徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
09月15日(日)

無能が見栄を張って自国生産をした結果 

13日付けの朝鮮日報の記事から

【社説】黄海沖で動けなくなった「アジア最大の揚陸艦」
2013/09/13 11:20
韓国が5000億ウォン(現在のレートで約460億円)を投じて建造し「アジア最大の揚陸艦」と誇ってきた軍艦「独島」。ところが、4基ある発電機が全て故障し、「独島」は西海(黄海)の真ん中で動けなくなったという。4基ある発電機のうち2基は、今年4月、乗組員が貯水タンクのバルブ操作を間違えて発電室が浸水したのが原因で故障した。「独島」は、浸水した発電機2基を修理のために取り外し、運航を続けていたが、今月10日に発電室で火災が発生し、残る2基のうち1基が焼けてしまった。最後の発電機も、消火作業中に海水をかぶり、故障した。「独島」は現在、修理のためえい航されている。

 2007年3月から実戦投入されている独島は、排水量1万4000トン、全幅31メートル、全長199メートルで、ヘリコプター・戦車・上陸用装甲車・エアクッション艇などを積むことができ、韓国海軍機動戦団の旗艦も務めている。韓国海軍の心臓が止まってしまったようなものだ。火災で壊れた発電機2基は、修理に1カ月ほどかかるとみられる。また浸水した2基は、部品を外国から取り寄せなければならず、修理が完了するのは来年4月ごろになるという。韓国海軍の中枢といえる艦艇を正常に復帰させるのに、8カ月もかかるというわけだ。重要な役割を担うはずの艦艇なのに、こんなことでは「国軍の日(10月1日)」に姿を見せるパレード用にすぎず、有事の際に敵前上陸を行う実戦用の艦艇とはいえない。

 北朝鮮は10年11月の延坪島砲撃事件の際、170発もの砲弾を撃ち込んだ。当時韓国軍は、1分間に6発撃てるK9自走砲を延坪島に6門配備していたが、80発しか撃ち返せなかった。6門のうち3門は壊れて使用できず、残る3門も、1度撃ったら砲身が熱くなり、平均で1分30秒に1発ずつしか撃てなかった。対砲レーダーも故障し、K9が撃った80発のうち50発は見当違いの方向に飛んでいった。

 中国は昨年9月、排水量6万7000トンの空母「遼寧」を実戦配備した。1920年代の時点で、既に米国・英国に次ぐ世界第3位の空母機動部隊を太平洋に浮かべていた日本は、有事の際にすぐさま空母に改装できるヘリコプター搭載護衛艦「いずも」(排水量2万7000トン)を先月進水させた。これに対し韓国海軍最新鋭の高速ミサイル艦「韓相国」は、10年の試験評価で、直進できずジグザグに進んでしまうという国民にはとうてい見せられない姿をさらした。これが、韓国海軍の実際の姿だ。

 「独島」の今回の問題は、韓国の防衛産業の現状を示した。現状を隠してはならない。現状にきちんと向き合ってこそ、解決の道も開ける。

 お間抜け南朝鮮軍事兵器シリーズに新たに複数の話題が追記されましたね。

 まずは内海である黄海で発動機が壊れ、ただの浮かぶ的になった海軍の心臓なんて呼称される中枢艦(大爆笑

 発電機が全機止まっているという事は、艦としての機能そのものが完全に麻痺しているという事ですから、まさにミサイルでも爆弾でも魚雷でも好きなものを当てる標的にしてくださいってものです。

 排水量が1万4000tもあると以上は、当然ながらあのお粗末な自称大国にそれを曳航できる規模の軍艦なんて他にありません(乞食国家のため同型艦を建造する予算が未だに捻出できない)ので、タンカーか何かを手配したのでしょうかねぇ?

 何にせよ、戦闘力ゼロで曳航している船も恐らくろくに武装のないものでしょうから、これこそ潜水艇にとって最高の獲物でしょうに、よく北朝鮮が動かないものですよねぇ?

 最も、前線で艦隊旗艦を務めつつ、強襲揚陸艦まですることを想定していながら最大速度僅か23ktという超鈍足では満足に動けても、ただの標的に違いは無いんですが。

 例えば日本のひゅうがは同じ様に全通甲板型で艦隊旗艦として高い指揮能力を持っていますが、他の戦闘艦と連携できるように最大速度は30kt以上ですし、揚陸能力を持った輸送艦のおおすみは最大22ktですが、こちらはあくまでも安全確保が終わった後での輸送を目的にしており、武器は自衛用のCIWSしか積んでいません。

 ま、韓国の場合日本のようにそれぞれ目的に沿って運用できる艦艇を揃えるような予算もなければ、人員もいないから、イージス艦にバカみたいに巡航ミサイルを積み込んで最強だと喚いていたのと同じ論理でただの強襲揚陸艦に艦隊旗艦としての能力まで持たせて無駄にデカくなっただけのことを「アジア最大」なんて言葉で誤魔化し、自尊心を慰めているだけなんですが。

 その結果、戦闘艦としてはひゅうがに遠く及ばず、輸送艦としてのペイロードも遥かに排水量の少ないおおすみにさえ勝てないという実にバ韓国らしい中途半端な欠陥品となったのですし、そもそも消火作業で海水を被って無事な発電機まで壊れましたって、どう考えても配置や作業手順に欠陥があったとしか思えないんですがねぇ…

 また、この独島という艦艇にはレーダー使用時、常に自艦の甲板に反射してゴーストと呼ばれる幻を示すという実に滑稽な欠陥と、後部に配置したゴールキーパーが自艦の甲板を掃射出来るところに配置してしまってあり、ヘタに自動で使うと自爆攻撃をしてしまうというもう、救いようのない欠陥も抱えています。

 そして何より、「浸水した2基は、部品を外国から取り寄せなければならず、修理が完了するのは来年4月ごろになるという」ってところに本当の意味で危機感を抱けていない南朝鮮の無能ぶりが最高に滑稽です。

 これってつまり、実際に戦場で運用中に起きたら、無事帰港できても以後は戦争が集結するまで修理に取り掛かれない可能性が極めて高いってことですよ?

 自国性を謳いながら実際には基幹部品を何ら産み出せないで他国に頼る愚かな劣等種は、軍艦のエンジンなんて軍需物資を輸送するのは戦争支援行為になりますから、場合によっては違法行為として出来ませんし、そうでなくても戦争相手国が海上封鎖や空路の封鎖で妨害するのは当然だとわからないのでしょうか?

 北朝鮮なら潜水艇による無制限雷撃戦や無差別航空攻撃をやるでしょうし、中国やロシア、或いは日本ならそもそも戦力で圧倒しているからもっと簡単に封鎖を敷けますし。

 海軍の心臓なんてのがそんなザマであることの意味を正しく理解できていない時点で、やっぱりチョウセンヒトモドキって終わってますね。

 また、「1分間に6発撃てるK9自走砲」なるものが実際には、戦場で初めて使う際に故障率50%を記録し、残りも「1度撃ったら砲身が熱くなり、平均で1分30秒に1発ずつしか撃てなかった」なんて、欠陥というレベルを超えているじゃありませんか。

 おまけに砲撃用のレーダーまで壊れてまともな弾着さえ望めないとか、張子の虎というのさえおこがましいレベルの軍事力ですね。

 因みにですが、世界最大の主砲と排水量を誇った戦艦大和の46cm砲発射間隔は約40秒と言われており、三倍ものサイズ、それも70年以上前に作られた日本の大砲でさえ倍以上の射撃速度と砲身冷却能力を保有していたわけで、どれだけ韓国製が欠陥品なのか分かるでしょう。

 安いからとこんな欠陥品を買ってしまったトルコは本当に悲惨ですね。

 で、最後に高速ミサイル艦「韓相国」だそうですけど、直進できずジグザグに進んでしまうって、兵器であるかどうか以前の問題であり、よくこんな下等な連中が兵器の生産なんて真似が出来るものです。

 北朝鮮の時代遅れの軍備も酷いものですが、ただの浮かぶ標的に過ぎない艦隊旗艦に騒音を撒き散らし浸水も発生する潜水艦、波浪が怖いイージス艦ときてまっすぐ走れないミサイル艦と全方位に死角のない南朝鮮はそれ以上ですね。

 いやはや、どうやら造船技術レベルが第二次世界大戦当時の各国にさえ著しく劣るようで。

 ま、韓国の場合造船どころかすべての分野においてそう、でしょうけど。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果