徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
12月28日(土)

嘘を量産して国民を扇動し続けるペテン師達のアジビラ 

28日付けの朝日新聞デジタルの記事から

辺野古埋め立て―沖縄の負担を分かちあう
2013年12月28日(土)付
 米軍普天間飛行場を移設するため、名護市辺野古の海の埋め立てを認める。

 沖縄県の仲井真(なかいま)弘多(ひろかず)知事が、そんな判断を下した。

 宜野湾市の市街地の真ん中にある普天間飛行場は「世界一危険な基地」とも呼ばれる。その返還に、日米両政府が合意して17年。移設問題は新たな段階に入ったことになる。

 普天間の危険は一刻も早く除かなければならない。だからといって在日米軍基地の74%を抱える沖縄県内に新たな基地をつくらなければならないのか。

 移設計画への反発は強く、朝日新聞社などが県内で今月中旬に実施した世論調査では、64%が埋め立てを承認すべきではないと答えた。

 知事は3年前に「県外移設」を掲げて再選された。なのになぜ埋め立てを認めるのか。知事は、県民の批判や失望を覚悟しなければならない。

■県民の理解なしには

 埋め立て承認によって、移設は順調に進むのか。

 きのうの記者会見の、知事の言葉を聞こう。

 「辺野古については名護市長も市議会も反対していて、実現可能性はそんなに高くない」

 「県外の飛行場のある場所へ移設する方が早い。暫定的でも、県外移設案をすべて検討し、(普天間の)5年以内の運用停止を図る必要がある」

 知事は政府に対し、普天間の24機のオスプレイの半数程度を県外に配備し、さらに5年以内に普天間の運用を停止するよう求めていた。辺野古の埋め立ては認めるが、まず普天間を空っぽにせよ、というのである。

 「運用停止にとりくむと総理の確約を得ている」と、知事は首相との会談の成果を誇った。

 首相は、少なくとも公開の場では、オスプレイの県外配備ではなく訓練の半分を県外に移すとしか言っていない。そもそもオスプレイを全機、県外に移すのなら、辺野古の基地は要らない。知事の説明は、県外移設の公約と埋め立て承認のつじつまあわせにも聞こえる。

 しかし、沖縄の現状を表している面もある。基地負担を県外に移し、県民の理解を得る努力を重ねなければ、辺野古への移設もうまくいくかどうか。

 来年1月の名護市長選、9月の市議選、11月ごろの知事選と政治日程が控える。結果しだいで建設は頓挫しかねない。

 承認を得たらこちらのもの。抵抗する市民を排除して工事を進めればいい--。そんな発想が政府側にあるとすれば、すぐ捨てなければならない。県民の反発を強め、今後の数々のハードルを高くするだけだろう。

■「差別」という問い

 知事の判断にも、首相の回答にも、沖縄の思いは複雑だ。

 振興策への歓迎。負担軽減策への落胆。札束でほおをたたいて基地負担を我慢せよと迫るのか、という反発もある。

 沖縄の内部も、本土と沖縄の間も、分断が深まったようにみえる。

 近年の沖縄では「差別」という言葉が頻繁に使われる。

 たとえば公明党県本部が埋め立て不承認を求めた知事への提言も「差別と言わざるを得ない」と断じ、こう記した。

 安保による恩恵は全国民が享受し、基地の負担は沖縄に過度に押し付けるやり方は、これ以上容認できない。沖縄に基地が集中したのは地理的・軍事的な理由ではない。本土で反対運動が起き、米軍統治下の沖縄に追い払われたのだ……。

 基地の負担と歴史を重ね、差別だと訴える声もしばしば耳にする。王国をとりつぶされた琉球処分、本土防衛の「捨て石」にされた沖縄戦、独立する本土から切り離されて米国に「質入れ」された経緯である。

 それは、本土に暮らす者も等しく考えるべき問題だ。

 日本は戦後、憲法9条の下で平和国家の地位を築いた。ただし、それは日米安保条約による米軍の駐留と沖縄の負担の上になりたつ平和だ。

 本土の人々はその事実を忘れがちだ。だが、負担を強いられる側は忘れない。意識のギャップが広がれば、何かのきっかけで不満が爆発しかねない。

■環境変化を見据えて

 安倍政権が日米同盟を強固にしたいのなら、とりくむべきは沖縄の負担軽減だ。同盟に不可欠なのは、集団的自衛権の行使より何より、駐留米軍への地元の人々の理解である。

 沖縄が接する東シナ海は緊張を増している。一方で航続距離の長いオスプレイは、県外からでも容易に沖縄にたどりつく。安全保障環境や軍事技術が変わるなか、沖縄になければならないもの、本土で引き受けられるものは何かを、もう一度洗い出すべきだ。

 移転先の同意を得るのは容易ではない。だが、山口県岩国市は岩国基地に、普天間の空中給油機を受け入れると決めた。

 努力もせずに諦めていては、話は始まらない。

 責任と言う概念が存在しないから、過去を平気で忘却して何度でもいい加減な言動を繰り返す。

 過去を反省しろだの学べだのと喚くくせに、絶対に自分達はそれをしない。

 いや、過去に成功した悪事とその手法だけはキッチリ継承していますか。

 例えば記事中で「意識のギャップが広がれば、何かのきっかけで不満が爆発しかねない」などと、知事が承認した現状を引っくり返すために沖縄での大規模な暴動を間接的な方法で呼びかけています。

 この手のバカヒによる悪行で最も有名なのは米騒動の件ですね。

 富山の主婦らによる米屋との話し合いであったものを暴動に仕立て上げ、更には米価高騰の犯人が鈴木商店であると大嘘の捏造記事を書いて同社への襲撃事件を引き起こしました

 これにより鈴木商店は本店を消失する大損害を被っており、城山三郎は自著において三井の資産で誕生した朝日新聞が三井のライバルとして急成長していた鈴木商店を潰す為に故意に仕掛けたデマゴーグであったとしています。

 このアジビラは同じ様な事を今度は沖縄県民と、それを装った本土のブサヨ達に引き起こさせてまた国を混乱させようと目論んでいるわけです。

 事実、記事中で「承認を得たらこちらのもの。抵抗する市民を排除して工事を進めればいい--。そんな発想が政府側にあるとすれば、すぐ捨てなければならない。県民の反発を強め、今後の数々のハードルを高くするだけだろう」と、抵抗する市民=県民という意図的な悪意ある混同を図っています。

 近年の各メディアや個人による取材・検証によって土地の不法占拠を行いテントなどを設営し、監視や妨害をやっている沖縄市民の実態が実は多くは県外からやってきた反日活動家であることが明らかにされており、それら邪魔者に出て行けと求める住民による横断幕の写真やインタビュー映像などがネットに出ています。

 しかしバカヒは媚中という己の政治的欲望を満たす為に上記のような出鱈目千万の混同をわざと行っています

 挙句が選挙でただ反対を喚くだけのバカを勝たせればまだどうにかなるかのような主張を展開したり、差別だのと意味不明な寝言をほざいたり、まさに目的の為なら手段を選ばぬ姑息振りです。

 その上止めとばかりに「安保による恩恵は全国民が享受し、基地の負担は沖縄に過度に押し付けるやり方は、これ以上容認できない。沖縄に基地が集中したのは地理的・軍事的な理由ではない。本土で反対運動が起き、米軍統治下の沖縄に追い払われたのだ……」などとこれまた特大の大嘘を書いています。

 まず、それが事実なら在日米軍約4万5000人の半分である2万2000人以上が何で沖縄以外の日本にいるんでしょうかねぇ?

 本土から追い出されて沖縄に集中というのが事実なら、割合が余りにもおかしいと思いません?

 喚く74%にしても何度も記すように米軍専用施設だけでみた割合に過ぎず、全体の規模で見れば全国の3/4どころか北海道の2/3程度に過ぎませんし

 また、沖縄の米軍基地は基本的に沖縄戦の際に占領された日本軍の基地や施設、土地、或いは占領時期に新設されたものが多くを占めており、演習場など10年以上経ってから新たに造られたものはあっても、本土から追い払われた米軍部隊によって新たに駐留する為の基地が造られたなんて話、私は聞いた事もありません。

 ましてや朝鮮戦争やベトナム戦争ソ連との冷戦、台湾危機や尖閣など中国の台頭と軍拡もあって今も昔も沖縄は地理的にも軍事的にも東アジアにおける要石です。

 オスプレイ導入の際にもその行動半径が台湾や朝鮮を収めることも理由として上がっており、当然ながらソレに関する報道をバカヒだってしていたわけですが、こうやって都合の悪い事実を平然と忘却して捏造記事を上げ続けるわけです。

 そして締めの捨て台詞が「努力もせずに諦めていては、話は始まらない」ですからねぇ?

 その狂った主張をしたルーピー率いる民主を支援して民主党政権を誕生させた結果さえ忘れているのですから、お話になりませんよねぇ?

 第一希望国外、第二希望県外だとして米国との約束を反故にした挙句、「トラストミー」とまでオバマに大見得を切ったクズ鳩は「学べば学ぶほど」とほざいて結局元鞘に戻ったことに、複数の新聞社が万死に値するとまで評したのに、それさえもルーピーと一緒に忘れているとか、マスメディアを名乗るにあらざる暴挙です。

 ホント、このゴミに新聞を名乗る資格は一片もありませんね。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果