徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
11月23日(土)

やはり見栄だけで選んだFX 

22日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

レーダー探知されず北へ…韓国が最新鋭戦闘機
 【ソウル=豊浦潤一】韓国国防省は22日、軍合同参謀会議を開き、空軍の次期主力戦闘機(FX)に、米ロッキード・マーチン社の最新鋭ステルス戦闘機「F35A」を選定したと発表した。

 2018年から40機導入する。

 北朝鮮の核ミサイル配備が現実味を帯びる中、F35Aは有事の際にレーダーに探知されず北朝鮮上空に入り、攻撃対象を破壊する能力を持つ。北朝鮮の脅威に備えて米韓軍が構築を進める先制攻撃システム「キル・チェーン」の中心的な戦力とする方針だ。

 同省は、日本や中国などがステルス戦闘機を確保するなど「周辺国の安保環境」も考慮し、F35Aを選定したとしている。
(2013年11月22日19時35分 読売新聞)

 何の話かと思えば、結局金も無いのにバカが見栄を優先してステルスにしましたとかって話なんですね。

 操縦の容易な軽戦闘機さえ満足に扱えず毎年墜落させている下等動物がそんな最新鋭機を手に入れてどうするんですかねぇ?

 ガラスケースにでも入れて飾るとか?

 何せ今ではキムチイーグルでさえ部品の補充が満足に出来ず、共食い整備をしていて稼働率が50%あるかどうかなんて言われている始末なのに。

 特にポイントなのが機数が40機と読売の記事に書かれている点です。

 元々南モドキのFXは60機を導入する予定のものでした。

 そして乞食国家が掲示した予算でその機数と性能値を満たせるのはF-15SEだったので、一度は決定をしたわけですが、中国がステルス機開発中、日本も配備予定なのにと、決定したことに横槍が入り、審査のやり直しを強引にやってステルス機を選定した結果が購入機数2/3への減少ということのようで。

 入札価格は60機で8000億円に満たないので、一機辺りの価格にすると130億円程度しか出していなかったのですから、バカみたいに値段が上昇し続けるF-35Aを買おうとしても到底予算があわないのは当たり前の話で、機数を20機も削減する事で無理矢理に辻褄を合わせたのでしょう。

 装備やパイロットの訓練など諸々を含めると相当にしますからねぇ…

 それにしても、本当にコイツらって見栄しか頭に無いサルですよね。

 F-4、F-5の後継機として入れるわけですけど、配備予定が2018年と大甘な見立てですし、それとてその頃にはどっちも退役してい無ければならない程に老朽化しているので戦力に大きな穴が空くと言われています。

 しかも機数は大幅減なので航空戦力は数の面で大きく減衰しますし、戦闘爆撃機だの戦闘攻撃機だのばかり(F-15SEのキムチ版F-15KにF-16、そしてF-16をベースにしたF/A-50となる)になって「周辺国」を相手取るには大いに不利となる

 ステルスだって万能でも無敵でも無いし、日本は既に独自の対策を研究していますし。

 また、購入機数は42対40とほぼ日本と同数ですが、パイロットの腕に絶対的な差があることに加えて、先程も記したように整備の質と稼働率にも雲泥の差があり、更に南モドキは搭載ミサイルの数さえ満足に揃えられない貧乏な乞食ですから、勝負する前にもはや決着がついているというものです。

 それとそれ以前の問題として親中国で米中が対立したらどっちにつこうなんて喚いている蝙蝠野郎で、おまけに以前勝手にブラックボックスを開けたこともある違法民族に果たしてそんな先端技術の塊を本当にアメリカが素直に引き渡すのかってことも気になりますね。

 ま、どうせ導入できたとしてもその頃には経済状況自体相当に悪くなっているでしょうから、数年で何割かが使い物にならなくなっていそうですがね。

 朝鮮日報『次期戦闘機:事実上F35Aに決定、問題は予算』
 http://www.chosunonline.com/
site/data/html_dir/2013/11/22/
2013112201145.html
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果