徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
07月18日(木)

この時期でも反自民の差別思想を掲げる朝日 

18日付けの朝日新聞デジタルの記事から

普天間問題-「2つの公約」の不誠実
2013年 7月 18 日(木)付
 同じ政党が異なる選挙公約を掲げたら、有権者はいったい何を信じればいいのか。

 参院沖縄選挙区で、そんな異常な事態が起きている。

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、日米両政府は県内の名護市辺野古への移設で合意している。

 この合意に沿って、自民党本部は公約に「辺野古移設推進」を明記した。

 一方、党沖縄県連は「県外移設」を主張。党本部は県連のビラを地域版公約と認めなかったが、事実上、二つの公約が併存してきた。こんなことがなぜまかり通ったのか。

 大半の沖縄県民は辺野古への移設に反対しており、県外移設を求めている。そんななか、自民党候補が「辺野古容認」を訴えれば選挙戦に不利に響く。そのため、県連が「県外移設」を主張することを党本部は黙認した--。

 有権者をあまりにもバカにしていないか。

 それだけではない。

 安倍政権は今年3月、仲井真弘多(ひろかず)知事に辺野古沿岸の埋め立てを申請した。政権にとって辺野古への移設は、いわば既定路線なのだ。

 ところが、一昨日、沖縄入りした安倍首相は「普天間の一日も早い移設を実現していきたい」と強調したものの、「辺野古」の名前はあげなかった。

 県連への配慮だけではあるまい。仲井真知事は、早ければ年内に辺野古埋め立てを承認するかどうかを判断する。それを前に、県民感情を逆なでするような言動は避けようという考えもあったのだろう。

 これでは、二重の意味で「争点隠し」と批判されても仕方がない。

 首相はこれまで、国会答弁などで「沖縄の方々の声に耳を傾け、信頼関係を構築しながら移設を進めたい」と語ってきた。

 であれば、政権の方針を正面から訴える。その結果、県民が受け入れないというなら、別の打開策を考える。それこそが誠実な態度ではないのか。

 参院選は、県民の声を聞くまたとない機会のはずだ。そこで争点を隠したり、ぼやかしたりしたら、みずから耳をふさぐに等しい。

 普天間問題に加え、米軍の垂直離着陸機オスプレイの強行配備や、4月の主権回復の日の式典開催が続き、政権への県民の不信は増している。

 地元の理解なく基地の円滑な運用は望めない。選挙結果にかかわらず、辺野古移設に突き進む愚は避けねばならない。

 正直、沖縄県民が今回どういう選択をするかなんてどうでもいいんですよね。

 ルーピーの出来る可能性などゼロの戯言にまんまと乗せられて、民主と社民で議席を埋めるような阿呆な真似をしておきながら、裏切られただの騙されただの騒ぐレベルの知能しかないのが悪いんですし

 しかもこの後に及んでも県外移設だの即撤去だのとお国の事情どころか、日本だけでなくアメリカという相手まで絡んでの物事であることさえ理解できず、ただ喚くだけのオツムしかない連中に投票資格を与えていることそのものが間違いでしかないんですから、そんな連中に未来を見据えた判断なんぞ絶対にできるわけがありませんもの。

 それが自民の三文芝居だろうが、民主や社民、共産らのペテンだろうが正直自分達の馬鹿さが招いた現状、招いた選択肢なんだから、好きな選択をすればいいだろうと。

 ただし、認められないのは朝日のあいも変わらぬ差別主義です。

 この日は上記沖縄の件以外に福島の話も社説が上がっているのですが、呆れ果てることにどちらも自民党だけを狙って罵倒しているってことです。

 先程記したようにそもそも沖縄で既定路線となっていた辺野古移設を白紙に戻してこじらせたのはルーピー率いる民主党とそれを信じた愚鈍な沖縄の有権者たちでしたが、それに対する批判はご覧の通りただの一行もありませんし、今回民主を始めとした野党が移設問題でやっているいい加減な態度、主張に対しては一切触れていませんよね?

 特に民主なんてまた、漫画をマニフェストに使ってアピールと自民バッシングをやっており、前回それで大嘘をついたことにたいする反省なんて微塵もしていないのに、また民主による日本破壊を再開させたい朝日はそういう不都合な事実は一切知らせないようにしています。

 本当に酷い内容で呆れますよ?

 麻生政権までの成果を享受しただけのものを全て己の手柄気取りで漫画でアピールし、反面バラマキで大幅に増えた借金に対する反省は一切ないし、それどころか財政改善のために自民が引き締めをやるのを全て悪だと罵倒している始末ですから。

 中には自殺者が減ったとか嬉々として書いてあるところまであるんですが、実は2011年には震災で大勢の人が亡くなっているにも関わらず、民主によるいい加減な対策で自殺者がピークを超えたはずの5月頃に自殺者が激増しており、しかもバラマキ政策の恩恵があった地方とは逆に、大都市圏での自殺者は増加傾向にあったのですが、当然ながら不都合な事実を朝日同様に民主は隠蔽して、命を大事にする政党などとほざいているのです。

 半額しか支給せず、それまでよりも貰える額が減る家庭まで出た上に廃止へと至った子ども手当や、将来大きな財源負担となって跳ね返ってくることが確実な高校無償化というまさに金持ちほど得するバラマキも自分で大絶賛している始末で、まさにクズフェスト・詐欺フェストの名が未だに継続していると教えてくれます。

 でも、そういう事へは絶対に触れない朝日。

 辺野古移設を進めるのを愚だなどとほざきながら、じゃあ何処にどうやって移設するのかということについて他に実現可能な手段を掲示している政党がないことを批判しないし、自分達もまたそのような提言は絶対にしないで批判だけする朝日。

 まさに差別主義の権化であり、言論テロリストならではの遣り口ですね。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果