徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
09月10日(火)

ロクデナシには相応の罪と罰を 

8日付けの朝日新聞デジタルの記事から

釣り人「おれが外来魚を放流」 住民ら、怒りの池干し
2013年9月8日12時37分
 【佐野登】三重県亀山市下庄町の農業用ため池・北山池で7日、市民グループ「水辺づくりの会 鈴鹿川のうお座」と小中学生、地元農家の人たち約30人が、池の水を抜く池干しをし、外来魚を駆除した。ブラックバスを違法放流されたため、2年前に続く再度の池干し。作業中の人たちから「許せない」との声が上がった。

 「男1人がゴムボートから魚を釣っているんですよ。『魚なんかいないよ』と声をかけると、『おれがブラックバスを放流した』と言う。注意すると『ため池は税金を使ってできたんだろう』って言い返す始末。本当に腹がたった」

 今年3月まで北山池水利組合の組合長をしていた宮村忠男さん(77)は今春ごろのやりとりを振り返る。2011年10月に組合と「うお座」で外来魚を駆除し、ときおり見回りに来ていた。以前から釣り人を見かけたため、「また放流されたんじゃないか」と心配していたと顔を曇らせる。

 本当、どこにでもマナーとか良識ってものの欠落したバカはいるんですよねぇ…

 と言うか、一番悪いのはこういう手合いをとっ捕まえられない警察ですよね。

 三重県だって罰則付きの規則があるのに。

 まぁ、特にブラックバスをやっているバサーと呼ばれる釣り人のマナーの悪さは有名ですが、最近のモラル低下は他の魚種を狙っている釣り人も酷い。

 シーバスを狙って禁止されている都内の橋の上からルアーを投げるバカは珍しくないですし、都内でしかも無料(駐車場料金別)のファミリー釣り場である若洲海浜公園の防波堤では黒鯛を狙って禁止されている裏側の堤防によじ登るクズがウヨウヨいるし、繋ぎ目部分にいるカレイを狙って断りもなく竿を投げている傍や間にイキナリ割り込んでくるクズも。

 他にも一人で何本も竿を出して広範囲を塞ぐ輩、人がやっているところに割り込んで場を荒らすモラルハザードとかロクデナシってどこにでも一杯います

 年々魚種を選ばず釣れにくくなってきているのに、常識って概念を持たないそういうゴミみたいな輩が増え続けている原因は、やっぱり警察や海保が違法者の摘発をマトモにやらないから、施設管理者が追放をしないからなんですよね

 何せ悪いことと知ってやるようなクズ人間ですから、咎められなければ図に乗ってドンドン悪化させるのは目に見えており、結果、ルールを守って楽しむ良識的な一般人まで白眼視されるんですよ。

 もっとも、マナーや常識が無いのは釣り人に限ったことじゃありませんが。

 特に酷いのは大学の水上スキーのサークルとか小さい子供を連れた親子とか、兎に角20代前後のガキは最悪ですが、中高年でも自分はランニングが趣味で整備された都心の川辺を走りたいから、邪魔な釣りは禁止しろと喚くキ印とかもいます。

 水辺でなければ出来ない釣り人やゆっくり休んだり風景を眺めて憩いの場として利用している人から見たら、目の前や真後ろを汗ダラダラ流しながら「ふっふ、はっは」言いつつ、土煙や埃を巻き上げドスドス走るランニングも十二分に邪魔な、鬱陶しいものだってのが理解出来ない時点で異常なんですが、いい歳しても馬鹿な奴には自分が他人からどう見られているかは分からないんですよねぇ…特に釣り人にしてみれば、何処でもできるものをわざわざここでやるなって話になりますよ。

 通常海でも川でも釣り場って広大なようである程度ポイントは限られますし、特に海では迷惑にならないよう海水浴場からはかなり離れないとダメになっています。

 しかし、そういうルールとか常識を釣り人が守っていても、最近はそこに平気で踏み込んでくるんですよね…

 水上スキーやジェットバイクで嫌がらせの如く場を荒らして自分達の楽しみだけを得ることに罪悪感も感じない大学生集団とか、もっと怖いのは小学生やそれ以下の子供を連れて平気で竿を投げている釣り場へ泳いでくる子連れのバカ親ですね。

 海釣りなんてそれなりのサイズを釣るために大きくて太い針を使っていることなんて珍しくないし、返しがついているから一度刺されば病院行きなんですよ?

 ルアーなんて直撃すれば大怪我を負う重い物や硬いものなんて珍しくないし、暴れるキロ単位の魚を相手にするから針も太くて丈夫です。

 ライン、つまりは糸にしても最近は透明性が高い上に細くて丈夫なものが当たり前になり、ヘタに絡まれば動けなくなったり首がしまったりして窒息死の可能性だってあるし、そんなのが船やスキーに絡まれば釣り人が引っ張られて海や川へ転落する危険もあります。

 先月私は千葉の南で釣りをしていた時なんて、わざわざ直線距離で見ても300m程も海水浴場から離れている岩場の堤防まで小学生になった位の子供を連れた父親が泳いできて、竿が何本も出ている船道を平気で横切って周りをうろちょろしていましたよ

 呆れるまでの異常な振る舞いに、錘をあるだけイカレきったその頭にぶち込んでやろうかと思いましたね。

 釣り場へ入ってくるだけじゃなく、地元の漁師が使っている船道にまで平気な顔で入ってうろちょろしているんですから、下手をすれば轢かれたり、スクリューに巻き込まれて自分どころか子供がスプラッタなコマセになる危険さえあったのをあの馬鹿な父親は理解していたのでしょうかねぇ…

 最近どこの釣り場に行っても常識の欠落した釣り人や遊びをしている連中を見るものですから、ちょっとイライラして長々書いてしまいましたけど、モラルの低下に対応する方法ってのはやっぱり厳罰が一番なんですよね。

 口で言って分かる程の、人間並みの知能があったらそもそも違法行為や迷惑行為、危険行為なんてやらないんですから、知能が人間未満だって認識で徹底的に摘発して数十万円の罰金刑とか禁固刑とかにして躾てやればいいんですよ。

 話を戻しますが、放流されてその駆除となれば高い費用と多大な手間が掛かるわけですから、イタチごっこなんて状況を繰り返し続けるのは余りに馬鹿げていますよね?

 放流阻止の監視カメラなども手ですが、釣り禁止などの条例を作って釣りに来た犯人に前科を付けるとともに、お尋ね者として近づくだけで監視対象になる位の扱いにでもしてやったらどうでしょう?
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果