徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
08月08日(木)

新型護衛艦進水 

6日付けのNHKニュースの記事から

海自最大の護衛艦「いずも」進水
8月6日 17時32分
全長およそ250メートルと、海上自衛隊で最大となる護衛艦の進水式が、横浜市で行われました。

 多くのヘリコプターを運用できる空母のような形が特徴で、来年度末に部隊に配備される予定です。

 6日に進水したのは、海上自衛隊のヘリコプター搭載型の護衛艦「いずも」で、およそ1200億円をかけて建造が進められています。

 6日、建造に当たっている横浜市の造船会社で、防衛省や海上自衛隊の関係者らが出席して進水式が行われました。

 「いずも」は全長およそ250メートル、基準排水量およそ19500トンと、海上自衛隊で最も大きく、最大で14機のヘリコプターを搭載できます。

 艦橋を甲板の片側に寄せた空母のような形が特徴で、同時に5機のヘリコプターが発着でき、海上自衛隊では周辺海域のさまざまな事態に対応する能力が向上できるとしています。

 防衛省はこの護衛艦について、「戦闘機の発着は想定していない」として、専守防衛の立場から政府見解で保有が許されないとされている「攻撃型空母」には当たらないと説明しています。

 防衛省では同じ型の護衛艦をもう1隻建造する予定で、「いずも」は今後、装備などを取り付けたあと、来年度末に部隊に配備される予定です。

 なーんか今回は、南朝鮮の蛮族どもだけでなく、中国の阿呆どもも喚いているようですね。

 まぁ、スクラップ予定の中古品を嘘をついて手に入れ、今年漸く就航させたってのに、日本が低コスト高性能の全通甲板を持つ大型艦を1から造ったなんて話を聞かされたら、劣る者として妬みの一つも言いたくなるってものでしょうかね?

 ただまぁ、F-35を搭載できるから空母だのってのには呆れます。

 射出用のカタパルトもなければ、着艦制動索(ワイヤー)もない「いずも」では空母搭載型のF-35Cは使えません

 まして、エンジン噴射用の装甲を施してもいないのですから、F-35Bも無理です。

 ま、それ以前に民主党のバカどもが選んだ日本の次期購入戦闘機はF-35Aな上に空自配備ですから、どっちにしたって「いずも」で使うなんて無理な話なんですが。

 でも、確かにサイズや形からしたら空母って言いたくなりはしますよね。

 何せ250mで19500tの基準排水量という事は、旧海軍の蒼龍・飛龍よりも一回り大きいってことですから。

 真珠湾からミッドウェーで沈むまで八面六臂の活躍をした両艦よりも大きいのが2隻です。

 それだけに、反日を国是とし、侵略浴に塗れた中韓にしてみれば恐怖以外の何物でもないのでしょう。

 ところで気になるのがお値段ですよね。

 規模や能力からして艦隊旗艦になると思うんですが、イージス艦とほぼ同額って凄くないですか?

 何せあたごでさえ165mに基準排水量7700tですから、85mも長く、排水量に至っては2.5倍以上なのに、お値段ほぼ一緒なんですよ?

 ライセンス料が相当お高いんですかねぇ、イージス艦って。

 何れにせよ、艦隊の防御能力向上に大きく貢献する(いずも自体が対空・対潜能力に特化している上に、対潜ヘリ多数の投入で潜水艦の活動を大きく抑止できる)ことは間違いありませんし、全通甲板型の護衛艦が災害時の救助活動に大変有用であることもこれまでで大きく分かっているだけに、今後の活躍に期待が持てますね
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果