、貨物船が両船の前を横切るのも見たという。

 どちらの船に回避義務があったかはまだはっきりしない。ただ、おおすみの艦橋からは釣り船がぶつかった左舷側に死角があり、乗組員が直前まで接近に気づかなかった可能性もある。

 小野寺防衛相は「おおすみ側に問題があるとの報告を受けていない」と言うが、防衛省としても徹底した原因究明を進めていくべきだ。

 見張りの態勢はどうなっていたのか。釣り船をいつ発見し、どういう措置をとったか。客観的な事実関係については、すすんで公表してもらいたい。

 あたご事故では、自衛艦側の責任をめぐって海難審判と刑事裁判で判断が割れた。「多くの船が行き交う海で、どう事故を防ぐのか」という肝心な課題は、未完のままである。

 海自の主要艦艇が配置されている瀬戸内海や東京湾の混雑度は国内指折りで、レジャー船も多い。海自側が細心の注意を払うというだけでは、事故の根絶は難しい面もある。

 自衛艦の航路や通過時刻をできるだけ周知し、民間側にもいっそう注意を求める必要があるだろう。海上保安庁や港湾管理者などと連携して、海の安全策をもっと練っていくべきだ。

 あたごの時は朝日や毎日が連携して新聞テレビ問わず大バッシングの雨霰でしたもんねぇ?

 でも蓋を開けてみれば、事故の直接原因は漁船があたごに突っ込んできたからであり、状況的に漁船側が自動操縦で居眠りをしていた可能性が非常に高く、裁判でも元自衛官側に無罪判決が出るような始末

 アレだけ敵意を燃やして罵っていたのにそっちの詳細は報じないで、まただの繰り返すだのとお決まりのテンプレですから、ほーんとブサヨって低劣です。

 ま、記事を読む限り「どちらの船に回避義務があったかはまだはっきりしない」「海自側が細心の注意を払うというだけでは、事故の根絶は難しい面もある」「自衛艦の航路や通過時刻をできるだけ周知し、民間側にもいっそう注意を求める必要があるだろう」など、冷静さも見受けられ、あたごの当時程偏って書いていないようです。

 最も、最初から自衛隊への批判が書き連ねられている上に、おおすみが警笛を鳴らして警告していたことや後進を掛けて衝突回避の努力をしていたことに触れていない辺り、公正中立な内容と呼ぶには余りにも程遠いままですが、バカなりには、あの時の偏向報道によって逆に自分達が散々叩かれたことから学んだものはあるようですね。

 ですが、先日も記した通り「一度追い越したおおすみが後方から再び接近し、避けきれなかった」という漁船側の主張自体がおかしいんですよね。

 おおすみは周知の通り、ヘリの運用も可能な大型輸送艦です。

 戦闘艦と違って最大速度は20ktを僅かに超える程度しかなく、水道などの通過時は10kt程度といいます。

 これは自転車を少し早めに漕ぐ速度と同程度(18~20km/h位)であり、これで後ろから追い付き激突する、それも衝突寸前まであの巨体の接近を漁船側の誰にも気取られずに、なんて出来ると思いますか?

 「おおすみの艦橋からは釣り船がぶつかった左舷側に死角があり、乗組員が直前まで接近に気づかなかった可能性もある」という朝日の主張にしても、だからこそ見張りを立てて監視していると言うのが防衛省側の主張ですし、それをいうのならば元々漁船は艦橋のある右舷側を後方から追い抜き、その上すぐ前方を横切っているのですから、まったく無警戒だったと考えるのは難しいだろうって話ですし、読売のインタビューに答えた元海保隊員も海自がそこには十分注意を払っているため、何故起きたのかと疑問を呈しています。

 それに、漁船側は記事にもあるようにおおすみを後方から追い抜いただけでなく、その際に僅か100m前を横切るという危険な真似をしているんですよね。

 では、そこまで速度差があったのにも関わらず、どうやっておおすみが追い付き、ぶつかったのでしょう?

 私にはどう考えても漁船側の操縦に問題があったとしか受け止められないのですがね。

 漁船には詳しくありませんが、それでもヤマハなどが販売している沿岸用の一般的なプレジャーボートサイズであれば巡航速度でも18~25kt、最大速度で30kt以上なんて珍しくもないし、エンジンの積み替えなどでそれ以上の速度が出るものだってザラにあるわけです。

 つまり、船種によっては巡航速度で普通に走っているだけでも、おおすみが最大速度をだしても追い付けない。

 ましてや今回の漁船は一度おおすみを追い抜いて前を走っていたわけですから、意図的に停止や速度を落とすなどをしたか、さもなくば蛇行して再び自らおおすみへの接近をしない限り、常識的には両者が再接近するという事態は有り得ないってことです。

 加えて言うなら、元々簡単に追い抜かれるほど速度差がある状態でおおすみが舵を切れば、船体が大きいために大きな弧を描くことになる上、航行速度もその間落ちるわけですから、おおすみ側が追いつくのは一層無理な話となります。

 何せ漁船側が仮に15ktであったとしても速度差は約10km/h、20ktならその倍となるのですから、その状態でおおすみの左舷後部とぶつかるって非常に不自然な話だと思いません?

 まぁ、船体も回収されていますし、事実は程なく明らかになると思いますが、何れにしても航行中の大型船への小型船による接近を禁止する法案を整備する、特に前方を横切る危険性について教習時の教育を徹底するなどしない限り、今後も事件が起きる可能性は一向に減らないままじゃないでしょうか?
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果