徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
09月20日(金)

誰が本当に差別をしているのか? 

19日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

色覚異常の中高生、半数気づかず進学・就職
 日本眼科医会は19日、2010~11年度に全国の眼科医で先天的な色覚異常と診断された941人に聞き取り調査をしたところ、進学や就職時期を控えた中高生(185人)では約半数が異常に気づかず、中には進路選択に支障が出るケースもあったと発表した。

 小学4年で行われてきた学校の色覚検査が03年度以降、ほとんど行われなくなった影響とみられ、同会は検査の必要性を訴えている。

 調査結果によると、03年度以降に小学4年生になった世代で、進学や就職を控える中高生では45%の85人が異常に気づいていなかった。

 先天性の色覚異常は男性20人に1人、女性は500人に1人に見られる。色を感知する細胞の異常で赤と緑が判別しにくいなどの障害が出る。かつては小学校で検査が行われてきたが、差別につながるなどの理由から、03年度以降、学校保健法上の必須項目から削られて任意実施となった。
(2013年9月19日21時35分 読売新聞)

 なんでもかんでも差別差別って…どうにも言ってる側こそ差別思想に凝り固まっているようにしか毎回見えないのは気のせいなんでしょうかねぇ?

 無論、21世紀になるまでは一般企業の就職どころか大学進学に際してさえ色覚異常を拒絶する不当な差別があったのは事実であり、拒絶していた根拠を見ると実に馬鹿げていたものが往々にしてありました。

 学び舎として最上位にあたる大学でそんなですから、一般人の認識なんていわずもがな、です。

 ですが、現在は大部分が改善されていますし、一般生活を送る上でなんの不都合が無いこともその高い色覚異常者の率が示す通りです。

 例えば、300人程度の学校であればその内約半数が男子として7~8人位が色覚異常者となるわけですが、日常生活において当人でさえ検査を受けねば気付かぬような差異に第三者が気付くことなんて滅多にありませんよね?

 ただし、色の機微について認識できなければならない企業や組織、部署などでは今も所属できないと言う現実は存在しており、学生がそこへの就職・所属を夢見て必死に努力したのに、自身の努力と全く関係のない出自、遺伝子の問題でダメですと言うのは余りにも残酷ですよね?

 私自身、かつてそれが原因で夢を諦めざるを得なかっただけに、手が届く寸前で、しかも自分ではどうにもできない理由でダメになるのが如何に辛いことかよくわかります。

 現在では警察では撤廃され、自衛隊でもパイロットや整備士など一部を除いては職務に支障が無いことが確認されて緩和されているそうですが、それでも今記したように航空機関係や電車の運転士などなれないものは厳然として存在するんですよね。

 だからこそ10年とか必死になって、実現不可能な夢を追いかけるなんてことのないように、また、自身の体について把握しておけるように学校での検査はやるべきだと思います。

 大体人権だの差別だのって喚くなら、その検査の仕方に配慮をすればいいだけだと思いません?

 私には自分について知る機会を奪ってしまうことの方が、遥かに酷い差別であり、侵害だと思えてなりませんがね。

 加えていうのなら、単に一部の色の見え方に他人と多少の差異がある人がたまにいると、身体検査の前後の時間にでも伝えればよいだけのことで、むしろ子供の頃に差別意識を取り除いてしまう方が20年、30年と先の未来を見据えた場合、絶対に有用だと思うのですが?

 差別だ差別だと喚いて忌避感情を前に出し続け、現実逃避の如き真似を繰り返せば、むしろそれは社会に悪影響を及ぼすだけです。

 情報がろくにないまま、アイツはヘンだ、他人と違う、そういう認識だけが前に出ることになるのですから、そっちの方が差別が助長されますよね?

 何ていうか臭い物に蓋的な差別こそ、やめてほしいものです。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果