徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
12月04日(水)

調子付くブサヨ達 

4日付けのNHKNEWSWEBの記事から

映画監督らが秘密保護法案に反対
12月4日 19時15分
 特定秘密保護法案について、映画監督の山田洋次さんをはじめ映画関係者や俳優らが「『知る権利』を奪い『表現の自由』を脅かすことになりかねない」として、反対する声明を出しました。

 声明を出したのは、映画監督らで作る「『特定秘密保護法案』に反対する映画人の会」で、映画監督の山田洋次さん、高畑勲さん、降旗康男さんら5人が呼びかけ人となっています。

 呼びかけに賛同した映画監督の宮崎駿さんや俳優の吉永小百合さん、大竹しのぶさん、脚本家の山田太一さんら264人が名前を連ねています。

声明では、特定秘密保護法案について、「『法案』の内容、および拙速なその審議のありように大きな危惧と怒りをもって、この法案に対し反対の声を上げるものです」としたうえで、「『知る権利』を奪い『表現の自由』を脅かすことになりかねないこの法案は、民主主義の精神に照らし合わせて、とても容認することはできません」としています。

 このほか、映画監督の団体の「日本映画監督協会」や、脚本家の団体「日本脚本家連盟」、児童文学の作家らで作る「日本児童文学者協会」など5つの著作者の団体も、特定秘密保護法案の廃案を求める声明を連名で発表しました。

 名前を見ただけで分かりますよね?

 ブサヨどもが戦々恐々としているって。

 高畑と宮崎の頭のイカレっぷりはここ最近連中が引き起こした一連の騒動でご承知の通りでしょうし、高畑も宮崎らと同様に事実を捻じ曲げた反日映画を作るなどして貶めに勤しむクズ野郎として有名です。

 山田にしても昔から左巻きとして活動しているのはご存知のとおりですしねぇ?

 捏造・改悪した真実を垂れ流すことに血道を開けるゴミどもが、己を棚に上げて権利を守れとか、本当にブサヨって恥知らずですよねぇ?

 例えば宮崎。

 このバカは今年、堀越二郎の生き様を著しく歪めた捏造映画を作りましたが、それだけに飽き足らず、他人のフィクション作品が映画になる話に因縁をつけて最近では散々貶めを行っています。

 技術者の心が分かるみたいなことをほざきながら、堀越二郎その人が執筆した『零戦』も読んだことがないような阿呆が何をほざいているんだかってレベルなのですが。

 そもそも連中の主張と今回の法案って何処がどうリンクするのか?

 なりかねないと、具体性の欠片もない主張自体陳腐な限りですし、ましてや内容そのものが共産党ら極左どものそれとマッチングしているのですから、根底にあるのが単なる反日行為なのは明白です。

 しかもこのクズども、より明白に表現の自由への規制が盛り込まれていた児ポ法や東京都の条例などに対しては一切同様の主張をしていないってのも重要なポイントです。

 つまりは、単なる二枚舌のクソ野郎どもだってことで。

 自分たちの活動に影響のない分野であればどんなに表現の自由などが侵害されようと平気で無視を決め込むが、反日テロ活動に影響が出るのは全力で阻止行動を目論む、と。

 そう言えば山本クズ太郎も同じく反対活動を繰り広げて同様の思想を持った連中で国会を包囲して議会政治を妨害し、採決そのものをさせぬというテロ活動を呼びかけていましたっけねぇ?

 国会議員でありながら議会制民主主義そのものを否定して暴力に血道を求める…こういうゴミどもを排除できる法案の方を提出・可決する方が今の日本には余程重要な気がしますね。

 ガジェット通信『山本太郎議員「特定秘密保護法案採決の日に人が集まって、議員を国会に入れなければいい」発言時の演説全文テキスト起こし』
 http://getnews.jp/archives/468160
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果