徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
08月02日(金)

世界から全く相手にされないバカザル達 

1日付けの中央日報の記事から

<サッカー>大韓体育会・大韓蹴協の「旭日旗ジレンマ」 現実は厳しく
2013年08月01日09時30分
 大韓民国の国民なら、国際競技が行われる競技場で旭日旗が堂々とはためくのを見ると怒りがこみ上げてくるはずだ。しかし現実は冷静だ。国際社会では旭日旗に対して「何が問題なのか」という雰囲気だ。

 ◆KOC、KFAの「旭日旗ジレンマ」

 大韓サッカー協会(KFA)は日本の旭日旗応援問題に関し、上級団体の大韓体育会(KOC)に公式抗議するよう要請したことがある。

 昨年のロンドンオリンピック(五輪)直後、朴種佑(パク・ジョンウ)の「独島(ドクト、日本名・竹島)パフォーマンス」が問題になると、一部の国会議員は大韓体育会が国際オリンピック委員会(IOC)に旭日旗問題を公式抗議することを要求した。

 当時IOCに韓国側の立場を伝えたパク・インギュ大韓体育会国際交流チーム長は「旭日旗について問題があるということを伝えたが、IOCの関係者は初耳だという反応だった」と伝えた。

 過去に日本の侵略を受けた国と協調するのも容易でない。パク・インギュ・チーム長は「行動を一緒にするため、周辺アジア国家の体育団体と接触したが、すべて消極的だった。中国も問題点は共有したが、『体育界ではなく国家対国家の問題で解決すること』といって手を引いた。東南アジア諸国は旭日旗が持つ意味も全く知らなかった」と説明した。

 IOCは政治的な問題に直接介入するのを避ける雰囲気だ。にもかかわらず、ナチスと関係がある行動や物が非難を受ける理由は別にある。ドイツが国内法でも徹底的にナチスと関連した行為を規制し、国際社会もナチスの痕跡を問題視しているからだ。

 ◆日本の厚かましい態度が問題

 ドイツがナチスの痕跡を消そうと必死に努力している一方、日本は過去の歴史に厚かましい態度で一貫している。こうした点が、旭日旗に対する国際社会の認識を変えるのに大きな障害となっている。

 旭日旗の場合、現在、日本の海上自衛隊旗として使われている。このため国際社会では「もう一つの国旗」程度と認識されている。ナチスのハーケンクロイツ旗のように「戦犯旗」と認められない雰囲気だ。ロンドン五輪の日本女子柔道代表チームが着た旭日旗模様の衣装に対しても、韓国だけが異議を提起しただけで、国際社会では誰も注目しなかった。

 政治的な応援に対する規定はあいまいだ。国際サッカー連盟(FIFA)の規定を見ても「応援時の政治的主張または侮辱的内容が含まれれば懲戒を受けることがある」と明示されているだけで、具体的な禁止事項には触れていないため、解釈によって変わる。旭日旗に問題があるという国際的な共感を得られなければ、韓国がいくら日本の応援を非難しても効果がない。

 大韓体育会と大韓サッカー協会側は「スポーツ団体として国際社会に旭日旗に対する問題意識を提起するのには限界がある」と話す。現実的に韓国の政治家が外交的に先に解決すべき問題ということだ。

 先日も記した通り、旭日旗を貶すという下等動物特有の行動は世界の何処の国にも受け入れられていません

 バカザル達が期待した東南アジアはそんなこと知るかと歯牙にもかけず、中国でさえスポーツの場で喚くことじゃねーだろと、追っ払う。

 ま、それもそのはずで、元を糾せば韓国だって数年前まで旭日旗がスポーツ界の何処で翻っていようが気にも留めていなかったんですから。

 2011年にチョウセンヒトモドキの選手がサルらしくウキッキと正体を晒した際に、その言い訳として旭日旗がスタンドにあったことを持ち出したのが最初と言われており、だからこそFIFAだろうが何処のスポーツ界だろうがモドキの戯言を相手にしない。

 無理矢理にナチスのハーケンクロイツとこじつけ様としたところで、それが全くの別物であること、更には戦後の日本が単に平和な国というだけでなく、世界各国の発展と平和に寄与してきたことなどに加え、現在軍艦旗として使用している海上自衛隊も掃海や物資輸送、海賊対策など世界平和に大きく貢献しているのですから、頭のイカレきったバカザル民族チョウセンヒトモドキの主張など相手にされないのは当然です。

 もっとも、普通の感覚を有した人間であれば、戦勝国にも同じ併合で日本国の一部だった台湾や自国同様に武力侵略された(と韓国が勝手に思っている)東南アジア各国、更には反日で連携してきた中国までもと、誰にも相手にしてもらえない時点で自分達の主張が如何に正当性を欠いたものであるか、続けることが自分達に不利益しかもたらさないことであるかを理解して引っ込めるのですが、所詮人間未満の欠陥品ですから止まるなんてことはできやしないのでしょう。

 ホーント、何処まで行っても愚かな下等動物ですね。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果