徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
11月12日(火)

ペテン民族の戯言を証拠で潰せ 

11日付けのMSN産経ニュースの記事から

米側資料の慰安婦は「大金稼ぎ欲しいもの買えた」 韓国主張の性奴隷とは異なる風景
2013.11.5 09:20
 根拠なく慰安婦募集の強制性を認めた河野談話が出されて以降、世界で慰安婦イコール性奴隷と流布されているが、現実はどうだったか。過去の米国の資料からは、それとは全く別の慰安婦像が浮かび上がる。

 米国戦争情報局資料「心理戦チーム報告書」(1944年10月1日)は、米軍がビルマ(現ミャンマー)・ミートキーナ(同ミチナ)で捕らえた朝鮮人慰安婦20人らから尋問した内容をまとめている。それによると慰安所における慰安婦の生活の実態は、次のように記されている。

 「食事や生活用品はそれほど切り詰められていたわけではなく、彼女らは金を多く持っていたので、欲しいものを買うことができた。兵士からの贈り物に加えて、衣服、靴、たばこ、化粧品を買うことができた」「ビルマにいる間、彼女らは将兵とともにスポーツを楽しんだりピクニックや娯楽、夕食会に参加した。彼女らは蓄音機を持っており、町に買い物に出ることを許されていた」

 報告書はまた、「慰安婦は客を断る特権を与えられていた」「(日本人兵士が)結婚を申し込むケースが多くあり、現実に結婚に至ったケースもあった」と書いている。雇用契約に関しては、慰安所経営者と慰安婦の配分率は50%ずつだが、平均月収は1500円だった(当時の下士官の月収は15円前後)。

 国連人権委員会に96年、慰安婦を性奴隷と位置づける報告書を提出したクマラスワミ特別報告官と会い、慰安婦問題について説明したことがある現代史家の秦郁彦氏は次のように語る。

 「クマラスワミ氏は、河野談話は『強制連行』とは書いていないが、それを否定していないと解したのだろう。河野談話は日本政府の談話であり、国連などの場で他者を説得するには一番便利だ。また、外国人の感覚では『悪いことをしたから謝るのだろう。やはり強制連行をしたのだ』と受け止めるのも無理はない」

 以前から何度も記している内容ですが、慰安婦って高給取りなんですよね。

 記事には比較対象として下士官が月収15円前後とありますが、これまた何度も記すように一番下っ端の二等兵などは6~7円程度、将軍クラスでさえ数百円の月収であり、総理大臣ですら年収1万円に達しなかった

 そんな時代に月収で1500円ですから、どれだけバカげた高給が支払われていたか分かるでしょう。

 年収にして18000円ですから、日本の政治家トップと比較して倍近いんですよ?

 90年代に日本で郵便貯金の返還訴訟を起こした慰安婦の貯金額は2年半程で26000円以上であり、戦時中のインフレがあるとは言っても、十二分すぎる給料が支払われていたことは間違いありません。

 そして、古今東西拉致した奴隷給料を支払うということ自体有り得ない話です。

 普通、そんなケースであれば一方的に搾取するだけですから、この時点で軍による組織的な強制連行だの性奴隷だのってのが非現実的な与太話だと分かります。

 しかも私物として蓄音機を持っているとか、一般人でさえそうそうない話ですよ?

 当時はまだ蓄音機レベルでも高価なものであり、それなりに金銭的な余裕がなければそんな娯楽品は持っていませんからね。

 おまけに搾取するだけ、暴行を加えて殺したりしていたはずの性奴隷にプレゼントだの求婚だのって、もはやヒトモドキどもの狂言と余りにもかけ離れた現実がアメリカの報告書にもハッキリ現れていますね。

 今後チョウセンヒトモドキが慰安婦がどうの、人権がこうのと喚いたら、その都度モドキが悪口雑言を流布した相手に対してこの報告書と慰安婦達の写真、そしてチョウセンヒトモドキが内戦中にやった慰安婦の扱い方やベトナム戦争での強姦と虐殺の資料を纏めて送付して真実を教えるって活動を害無省にさせればいいのに…

 世界的な日本の信頼度と証拠の数々があれば、悪事ばかり働いて世界中で嫌われているペテン民族の寝言を信じるような人間は、同類の下等なクズども以外誰もいなくなることでしょうよ。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果