徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
09月14日(土)

歴史と絶対に向きわない恥知らずの下等動物達 

13日付けの中央日報の記事から

【噴水台】歴史は和解し発展する…浄化経た新しい友人、韓国とベトナム
2013年09月13日10時18分
 小学生だった1970年代初期、隣に「ベトナムから帰ってきた真っ黒いキム上士」が暮らしていた。ベトコンの手榴弾で視力を失った傷痍勇士の家長だった。その家は、家族みんなで手紙の封筒をつくる仕事をしていたが、いつも貧しかった。こんなふうにベトナムに対する記憶は重いイメージから始まった。

 75年、ベトナム崩壊後、釜山(プサン)に到着して西大新洞(ソデシンドン)の旧釜山女子高に臨時に集まっていたボートピープルは、そこに重圧感まで加えた。当時、中学生として通学していた途中、一部の難民が道路周辺の窓から南ベトナム紙幣を街中に投げる姿が目撃できた。詩人・金光均)キム・グァンギュ)の『秋日抒情』に出てくる「ポーランド亡命政府の紙幣」のように紙切れに変わってしまったお金が、街中に落葉のように舞った姿が鮮やかに目に浮かぶ。それと共にベトナムは、詩人・奇亨度(キ・ヒョンド)が詠んだ「葉の中の黒い葉」のように、何か不安で恐ろしいイメージに変わっていった。

 90年代初め、韓国の定着難民がソウル恵化洞(ヘファドン)にベトナム飲食店を出したといううわさを聞いた。訪ねて行ったところ韓国人が敬遠する香菜をたっぷり使い塩辛の臭いも漂うオリジナルだった。当時はエキゾチックな味に人気がなかったのか店は閑散としていた。その後、米国で味が改良されたベトナムの麺チェーン店が進出してくる中でその店は静かに消えた。こうしてベトナムは悲劇のイメージを増した。

 イメージが変わったのは何年か前、英国ロンドンを訪れて偶然見たホー・チ・ミンのブルー・プラーク(blue plaque)のためだった。ブルー・プラークはその建物に住んでいた歴史的な人物を追憶する青色の看板だ。「英国・ベトナム協会。ホー・チ・ミン。1890~1969。現代ベトナムの創設者。ここにあったカールトンホテルで1913年に仕事をしていた」という表示がロンドンの中心地トラファルガー広場近くのニュージーランドハウスの壁にかかっていた。その建物の1階のスポーツカフェに立ち寄って、入口のそばでこれを発見して驚いた。

 米国の歴史学者エドウィン・キスター・ジュニア(Edwin Kister Jr)の『彼らが世の中を変える前』という本を読んだところ、20代の頃にフランス・米国・英国・ロシアを歩き回ったホー・チ・ミンが一時ここで台所の手伝いの仕事をしていたという。指導者を美化するだけに終わらず、貧しかった頃も伝える英国・ベトナム協会はすごいという気がした。おかげで革命しか知らなかった彼が突然、人間的な姿で近づいてきた。植民地の青年ホー・チ・ミンの苦悩がどんなものだったろうかとも想像できた。当時は韓国も植民地だったではないか。

 朴槿恵(パク・クネ)大統領が9日、ベトナムで国父ホー・チ・ミンの墓地を参拝した。前日には両国の企業家に会ってベトナム語で「以不変応万変(不変に以って万変に応ず)」、すなわち『変わらないものによって、すべての変化に対応する』という彼女の座右の銘に言及したという。ベトナムが非常に近くなった印象だ。歴史の浄化を経て、友人として変化の新しい時代を切り開く両国の姿に、こまやかで深い愛情を感じる。

 チェ・インテク論説委員

 何を言いたいのかさっぱりわからない駄文が延々と続き、最後に自国のバカ大統領を誉めそやす…こんなのでベトナムと友人とかほざけるんですから、やっぱり下等動物って人間には永劫進化できないなと改めて教えてくれますね。

 賠償どころか謝罪すら一切しないままに「歴史の浄化」だそうですよ。

 人様には歴史そのものを捏造した挙句、1000年経っても恨み続けてやると喚き散らし続けて変質的なストーカーぶりを世界規模でやり続けているくせに、自分は誤りもしないで友人だとかほざけるなんて。

 先日なんて朝鮮日報がジブリの風立ちぬに侵略の苦悩だどうの、日本がした戦争について触れてないのがこうのと喚いてだからがっかりだのと如何にもチョウセンヒトモドキらしい変質狂ぶりを発揮していましたし。

 大体バカ女がホー・チ・ミンの墓参りをしたそうですけど、だったらなんで先日称えてたドイツ首相を真似なかたんでしょうかねぇ?

 ベトナム東部の各省を訪れ、虐殺被害者の墓参りをして下等動物の分際で人間様にした悪逆非道を土下座行脚で詫びてこいよと思いません?

 謝罪をしていないだの不十分だの喚いて貰った金さえ貰っていない、自国の法では例外になるから集っていいだのと日本に延々やり続けているクズが謝罪を未だにしないまま、ベトナムと俺たちは友達ニダ~とかやってるんですから、実に気色悪い。

 吐き気をもよおしますが、よくベトナム政府や国民はこのクズどもが擦り寄ってくるのに耐えられるものです

 ベトナム戦争参加兵士を世界平和に貢献した勇士だのと称えたことにベトナムが激怒し、「侵略者は未来志向といった言葉を使いたがり、過去を忘れようとする」と罵られたことを見事に忘れているんですから、本当にこのゴミ民族に生きる価値はないですし、そんなゴミどもに寛容さを示せるベトナムって凄いですね。

 ベトナム戦争において韓国軍による虐殺されたベトナム人は最低でも9000人

 最大の数字では30万人と言われており、必死に捏造しまくっても中国などを加えて20万人という慰安婦騒動が見事に霞む数字だと思いません?

 でも、韓国は謝罪と賠償どころか、今でもベトナム人虐殺を楽しむアトラクションを国内に設置しているし、当時それを指揮したベトナム派遣軍最高司令官の蔡命新がそんな必要はない、戦争では当然のことだと平然と開き直っているのです。

 当然ながら二枚舌のクズ民族チョウセンヒトモドキはこれに批判の声など全く上げないどころか同意をしており、唯一例外なのが、『親日派のための弁明』で有名な金完燮氏です。

 で、マトモなことを韓国で主張するとどうなるかを氏の体験が示してくれます。

 パスポート更新が出来ないから海外に逃げることもできず、それでいて暴漢に襲われて助けてもらえない、脅迫や殺害予告の書き込みがあっても検察が無視をする、意味不明な裁判を起こされた上に法秩序も論理性も無視した判決で莫大な賠償を命じられる、本を書いただけで逮捕されるなどなど…非常に非人道的な振る舞いが当たり前のこととして跋扈しており、下劣な蛮族故の下等さがこれでもかと滲み出ていることが分かりますよね?

 今回の件で、己の罪と一切向き合おうとしないゴミどもが今後何を言おうとも、一切取り合う必要がないことが、改めて明確になったと認識しておきましょう。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果