徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
08月09日(金)

慰安婦と慰安所運営の真実を記す朝鮮人の日記発見 

7日付けの毎日jpの記事から

慰安所:朝鮮人男性従業員の日記発見 ビルマなどでつづる
2013年08月07日 07時00分(最終更新 08月07日 15時56分)
 【ソウル澤田克己、大貫智子】第二次世界大戦中にビルマ(現ミャンマー)とシンガポールの慰安所で働き、その様子をつづった朝鮮人男性の日記が、韓国で見つかった。男性は、1942年に釜山港を出発した「第4次慰安団」に参加し、44年末に朝鮮へ戻った。慰安所従業員の日記の発見は、日韓で初めて。旧日本軍による従軍慰安婦問題では、数十年たってからの証言が多いが、現場にいた第三者による記録は、冷静な議論をする上で貴重な資料と言える。

 朝鮮近代経済史が専門で、慰安婦問題にも詳しい安秉直(アンビョンジク)ソウル大名誉教授が見つけた。約10年前にソウル近郊の博物館が古書店で日記などの資料を入手。これを安名誉教授が最近精査し分かった。堀和生京大教授と木村幹神戸大教授が、日本語訳の作成を進めている。

 日記は、朝鮮半島南東部・慶尚南道(キョンサンナムド)出身の男性が、ビルマとシンガポールの慰安所で働いた43、44年に記した。漢字やカタカナ、ハングルで書かれている。

 男性は05年生まれで79年に死去。22年から57年までの日記が残る。ただ、朝鮮で慰安婦募集に携わった可能性のある42年を含む8年分は、見つからなかった。

 男性は、43年7月10日に「昨年の今日、釜山埠頭(ふとう)で乗船し、南方行きの第一歩を踏み出した」と記述。44年4月6日には「一昨年に慰安隊が釜山から出発した時、第4次慰安団の団長として来た津村氏が(市場で)働いていた」と書いた。

 ビルマで捕らえた慰安所経営者を米軍人が尋問し45年11月に作成した調査報告書には、42年7月10日に慰安婦703人と業者約90人が釜山港を出港したとの記録がある。釜山出港の日付が一致し、日記の正確性を裏付ける。

 安名誉教授は「米軍の記録が第4次慰安団を指すのは確実だ。慰安団の存在は、組織的な戦時動員の一環として慰安婦が集められたことを示している」と指摘する。ただ、安名誉教授は、韓国で一般的な「軍や警察による強制連行があった」という意見に対しては、「朝鮮では募集を業者が行い、軍が強制連行する必要は基本的になかったはずだ」との見方を示した。

 また、日記には「航空隊所属の慰安所2カ所が兵站(へいたん)管理に委譲された」(43年7月19日)、「夫婦生活をするために(慰安所を)出た春代、弘子は、兵站の命令で再び慰安婦として金泉館に戻ることになったという」(同29日)などと、慰安所や慰安婦と軍の関係が記されている。

 一方、「鉄道部隊で映画(上映)があるといって、慰安婦たちが見物に行ってきた」(43年8月13日)、「慰安婦に頼まれた送金600円を本人の貯金から引き出して、中央郵便局から送った」(44年10月27日)など、日常生活の一端がうかがえる内容もあった。

 ◇従軍慰安婦問題

 第二次大戦中に日本が支配した植民地や占領地などから女性が慰安所に集められ、日本の将兵から性的被害を受けたとされる問題。1990年に韓国の女性団体が日韓両国に真相解明や謝罪、補償を求めたのをきっかけに社会問題化した。日本政府は93年8月、慰安所設置や慰安婦移送に旧日本軍が直接、間接に関与したことを認め、「軍の関与の下に女性の名誉と尊厳を傷つけた」と謝罪する「河野談話」を発表した。ただ、女性の連行段階での軍の関わりについては、第1次安倍内閣当時の07年、「政府が発見した資料には、軍や官憲によるいわゆる強制連行を直接示す記述は見当たらなかった」という答弁書が閣議決定された。

 一部欠損があるようですが、それでも重要な一次資料ですからね。

 早く翻訳を終えて本格的に公開して欲しいものです。

 米軍による調査資料と照らし合わせて日記の正確性は既に保証されているという状況も素晴らしい。

 とは言え、既に記事に掲載されている部分だけでもチョウセンヒトモドキの嘘を暴くのには十二分ですが。

 「夫婦生活をするために(慰安所を)出た春代、弘子」どう見ても日本人名な女性慰安婦達の登場に、慰安婦が普通に現地で結婚できたこと、慰安所をでることができていたことなどから、拉致されて性奴隷として残虐行為を受け続けたと言うバカげた幻想とは正反対の扱いであったことが分かります。

 しかも映画上映をみんなで見物に行けるわ、送金依頼が出来て一度に600円もの大金を送れるわと、どれもチョウセンヒトモドキの自称慰安婦どもが語る寝言とは別次元の現実が現場ではあったことが、他ならぬ朝鮮人自身の日記で証明されたわけです。

 著者が79年死去という事は朝日による慰安婦問題捏造事件より10年以上も前ですから影響を受けておらず、まさに著者が実体験した慰安婦と慰安所運営の真実がありのままに記されているわけです。

 尚、これまでに何度か記していますが、二等兵の月給が6.5円であり、600円と言えど大変な大金だと分かるでしょう。

 しかも慰安婦になるだけで300円も貰えると新聞広告が掲載されていたわけですから、一々拉致などしなくても幾らでも自発的に集まったわけです。

 それこそ今発展途上国の人間が日本で数年働いて帰国し、稼いだ金で祖国に立派な家を建てるのと同じで、簡単に金を稼げる手段に過ぎなかった。

 おまけに当時は売春など極々日常の中にある商売だったのですから、それをしたからどうだ、利用したらこうだなんてチープな発想はそもそも誰にもない。

 「朝鮮では募集を業者が行い」との言葉が出てくるのだって、そういう背景を考えれば極自然な流れだとわかるでしょう。

 しっかしまぁ、マトモに証拠を調べて日本を潰してやろうとか最近のチョウセンヒトモドキは考えているみたいですけど、本当のことを調べて証拠が出てくるということが、今回のように自分達の捏造史を暴くことになるって理解出来ないのが凄まじいまでの間抜けですよね。

 自分達に都合よく捏造した歴史を自分達自身が本当のことだと思い込む…自分で自分を洗脳して事実関係を理解できなくなっているとか、流石は出来損ないの猿どもですよねぇ…
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果