徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
10月17日(木)

こんな犯罪的行為をしたのがバレても裁判にさえかけられないのか… 

16日付けのMSN産経ニュースの記事から

韓国に配慮、まず強制ありき 「事実より外交」のツケ重く
2013.10.16 14:15
 河野談話の根拠となった元慰安婦への政府聞き取り調査のずさんさが産経新聞が入手した資料で浮き彫りになった。談話はその後も独り歩きし、国際社会での日本の立場を大きく傷つけ続けている。(阿比留瑠比)

 「当時、日韓関係を考えて、ポイントは(慰安婦募集の)強制性を認めるかの一点だけだった。それを、元慰安婦の聞き取り調査内容を担当官から聞いた心証として認めたわけだ」

 石原信雄元官房副長官は今回、河野談話作成時の宮沢喜一内閣の事情を振り返った。石原氏は平成19年の民主党の会合では、「事実判断ではなく、政治判断だった」と証言しており、当時の政府首脳らのあやふやな「心証」が今も日本の足を引っ張っている。

 この頃、韓国側は元慰安婦の名誉回復に非常にこだわっていた。そのため、日本政府に「強制」を認めるよう強く求めていた。

 「強制性を認めれば、問題は収まるという判断があった」

 石原氏は産経新聞の17年のインタビューで、当時の政府の見通しをこう明かしている。ところが、政府が国内外、関係省庁に公文書館と「八方手を尽くして調べた」(石原氏)にもかかわらず、証拠文書も日本側の証言も見つからない。

 物的証拠を発見できなかった政府は、5年3月23日には、わざわざ「強制」の定義を広げる国会答弁までしている。談話作成に関与した当時の谷野作太郎内閣外政審議室長は、参院予算委員会でこう述べた。

 「単に物理的に強制を加えることのみならず、脅かし、畏怖させて本人の意思に反してある種の行為をさせた場合も含む」

 同じ頃、政府首脳も「精神的苦痛、心理的なものも含めて強制とする」という見解を示した。石原氏は今回、「かなり広げた。宮沢首相や河野洋平官房長官は、日韓関係を将来良くしようと考えたら、彼らの言い分をある程度もう認めざるを得ないという気持ちがあった」と振り返る。

 このようにして、慰安婦募集の強制性を認めた河野談話の下準備を進め、その上で臨んだのが、韓国側の要請と人選による元慰安婦の聞き取り調査だった。

 ただ、実際には調査は元慰安婦一人当たり3時間程度で、通訳や質問者が話す時間を考えると、証言時間は短い駆け足調査だった。そして、この「形式的な調査」(現在の政府関係者)のわずか5日後、河野談話は発表された。

 苦心惨(さん)憺(たん)して韓国のために強制性を認めた結果、日韓関係は逆に悪化した。

 もはや呆れ返るどころの話じゃありませんよね。

 あれだけ日本政府や日本人に悪いことをしたから謝れだの金を払えだのと喚いていた首魁の河野が、論拠のペテンと卑劣な裏工作の数々がバレるや取材拒否で逃げ回るとか…昔からクズだとは思っていましたけど、紅傭兵の渾名が伊達でも酔狂でもなく真実であることを自らの態度で白日の下に晒しましたね。

 笠原十九司みたいなクズ売国奴であれば関係ないとか強弁するところでしょうけど、生年月日が無いどころか氏名や出身地さえ記載がない…こんなデタラメが公文書作成の資料として認められるとか、絶対にあってはならない話ですし、そんないい加減なものを裏付けさえ一切せずに用いるなんてねぇ?

 初めから結論ありきのイカサマでなければ到底通るはずのないことであり、宮沢と河野というゴミ虫コンビが現在世界規模で反日ネタとしてモドキによるデマ吹聴をさせるキッカケを与えたわけですから、銃殺刑ですら生温い大犯罪ですよね、もはやこれって。

 しかも、「反日運動をやっておらず、公正・冷静に自分の過去を語れる人を選んでくれ」などといういい加減な条件掲示をしただけで、後は韓国政府がそれを了承したからと実際に選ばれた自称慰安婦の実態調査を何もしなかったことも、石原元官房副長官が産経への取材で述べています。

 その結果、この聞き取りよりも半年も前に韓国で安秉直ソウル大教授と韓国挺身隊問題対策協議会が2年がかりで行った聞き取り調査により信憑性が無いと、証言集に取り入れられなかった輩や、対日裁判という反日活動をやっていた輩さえもが平気でメンバーに含まれていた、というのです。

 その上に産経の別記事によれば「実際には聞き取り調査報告書を通読しても、軍や官憲による強制連行の証拠とただちに認められる証言はない」と、石原ら当時の作成に携わった者達が主張してきた、証言内容の信憑性や迫真性さえもが冷静に分析すると、強制と認めらないという呆れ返るデマだったと…

 その記事に名前の出てくる、黄とは恐らくあの有名なペテン婆、黄錦周でしょうね。

 日本側には1927年生まれ、ソウル大教授には1922年生まれと証言している矛盾について触れていますが、このペテン婆の凄いところは生年月日どころか、慰安婦になる経緯、場所などすべてが証言する度に全く別のモノに変わり、まるで同姓同名の別人が幾人もいるかのような状況を作っておきながら、自らの存在が慰安婦強制の証拠だと自信満々に述べて大笑いさせてくれるところです。

 例えば日本語がわからないまま将校の下に連れてこられたと述べながら、直後に「天皇陛下の命令だ!軍隊の命令だ!私の命令だ!命令をきかないと殺されるぞ」と将校が述べて自分を強姦したと証言したり、1日に50~60人、休日には70~80人も相手をしただのと人間を遥かに超越した超人ぶりを披瀝して見せていたのに、数年後には多い日で15人と数分の1まで減少した挙句、クリスマスには20人もやってきただのと、敵国の宗教行事に当時の日本人が感化されていたなんて阿呆な主張までしたり

 こんな露骨なペテンが罷り通って官房長官談話という公式のものとなり、歴代政権が踏襲してきたわけですから、自民党政権を中心に、歴代の総理大臣や閣僚、政党が如何にいい加減で無知か、デタラメで恥知らずかよく分かります

 いやはや、その結果が今に至るわけですから、日本が被った被害規模を思えば、一部のバカどもによる安易な発想と行動の代価は余りにも高くつきました。

 これで無罪放免など、到底許せませんよねぇ?

 あんなテロリストの作ったペテン民族の自称国家を信用するって時点で頭がイカレているとしか思えません。

 当時の関係者を本当に裁判にかけて裁けないものですかねぇ…

 MSN産経ニュース『「韓国を信頼し『公正・冷静に語れる人を』と言い韓国は約束した」 石原元官房副長官』
 http://sankei.jp.msn.com/politics/
news/131016/plc13101610180011-n1.htm

 同『「公文書と呼ぶにはお粗末だ」現代史家の秦郁彦氏』
 http://sankei.jp.msn.com/politics/
news/131016/plc13101615020017-n1.htm

 同『河野氏、矛盾点を無視し確認せず』
 http://sankei.jp.msn.com/politics/
news/131016/plc13101616020020-n1.htm
スポンサーサイト
河野洋平と共に慰安婦問題のきっかけを作ったとして評判が悪いですね。
東大卒の大蔵官僚で英語を流暢に話すといったエリートだったようですが、首相にならない方が良かったのでしょうか?
[ 2014/07/07 17:56 ] ミムス [ 編集 ]
首相でなく閣僚を務めていた方がよかったのでしょうか?
[ 2014/07/13 12:43 ] 名無しさん [ 編集 ]
宮沢に限らず、大局的に物事を見れない輩には、人の上に立つ仕事は何をやらせてもダメだと思います。

その場凌ぎで後は後の者が考えればいい…戦後の政治家達がこうやっていい加減で目先の事だけに場当たり的な対応を繰り返してきたツケが外交だけでなく、経済や高齢化、年金や社会保険制度などあらゆる面で出ていることからも明白ではないでしょうか?
[ 2014/07/20 21:42 ] folke [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果