徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
11月15日(金)

モドキの脳内では日本の艦艇は化物のようで(笑 

14日付けの中央日報の記事から

【コラム】ロシアの水没将兵追慕碑の警告=韓国
2013年11月14日11時42分
  ロシアのプーチン大統領は1日しかない短い韓国訪問日程の中で昨夜出国前に仁川(インチョン)沿岸埠頭のロシア海軍水没将兵追慕碑を訪れ献花した。2009年にサンクトペテルブルクから持ってきた黒い花こう岩で作られた追慕碑は1904年の日露戦争最初の戦闘状況を後世に伝える「記憶の碑」のようなものだ。その時どのようなことが起きたのだろうか。その追慕碑は私たちにどのような教訓、どのような警告を与えるのだろうか。

 1895年から1905年までの10年間、朝鮮は中国(清)、ロシア、日本の勢力の角逐の場だった。1895年に日清戦争で日本が勝利し、朝鮮で中華秩序が崩れてしばらく力の空白期ができた。日清戦争で朝鮮支配の野心の半分を達成した日本を、南下するロシアが遮った。日本はロシアの満州鉄道経営の特殊利益を認めるのでロシアは日本の朝鮮支配を認めるよう提案した。ロシアは朝鮮半島の北緯39度線より北側を中立地帯にしようとして対抗した。世紀が変わっても日露間の外交交渉に進展がない間に日本では軍部を中心に戦争論者らの勢力が力を増した。戦争をしたいロシアの軍事指導者は東洋の「黄色いサル」との戦いは戦争というよりも「軍人たちの散策」と自信を持っていた。1903年末に至り東洋の浮上する帝国と西洋の沈む帝国は戦争のレールの上を向かい合って走る2つの機関車の格好だった。

 それでも当時の劣悪な通信事情でこうした急迫した事態は朝鮮駐在のロシア公使館と済物浦(チェムルポ)港に入港していたロシアの砲艦コレーエツ号、護衛巡洋艦ワリャーグ号には適時に伝えられなかった。日本がロシアに宣戦布告したのは1904年2月10日。日本はすでにすべての外国艦艇に済物浦を離れるよう通知した状態だった。日本がロシア艦艇を攻撃すれば他国の艦艇も被害を受けかねない切迫した状況だ。コレーエツ号とワリャーグ号は他国の艦艇の被害を防ぐため中国・大連に行こうと済物浦港を離れた。八尾島(パルミド)付近を守っていた日本海軍はコレーエツ号とワリャーグ号に魚雷攻撃を浴びせた。両艦には690人の将兵が乗っていた。30分間に発射した3000発以上の魚雷はロシア艦艇をはずれていった。両艦は航海を断念し済物浦に戻ることにした。しかしワリャーグ号は船首の向きを変える途中で魚雷3発を浴びた。船体は傾き将兵40人が戦死して数百名が負傷した。

 追撃する日本軍の魚雷攻撃を受けながら遺体と負傷者を乗せ済物浦外港まで来たワリャーグ号とコレーエツ号の艦長はロシア帝国の海軍艦艇を「東洋の野蛮人」の手に渡すことはできないとし「自決」の道を選んだ。将兵をボートで脱出させた後、コレーエツ号は火薬庫に通じる導火線に火をつけ自爆しワリャーグ号は水葬にされた。コレーエツ号の爆発音に仁川浦口の住民たちは驚いた。その隙に日本の陸軍部隊は済物浦に上陸した。フランスのパスカル号と英国のタルボット号がロシアの将兵を救助し帰国への便宜を提供した。日本は英国、フランス、イタリアの艦艇の艦長に日本軍の捕虜であるロシアの軍人を引き渡すよう要求した。しかし欧州3国の艦長は日本軍が宣戦布告なくロシア艦艇を攻撃したのは国際法違反だと抗議した。

 しかし欧州3国の日本に対する抗議はそれで終わりだった。米国は日本と翌年締結することになる桂タフト協定の交渉中だった。米国は日本の朝鮮統治を、日本は米国のフィリピン支配を相互に認める秘密協定だ。そのため米海軍艦艇ビックスバーグ号は済物浦に来ていたが米国は冷たく背を向けた。英国は2年前に日英同盟を締結した状況でロシアの東アジア進出を警戒していたため日本を積極支援した。インドシナを植民地経営していたフランスもロシアを支援する理由はなかった。イタリアには英国とフランスとの友好関係がもっと重要だった。このように日露戦争開戦時に欧米列強が取った態度は徹底的に地政学的利害に左右された。

 彼らの眼中に朝鮮はなかった。西洋の外勢は死んだけものの死体に群がるハイエナのように中国で利権を争い、朝鮮は帝国主義列強の末席に上がったばかりの日本に渡してもこの地域で彼らの利益を損なうことはないと判断した。朝鮮の運命が周辺強国の手に独占されていても無能な朝鮮は一言も言う力がなかった。プーチン大統領が訪れた1904年の水没将兵追慕碑は今日の私たちに自国の地政学的利益を犠牲にしてまで無力な弱小国を支援する国は過去になく、いまもなく、今後もないと大きな声で警告している。

 妄想に生き、妄想に死ぬバカ民族チョウセンヒトモドキ。

 そのイカレぶりは日本が絡むと一層激しくなります。

 中国のみならずロシアにもかつてのように尻を突き出して媚を売りたいみたいで、必死にロシア艦の偉大さと日本感のヘボさを演出しようと歴史の捏造をしていますが、その結果、逆に日本艦が信じられない程の化物っぷりになっているところが、何ともチョウセンヒトモドキ滑稽さですよねぇ…

 例えば「30分間に発射した3000発以上の魚雷はロシア艦艇をはずれていった」という件ですね。

 この時の戦闘はコレーツと水雷艇の遭遇戦であり、水雷艇一隻が擱座し、残り三隻が魚雷を発射、コレーツも砲撃をしたが、どちらにも命中はなく、コレーツが仁川港へ引き返して一旦戦闘は終了しています。

 つまり、この時日本の水雷艇は1隻辺り僅か30分の間に1000発もの魚雷を撃ったということになります。

 分間33.3発ということであり、2秒に1発以上の連射速度で魚雷を延々と発射し続けた…魚雷を機銃と同レベルの速度で30分に渡り撃ち続けるなんて、どれほどオーバーテクノロジーな化物なんでしょうね、日本の水雷艇って。

 この時参戦したのは隼型水雷艇ですが、搭載している魚雷発射管僅か3門であり、装填・照準・発射を各秒単位で繰り返し続けていたって話になりますし、そもそも僅か152tという小さな船体の一体何処に1000発もの45cm魚雷を積み込んでいたんだよと、爆笑したくなりますね

 また、日本軍の上陸が行われたのはこの日、つまりは遭遇戦のあった2月8日の夜であり、両艦艇の沈没時どころかまだ無傷の段階です。

 コレーツとワリヤーグの沈没は翌日の海戦によるものですので、沈没の隙を突いたなんてのは大嘘もいいところです。

 翌日12時直前に退去要求を受け入れたロシア艦艇は出港し、沖合で日本の巡洋艦隊及び水雷艇部隊と交戦して一方的に打ちのめされて再び仁川港へと引き返し、コレーツが自爆します。

 ワリヤーグは水葬なんて意味不明な表現で中央日報は華美していますが、つまりはキングストン弁を抜いての自沈であり、後に浮揚されて日本海軍に編入されていますし、そもそもこの日は巡洋艦同士の砲撃戦だったのですがねぇ?

 何せ砲戦開始距離7000mと記録にはあり、当時の魚雷でははるか射程外もいいところですが、魚雷3本の命中ってなんなんでしょ?

 おまけに「船体は傾き将兵40人が戦死して数百名が負傷した」「フランスのパスカル号と英国のタルボット号がロシアの将兵を救助し帰国への便宜を提供した。日本は英国、フランス、イタリアの艦艇の艦長に日本軍の捕虜であるロシアの軍人を引き渡すよう要求した。しかし欧州3国の艦長は日本軍が宣戦布告なくロシア艦艇を攻撃したのは国際法違反だと抗議した」って…

 日本軍側司令官はこの時、各国の公使や艦長と話をしてロシア兵の重傷者を赤十字病院へ入院させているんですがねぇ?

 それに、「戦時中は上海以北に来ないこと」「再び戦役に従事しないこと」を誓約させた上で各国の軍艦でサイゴンや香港への移送をさせており、ロシア兵が欧州の軍艦を利用してうまく日本から逃げ延びたわけではありません。

 また、この時の兵員の内訳記録が日本にはキチンと残っており、そこにはこうあります。

 死者 将校1名、下士官以下40名。

 負傷者 将校4名、下士官以下60名。

 収容セル露残兵
 英「タルボット」 300人 内負傷者20人
 伊「エルバ」   120人 内負傷者10人
 仏「パスカル」  200人 内負傷者20人
 負傷後、死亡者8名


 算数ができればモドキの異常者ぶりがよくわかりますよね?

 そう、記事中に「両艦には690人の将兵が乗っていた」と、ロシア軍の兵数を明記しているわけですが、3隻に収容された敗残兵の数を数えると620人であり、死者の41+8人を追加すると669人で、何処にも数百名の負傷者なんてものが介在する余地は無いんです。

 先程の水雷艇3隻による3000発の魚雷乱射よりは多少マシとは言え、数字の捏造と誇大が本当に大好きですよねぇ、この下郎どもって

 何せこのバカザルどもの言い分に従えば、日本軍の艦艇はロシア人幽霊の負傷者を大勢生み出したってことになるんですから。

 いやはや、どうせならこのままこういう被害妄想・誇大妄想にとりつかれて民族そのものが死滅してくれませんかねぇ?

 国立公文書館アジア歴史資料センター『「極秘 明治37.8年海戦史 第1部 戦紀 巻2」』
 http://www.jacar.go.jp/DAS/meta/MetaOutServlet
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果