徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
08月29日(木)

己のバカっぷりさえ気付けぬまま威張る、間抜けなバカヒ 

28日付けの朝日新聞デジタルの記事から

全国学力調査-ランキングから卒業を
2013年 8月 28 日(水)付
 そろそろ順位に一喜一憂するのは卒業したい。6回目になる全国学力調査の結果をみて、そういう思いを深くする。

 毎度ランキングが注目を集めるが、実は都道府県の成績に大差はない。ほとんどが平均点前後の狭い範囲に集中している。小学校も中学校も、国語も算数・数学もそれは変わらない。しかも差は年々縮まっている。

 わずかな差しかないのなら、細かな順位の違いそのものにこだわることもない。いつも成績のよい県や、ぐんと伸びた県の教え方を学んで手本にする。そちらに力を注ぎたい。

 今は都道府県別の成績公表にとどまっている。これを市町村ごとや学校ごとの公表にまで広げるべきか。文部科学省は首長や保護者らにアンケートを配って検討することにした。

 これまでは序列化を心配して渋ってきた。しかし、「税金を使う以上、市民には成果を知る権利がある」といった首長や保護者の声に押された。通う小中学校を選べる制度のある地域では、「学校選びの参考になる」という声もある。過去の国の調査では、学校ごとの公表に賛成する保護者が多かった。

 しかし、ここは慎重に考えよう。成績が市町村や学校の努力を反映しているとは限らない。

 お茶の水女子大が08年度に国の委託で行った調査では、年収の高い家庭の子どもは学力調査の成績がよく、進学塾に通う子はそうでない子より成績がよい傾向がくっきり出た。

 県から市、さらに学区と単位を細かく区切るほど、豊かな家庭の集まる地域かどうかの影響は色濃く出る。

 ある学校の成績がいいから教え方がいいのかと思いきや、塾に通う子が多いだけだった。そういうことは大いにありうる。逆に、順位は低くても年々上向いているなら、学校の教え方がうまい可能性が高い。

 各校の単年度の成績を見てもそういうことはわからない。少なくとも何年か変化を追って成績の伸び具合を示すくらいの工夫をしないと、学校の努力ぶりは見えてこないだろう。

 自治体独自の学力調査で学校別の成績を公表した例はある。

 あの地域は学力が低い、とネットに書き込まれる。成績を気にして、試験中に先生が生徒に間違いを示唆する。実施した自治体ではそんなことも起きた。

 子どもたちの苦手を知り、わかる教え方を工夫するためのテストだ。過去の自分たちと比べてどれだけ伸びたか。ほかの地域や学校との比較より、そこにこだわったほうがいい。

 小学校も中学校も変わらないだの、差が縮まっているだの喚いていますけど、それってつまり他ならぬバカヒが一番ランキング付けをして騒いでいるバカだって話ですよね?

 しかも、意図的にあの日本最低最悪の成績を毎回ぶっちぎりで取り続ける県のことを無視して記事を書いていますし。

 そう、大阪さえも凌ぐ反日ブサヨ狂士の活動拠点にしてバカ養成地域、沖縄です。

 未成年の非行・飲酒など当たり前の茶飯事、成人式といえば必ず数十年遅れのファッションで暴れるバカがでて、幼いうちから反日活動に勤しんでばかりいるからちっとも学力が備わらないし、教える側もそんな育ちのバカばかりだから改善の余地さえない、あの沖縄です。

 今回も小中ともに全結果でぶっちぎりの最下位を余裕でマークしており、トップとの平均正答率の差が10%を超えているケースも普通にある。

 例えば小学生は国語A,Bと算数A,Bの4科目なのですが、算数A以外はトップの秋田と比較すると13%前後も正答率に差が出ています

 中学になると数学の差は一層酷くなり、数学Aで16%以上、数学Bに至っては20%弱もの差となっています。

 因みにその数学Bはワースト2のブービー賞である高知と比較してさえ5%以上も差が離れている始末です。

 ぬるま湯を脱した結果、各地が切磋琢磨し合うようになり学力が向上し、平均化が進んだのは普通喜ばしいことですが、朝日はそうではないんですよね。

 何せ、散々支援してきた反日活動家の聖地がだけは何時までも目も当てられない散々たる有様なんですから。

 そりゃあ反日・反米活動なんぞ辞めて真面目に仕事をしろと言われるようになってはたまりませんから、無理やりにでも言い訳をこじつけて妨害活動に勤しむってものでしょう。

 ですが、このテストとそれに付随するアンケートで学力の進展具合や方向性、問題点などがハッキリ浮かび上がっており、今後の教育方針に影響を与えていますし、その成果が上がっていることも今回の結果、発表されています。

 ま、そういうプラス面を絶対に報じず、ネガティブキャンペーンに徹するのが卑劣で姑息な朝日の日常ですものね?

 それにしても朝日の言い訳は滑稽ですよね。

 塾に通う子供とは、つまりそれだけ親が教育に熱心だということですし、生活に余裕があるということでもあるんですから、金持ちとなるのは当然だし、学習時間が他者より多くなるのだから成績だって当然よくなる。

 塾ならば金を払って貰う以上、資料も教師も相応のものを揃えますしねぇ?

 でも、それだけで判別がつくなら、東京の高級住宅街の学校とかって総じて成績が良くないとおかしいって話になりますし、それにそういう金があって教育に熱心な親ならむしろ私立へ進ませるから公立で見れば大勢に影響は殆ど出ないと思いません?

 もっとも、塾の影響云々なんてのは一緒に行うアンケートで聞いてみれば参考になるデータが集まるので、判断材料にするにはちょっとした工夫で簡単にできるんですがね。

 「試験中に先生が生徒に間違いを示唆する」事件については、その教師が愚劣なだけって話です。

 数多いる教師の中でたった一匹下等なのがいたことをもって大騒ぎするなど呆れる話ですし、むしろ、安易な気持ちで不正を行って数字を操作するようなバカが炙りだせたことをよかったと喜ぶべきです。

 ただやたらと詰め込むだけの授業、そして反動から中身のない薄っぺらな授業と、若者の育成に多大な失敗を繰り返してきた反省を込め、定期的な実態調査とその結果データを基にした教育方針の改善は評価されて然るべきものであり、姑息な政治的思惑からだけで妨害工作を行う朝日の振る舞いは言語道断です。

 まして既にやっているのを無視して「子どもたちの苦手を知り、わかる教え方を工夫するためのテストだ。過去の自分たちと比べてどれだけ伸びたか。ほかの地域や学校との比較より、そこにこだわったほうがいい。」などと偉そうに訓示をたれるに至っては分際を弁えろよ下郎がと、その軽石で出来たスカスカな頭を蹴り飛ばしてやりたくなりますね。

 毎日jp『全国学力テスト:結果 「過去の弱点」改善せず』
 http://mainichi.jp/feature/
news/20130828ddm010100008000c.html
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果