徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
11月03日(日)

身内を使った情報歪曲はお手の物ってか? 

1日付けの毎日jpの記事から

みのもんたさん:これっていじめじゃないですか
2013年11月01日 12時44分(最終更新 11月01日 17時05分)
 (前略)◇批判しないと乗り遅れるという時流、怖いよね

 「戦時中、若者に赤紙が届くと万歳をして戦地に送った。死ぬかもしれないのに家族だけじゃなくて町全体で『よかった』と。この動きに逆らうと非国民と言われました」

 話は途中から戦時中に及んだ。「『みのは消えろ』と週刊誌に書いている人は、普段はいい人なんでしょう。だけど今回『書けば売れる』と言われた時は『この野郎』と思ったね。世間は僕を批判しないと時流に乗り遅れるのではないかと思ってしまうのだろう。怖いよね。この状況が続いたら国民全員が鉢巻きをして戦った時代のようになってしまうのではないかな」

 「頭一つ飛び出ている人をたたき、留飲を下げている。昔は故田中角栄元首相。今はみの=悪と決め付けられている」。思わず「第二、第三のみのもんたが出てくる?」と聞いてみた。「次にたたかれる人が出てくるでしょうね。そういう流れができあがってしまっている」。即答した。

 しかし、である。みのさん自身が、政治家や官僚らに厳しいコメントを浴びせ、たたく風潮の下地を作ってきたのではないか。「言いたいことを言ってきたことが結果的に他人をたたくことを許す風潮を生み出したかもしれない。だけどそれにじくじたる思いはありません」と言い切る。

 なぜならと続ける。「僕の役目は江戸時代の瓦版売りのお兄さんのようなもの。配るだけでなく『ニュースの裏にはこんなことがありそうだ』と伝える。番組では社会の出来事におかしいと感じたことは批判します。でも解説はコメンテーターに任せる。僕のコメントが正しいか間違いかの判断は視聴者に委ねてきた。本音でコメントするスタイルはこれからも変えません」(後略)

 凄いですよねぇ、ドラ息子の話にすり替えて被害者ぶる偽善者とか、反吐が出ますよ。

 しかもそれを報じているのが毎日で、内容が「いじめじゃないですか」ですから、もう失笑どころか冷笑です。

 言うまでもないかと思いますが、毎日とTBSは系列会社であり、被害者ぶって身内に擁護してもらうというこの卑怯極まりない構図が、流石はマスゴミという恥知らず集団って感じです。

 今回、このくずもんた自身が出演自粛、そのまま離脱に追い込まれたのは結局のところ自身の不徳、不祥事が積み重なっていて、溜まりに溜まったその負債がドラ息子の逮捕と自身のセクハラという二大スキャンダルで一時に爆発したからに過ぎません。

 赤紙がどうのとか、まぁ言論文化人気取りのクズがお約束に持ち出す戦時中ネタで己を被害者に見立てていますけど、それはむしろお前が会社(TBS)ぐるみでやった不二家への捏造報道の一件じゃないか、と。

 偽の証言者によるデマ、存在自体立証もできない第二の証言者の存在、証拠のメモを次々紛失したと言い訳し、記者会見では毎回嘘を垂れ流し、散々不二家の名を辱めておきながら与えた被害に対して補償も賠償も一切しなかったクズ企業、そしてそれを主導・先導したゴミ虫はお前だろうと。

 あの事件の際、取り上げたくずもんたは正義の味方気取りで不二家に対して「汚物だ」「廃業しろ」と、この上ない罵詈雑言を全国放送のニュース番組で垂れ流しました

 しかし、ディレクターの用意したシナリオをやるだけ、感じたことを言うだけだと、恥ずかしげもなく自分に責任がないと宣言しており、全ての悪事が露見してTBSが謝罪に追い込まれても一向に謝罪をしませんでした。

 結局、事件から3ヶ月経って総務省から厳重注意を受け、更にその2ヶ月後に国会で問題として取り上げられて参考人招致がされ、更に更にその2ヶ月後にBPOによる見解が出された後漸く、くずもんたは謝罪に追い込まれたわけですが、その間7ヶ月にも渡って嘘がバレているのに頬っかむりを決め込み続けていました。

 「頭一つ飛び出ている人をたたき、留飲を下げている」なんて話どころか、一部上場大企業を潰し、1000人以上の従業員を路頭に迷わせようとした悪質極まりない犯罪行為をしたことへの本当の反省なんてまったくしていませんよねぇ?

 当時はあの朝日新聞にさえ「ふざけるな、打ち切りにしろ」とくずもんた名指しで批判する社説が掲載された位の出鱈目で厚顔無恥極まりない報道と対応でしたが、平気な顔でつい先日までやってきたわけですし、その間にも散々暴言を吐き続け、行方不明事件の被害者である両親を犯人であるかのように述べたり、児童の死亡事故では医師の診断と異なる資料を作成してまるで医師が殺したかのように詰って今度はBPOから勧告を受けるなど…

 呆れ返る振る舞いをしてそれでも番組を打ち切りもせず続け、今回だって息子の責任に話を摩り替えて廃業もせずテレビに出続けるって言うのですから、まさに"クズ"もんたと呼ぶのが相応しい。

 最初の方にも書きましたけど、全国放送のニュース番組でやってきたんですよ、こういうことを

 それもギネスに乗る位最もテレビに出演し、芸能人で最高の高額納税者になったこともあるような超が幾つもつく有名人で、中高年の主婦を中心に高い人気を持つこの輩が

 それでいて「僕の役目は江戸時代の瓦版売りのお兄さんのようなもの。配るだけでなく『ニュースの裏にはこんなことがありそうだ』と伝える。番組では社会の出来事におかしいと感じたことは批判します。」ですからね。

 まるでノリは井戸端会議で己の妄想をさも事実であるかのように吹聴するおばちゃんそのものだけど、俺のスタイルだからそれでいいんだって態度を平気で口にできるのが、この道50年近い、元アナウンサーなのですから、コイツが腐りきっているのかはたまた業界そのものが腐りきっているのか…

 責任とか思慮ってものをとうの昔に還暦を過ぎていても未だ持てないなんて、人として終わってますね。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果