徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
09月08日(日)

流石はチョウセンヒトモドキ北の親玉 

5日付けの朝鮮日報の記事から

北の住民苦しめる「金正恩3大重点事業」
2013/09/05 10:49
 政府筋は4日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党第1書記が政権を掌握した後に統治力をアピールするため着手した馬息嶺スキー場・平壌美林乗馬クラブ建設・芝生による緑化の「3大重点事業」が北朝鮮住民を苦しめていることを明らかにした。

 消息筋によると、北朝鮮はこのほど、海外に出ている公館職員や派遣労働者に対し、馬息嶺スキー場建設のため1人当たり300ドル(約3万円)ずつ送金するよう強制的に割り当て、通知したとのことだ。また、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)にも募金の指示があり、北朝鮮住民にはスキー場の建設現場で働く兵士たちのために慰問品を送るよう促している。消息筋は「北朝鮮住民の間では『馬息嶺ではなく嘆息(ため息)嶺』と言われている」と語った。

 北朝鮮では金第1書記が「乗馬は腰の運動にいい」と言って建設を指示した平壌美林乗馬クラブにも膨大な労働力や建材を投入している。また、北朝鮮では最近、党幹部を海外に派遣して数億ウォン(1億ウォン=約910万円)の競走馬導入契約を結んだと伝えられた。消息筋は「北朝鮮住民の間では『食べ物がなくて飢え死にしそうなのに、腰の運動の心配なんてしている訳がない』『金正恩は社会主義文明国ごっこに予算を費やしている』という言葉も飛び交っている」と話している。

 金第1書記は昨年、「ヨーロッパ諸国の芝生を見るとうらやましくなる。地面がむき出しになっている国土全体を緑化せよ」と芝張りによる全国緑化事業を指示した。北朝鮮はその後、国で「芝生研究所」を設立、海外公館では芝生の種を送る運動を始めた。北朝鮮住民に対しては「学校や家庭菜園用の空き地に芝生を植えよ」と促した。韓国政府消息筋は「金第1書記の重点事業はほとんど財源がない状況にもかかわらず『何が何でも期限内に完成させよ』と強要しており、その負担は北朝鮮の全住民に降りかかってしまう。このため北朝鮮内では不満が高まっている」と言った。

黄大振(ファン・デジン)記者

 いやー、この記事本当なら凄まじいですよね?

 既に多年に渡る経済制裁や援助の停止、更にはそれを無視して続ける軍拡で国内経済はガッタガタになっているでしょうに、それを一切無視して無駄遣いをしたいから金を送れと在外朝鮮人に要求していますって…

 親父の禿山に玉蜀黍を植えさせたバカ話にも呆れ返らされたものでしたが、少なくともソレは人民の食糧事情を改善させようとして行った施策でしたが、今度の阿呆は自分の健康のためだの、他人の家の芝生が綺麗だから羨ましいだの、そんな愚にもつかない理由で無駄遣いに勤しんでいるとは、呆れを通り越して侮蔑しか抱けませんね。

 ま、所詮チョウセンヒトモドキですから、強欲で利己的なのは当然っちゃ当然ですが。

 それにしても芝生なんて植えるだけでなく維持費だって馬鹿にならないものに手を出し、将来どうするのかってビジョンは絶対にないですよね?

 飢えて軍隊が略奪だの、大量の餓死者が出るだの、子どもを殺して食料にするだの、そんな話が当たり前に出回る状況でスキー場や乗馬クラブ、芝生だとはしゃげる支配者とか、無能って言葉すら生温いですし、そんなバカが将来展望なんて持っているとは微塵も思えません。

 と言うか、見た目を装う事に専心して内実はボロボロ、結果として何れ崩壊に至るって、余りにも虚栄心ばかり強く中身が空っぽな低劣民族チョウセンヒトモドキらし過ぎて失笑してしまいますね。

 まぁ、まだ嘆息嶺などと言っている余裕があるようですから、もっともっと締め付けて崩壊させ、その余波を南のバカどもにも浴びせて共倒れに繋げてやりたいものです。

 もっともこの様子なら放っておいても崩壊そのものはそう遠くない内に実現しそうですが。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果