徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
01月04日(土)

白を黒というバカヒや中韓に対話の意味はなし 

4日付けの朝日新聞デジタルの記事から

日本の近隣外交-それでも対話を重ねよう
2014年1月4日(土)付
 日本と中国、韓国で、いまの政権が相次いで発足してから、おおむね1年がたつ。

 この間、日中、日韓の首脳会談は一度も開けなかった。2008年から毎年続いていた3国サミットも見送られた。

 冷え切った関係は、年末の安倍首相の靖国神社参拝で決定的となった。北東アジアにとって実に寒々しい年が明けた。

 大局をわきまえない政治指導者たちが、問題を解決するのではなく問題をつくる行動に走る。そのツケを経済や文化交流などへの悪影響で国民が被る。

 そんな不毛な悪循環が日本と近隣国との間に起きている。無分別な拡張行動をとる中国と、かたくなな対日外交を崩さない韓国にも、責任はある。

 だが、安倍首相の靖国参拝は独りよがりが過ぎた。首相が掲げる「積極的平和主義」には「国際協調にもとづく」の前置きがあったはずだが、自らその看板を否定したのである。

 米国、欧州連合、国連からも懸念が示された事態をどう改善するか。どうすれば、近隣国と未来志向の関係が築けるのか。新年の外交課題はそこにある。

 北東アジアは、世界の2、3位の経済大国と、有望な新興先進国が共生する世界有数のダイナミックな地域だ。争いによる相互ダメージから、協調による利益拡大の好循環へ構造転換する責務が、各国政府にある。

■相手への配慮から

 日中韓の間でいま、おもしろい取り組みが始まっている。

 京都の立命館大、中国・広州の広東外語外貿大、韓国・釜山の東西大。その3校の学生28人が2年間、各国で講義を受ける「キャンパスアジア」だ。

 言葉や文化、歴史をともに学び、「東アジア人」に育ってほしい--。そんな思いから3国サミットで合意された。

 すべての学生が共同生活を送る。広州、京都と移動し、昨年末に1年目のプログラムを釜山で終えた学生たちに会った。

 ほとんどの学生が、この1年のうちに歴史や領土問題を議論したことがある、と語った。ただ、次第にそれらが話題になることはなくなったという。

 理由を尋ねると、日中韓の学生の答えはほぼ一致した。「議論しても答えが出ない問題で相手を傷つけたくない、という気持ちがだんだん強くなった」

 立命館大の庵●(点一つのしんにょうに「谷」、あんざこ)由香・准教授はコミュニケーション能力の発達ぶりに驚いたという。「集団で生活し、対話する中で、なぜ自分はそう思うのだろうと内面を見つめることが相手への配慮につながるようだ」

 京都で韓国人学生は自国では絶対に使わない「日本海」の呼称で研究発表した。中国人学生は「政治の対立を文化交流に波及させるな」と主張した。

 1年目の最終日、東西大の張済国(チャンジェグク)総長は「最前線にいる君たちだからこそ、ぜひ自国の政府に交流のありのままの姿を伝えてほしい」と呼びかけた。

■各国首脳が熟考を

 人間同士では当たり前にできるはずの相手への配慮が、いまの政治には欠けている。

 安倍首相の靖国参拝を受け、中国と韓国からは、さじを投げる声すら出始めている。

 中国の外務省は「中国の指導者が彼と面会することはあり得ない」と表明した。韓国政府内でも「安倍政権と日本を切り離して対処する必要がある」という声が強まっている。

 もはや安倍政権が続く限り、交渉相手としては向き合えないという宣言とも受けとれる。

 日中で軍拡競争の様相も見せている尖閣諸島問題をどう制御するのか。来年、国交正常化から50年という節目を迎える韓国との関係はどう描くのか。

 安倍政権は「地球儀を俯瞰((ふかん))する外交」と言いながら、足元の近隣外交を放置している。そのこじれを修復しないまま、戦後の日本の平和主義を一方的に変え、集団的自衛権の行使容認に突き進もうというのだろうか。

 内向きな政治におぼれていては、自国の安全も地域の安定も危うくする。それはどの国の首脳も肝に銘じるべき問題だ。

■共通課題を突破口に

 当面、首脳会談への壁は厚いだろう。だとしても、互いの関心が重なる部分から対話を積み重ねていくべきではないか。

 原子力の安全や大気汚染、再生エネルギー開発、鳥インフルエンザ対策など、3国に共通する課題はいくらでもある。

 本格的な3国対話がなかった昨年でさえ、環境や文化の分野では閣僚級の会合が実現した。少しでも協力できる分野を見いだし、国民の実益を生むことで互いの信頼を高めたい。

 北東アジアには、北朝鮮も含まれる。張成沢(チャンソンテク)氏の粛清で新体制の恐怖政治ぶりが鮮明になった。その暴走を防ぐことは周辺国全体の安全策であり、もっと力を合わせるべき課題だ。

 靖国参拝の代償は高くつくだろう。それでも日本は、近隣国との対話が芽生えるよう努めることで挽回(ばんかい)を図るしかない。

 「冷え切った関係は、年末の安倍首相の靖国神社参拝で決定的となった」と、大嘘を並べ立てていますが、その前にバカヒが自ら記している「日中、日韓の首脳会談」「3国サミット」開催を拒否して冷え切った関係とやらに決定的なメッセージを送ってき続けたのは中韓のバカどもなんですが、そっちは総じてスルーですか。

 首脳会談について安倍政権は呼びかけをしており、それをアレコレ言い掛かりをつけて拒否したのは中韓でしたし、3国サミットは開催国が持ち回りで行われており、今年の開催責任国は韓国なんですがねぇ?

 それでも日本は開催しましょうと韓国に呼びかけたわけですが、中国様にお伺いをたてて拒否された韓国がじゃあやらないと突っぱねたのです。

 しかも関係が露骨に悪化した原因はといえば、中国の場合、尖閣国有化の一件は民主党が政権を略取していた時代に国民の意見を無視した独裁で行ったことであり、自民党の責任ではありませんでしたし、韓国の場合に至っては末期の李明博が人気取りのために竹島訪問をした挙句、天皇陛下を侮辱・罵倒したことと、親父と同じ親日だと言われるのを嫌った二代目ルーピーの朴槿恵が就任前から異常な反日姿勢を示しているためでしかありません。

 安倍首相は就任以後昨年末まで例大祭や終戦日の参拝を控え、河野談話修正や憲法改正など中韓が喚く問題も避けてただただ話し合いの場をと求め続けてきたのは周知の通りですが、バカヒにとってはそれらは全て無かったことか、関係ないことのようですね。

 ただ単に日本が全て悪いと言う、モドキどもの如き戯言が唯一絶対の真実でなければならないようで、数十年前どころかたかだか過去1年間の歴史さえも歪曲して恥じないのですから。

 「もはや安倍政権が続く限り、交渉相手としては向き合えないという宣言とも受けとれる」だそうですけど、安倍政権誕生以来、ただの一度でも中韓の連中が交渉しようなんて態度を見せたことはないのに、よくもまぁそんな白々しいことを書けますよねぇ?

 まぁ、つい先日もとっくにバレている麻生副総理の憲法改正に伴うナチス発言の真意を正反対にした歪曲を未だ平然とやり続けるような社説ですから、クズっぷりに拍車が掛かることはあっても真っ当になるなどありえませんか。

 「原子力の安全や大気汚染、再生エネルギー開発、鳥インフルエンザ対策など、3国に共通する課題はいくらでもある」なんてのもお笑いですね。

 中韓の場合原子力関連や再生エネルギーは技術力云々以前の汚職まみれでどうにもならないレベルですし、中国に力を貸してチベットの汚染とチベット人の迫害を推し進めたいってことでしょうかねぇ、戦後一貫した媚中派のバカヒとしては。

 鳥インフルにしたって隠蔽、矮小化が当たり前の中韓とどう付き合って対策なんてものを立てるのやら?

 「靖国参拝の代償は高くつくだろう。それでも日本は、近隣国との対話が芽生えるよう努めることで挽回(ばんかい)を図るしかない」とまぁ、最後にまた靖国を障害であるかのように罵っていますが、そもそも先日の新藤総務大臣とバカヒ記者のやりとりで、バカヒが言う海外とか近隣国の正体が中韓のみであるとバレているのにまだそんな抽象的な表現で誤魔化せると思っているとか、ほーんとバカヒって低能ですね。

 ま、だからこそバカヒなんですが。

 靖国参拝について国として批判をしているのはと言えば、アメリカがありますが、アレは参拝行為そのものがどうこうではなく、それによって自らのアジア戦略、つまりは韓国との連携に支障がでることを失望と言ったのだと説明しています。

 あとは精々華僑の国であるシンガポール程度ですし、それとて現地メディアのストレーツ・タイムズ紙では安部総理の配慮と呼びかけを無視して反日を声高に叫ぶ中韓に対し、「冷え切った中韓との関係に改善の見込みは少ないと見切ったためだ」と記事を書いているそうです。

 つまりバカヒの言い掛かりとは逆に、この1年間の中韓による敵対政策が安倍政権の話し合い路線を転換させるに至ったのだと、中韓の振る舞いこそが決定的にさせる原因だったとしているわけです。

 バカヒの偏向した妄想とこの第三国メディアの論評ではどっちが現実味を帯びた主張なのかは、考えるまでもありませんよねぇ?

 何せバカヒはこの一年間を振り返っても話し合いの一切を拒絶して武力行使や第三国を巻き込んだ罵倒を繰り広げるだけの中韓の振る舞いは精々「にも、責任はある」という程度だとなるのですから。

 例えば「大局をわきまえない政治指導者たちが、問題を解決するのではなく問題をつくる行動に走る。そのツケを経済や文化交流などへの悪影響で国民が被る」とありますが、具体的にはどうでしょう?

 ハッキリ言って旨味の無くなった鶏肋のような中国に今も固執する企業や自治体なんてどれ程あるのでしょうか?

 もとより無価値な韓国に至ってはもっとであり、対馬でさえ仏像窃盗とイカサマ判決による略奪などに憤慨して文化交流を自発的に絶っているんですが、それの何処が「大局をわきまえない政治指導者たち」だのツケを「悪影響で国民が被る」になるんでしょうねぇ?

 竹島訪問や天皇陛下の罵倒、海外での悪口流布など、韓国の「大局をわきまえない政治指導者たち」が自国経済に大打撃を与えていると言う意味なら確かにその通りですがね。

 そもそも日本から基幹部品の輸入がなければ国家基盤になっている輸出産業そのものが崩壊して国がひっくり返るのに、それさえ分からず日本への敵意を剥き出しにして言い掛かりをつけるモドキなんて、今年は一層経済不況に見まわれると予想されていますしねぇ?

 中国にしても尖閣でここ数日も連日領海侵犯を繰り返しているし、東南アジアにも同様の拡大主義、覇権主義を掲げて軍事力による威圧行動を繰り返しているからこそ、日本による連携で囲われ始めているんですからねぇ?

 今後海外企業の撤退が一層進み、それでいて高給や待遇改善を求める10億を優に超える国民にどう対応していくのかその指針さえ出せないままですし。

 ま、何にしても今年は中韓両国の崩壊が近づくこと、そして何よりもバカヒが一層の発行部数減少によって大打撃を受けて倒産に至ることを願いたいものですね。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果