徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
07月15日(月)

他者を理解する知能が無いケダモノ故の失敗 

12日付けの朝鮮日報の記事から

「朴正煕元大統領は『生まれてくるべきでなかった』」

野党幹部が語る
2013/07/12 12:17

野党・民主党の洪翼杓(ホン・イクピョ)院内スポークスマンが11日、故・朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領について「生まれてくるべきでなかった人」という意味の「鬼胎」と表現し、物議を醸している。大統領府と与党セヌリ党はこの発言が明らかになるや、直ちに「国民に対する冒涜(ぼうとく)だ」として、民主党を非難した。

■民主党院内スポークスマンが朴正煕元大統領を非難

 洪氏はこの日午前、党の政策会議が終わった後の記者会見で『岸信介と朴正煕』という本を引用し「あの本には『鬼胎』という表現がある。生まれてくるべきでない人が生まれたという意味だ。当時、日本帝国主義が建国した満州国というかいらい国家に、鬼胎の朴正煕と岸信介がいた」と述べた。日本の安倍晋三首相の母方の祖父に当たる岸信介氏は、A級戦犯とされた人物で、後に首相を務め、朴正煕元大統領と親しい関係にあった。洪氏はさらに「皮肉なことに、鬼胎の子孫である朴槿恵(パク・クンヘ)大統領と安倍首相が韓国と日本の最高指導者となっている」と語った。百科事典などによると「鬼胎」とは本来「幽霊から生まれた子ども」を意味し、これに例えて、心の中にひそかに恐れを抱くことを「鬼胎を抱く」という。

 洪氏は朴大統領と安倍首相の行動が似ているとして「歴史の真実を否定し、未来に向かって歩もうとせず、古い時代に逆戻りしようとしている。安倍首相は露骨に日本の軍国主義の復活を叫び、朴大統領も最近の行動を見ると、維新共和国(維新体制=朴正煕政権時代後半の独裁体制)の復活を夢見ていると思える」と語った。

■大統領府・セヌリ党のスポークスマンと対立

 洪氏の発言が伝わるや、大統領府やセヌリ党のスポークスマンたちが一斉に反発し、民主党を非難した。大統領府の李貞鉉(イ・ジョンヒョン)広報担当首席秘書官は、大統領府の記者室に入るなり、洪氏の発言について「われわれ(大統領府)は国民の衣食住の問題について夜も寝ずに心配している。最近、大統領選挙をめぐる不平不満やでたらめな話が特定の政党で出ているが、結果を受け入れることも一つの素養であり、リーダーの資質だと思う」と述べた。民主党で最近、朴大統領をめぐるさまざまな話が出回っているが、これを「不平不満」や「でたらめな話」として、同党の大統領選候補だった文在寅(ムン・ジェイン)議員などを念頭に「リーダーとしての資質が欠けているのではないか」と批判したのだ。また、政争にはなるべく関わらない方針の大統領府が「実名を出してもよい」と表現したが、これは洪氏の発言をめぐる問題について、民主党と真っ向から対決することを辞さないという意味だ。

 李秘書官が記者室を出てから間もなく、大統領府は金杏(キム・ヘン)報道官を記者会見場に向かわせた。金報道官は記者会見の場で「限度を越えた発言に対し遺憾に思う。これは大統領を選んだ国民に対する冒涜だ」と述べた。また、セヌリ党もキム・テフム院内スポークスマンを通じ「到底口にできないような内容の詭弁(きべん)だ。民主党は洪氏の発言が党としての主張なのかどうかを明らかにするべきだ」と主張した。

 洪氏のこの日の発言については、民主党内部でも「あまりにも行きすぎだ」と懸念する声が出ている。最近、国家情報院(国情院)による選挙介入事件をめぐり、民主党側の批判が強まっているが、洪氏の発言は限度を越えたものだというわけだ。民主党の関係者は「明快な発言もいいが、大統領経験者に対する恨みつらみのような表現はむしろ、国民からそっぽを向かれることになりかねない」と話した。一方、洪氏は11日夜、記者たちの携帯電話にメールを送り「本に書いてあることを引用したまでだ。大統領に対する個人攻撃と受け取られたのなら遺憾だ」と主張した。

金真明(キム・ジンミョン)記者

 先日触れた、鬼胎に関する詳細な経緯が書かれた朝鮮日報の記事があったのでそれをチョイスしてみました。

 まぁ、内容そのものは読んでいただければわかるように、下等動物同士だからこそ成立する実に低俗かつ下劣なモノに過ぎないのですが。

 ひとつ重要な点は、コレ、バカ女大統領と朴正煕元大統領に対する暴言だということで批判は起きているわけですが、友好国の総理大臣と元総理を貶めている点についてはこのゴミ民族は誰も反応していないんですね。

 つまりは、同族なら許さないけど、日本人に対してならどんな暴言も捏造や言い掛かりもすべて許される、と。

 何時ものことながら、今回もそういうわけなんです。

 こんな下賎な蛮族に美点を見出すなんて、砂漠の中から一粒の金を見つけるより難しいでしょうね。

 いやはや、同じ党内からさえも「あまりにも行きすぎだ」なんて声が出るような暴言を友好国の総理や故人に対してぶつけたことを気にも止めないわけですから、これが下等の、人類未満の蛮種の証でなければなんだというのでしょうね?

 もっとも、幽霊の子供と言われて傷付くのは愚かで下劣なチョウセンヒトモドキだけで、日本人にとってはむしろ逆かもしれませんがねぇ?

 何故なら、日本人なら誰もが知っている1960年代から10年前後おきに70年代、80年代、90年代、00年代と日本のアニメ史上最多のリメイクをされてきた漫画原作のヒーローが存在するからです。

 そう、『ゲゲゲの鬼太郎』です。

 人間の幽霊とは異なるそうですが、父親である目玉のおやじは『幽霊族』の末裔であり、鬼太郎の着ているちゃんちゃんこは先祖の霊毛で編まれていて鬼太郎の危機を幾度も救いますし、母親も人間ではあるものの四谷怪談の『お岩さん』の親類で幽霊(妖怪)の力を持っていたんだそうで。

 で、その鬼太郎といえば正義感が強く、人と妖怪の間に立って双方が平和に暮らせるように尽力する人物なわけで、時に人間であっても悪事を働いた人間には罰を下すこともある公正なヒーローとして日本では半世紀近くもテレビアニメで愛されてきました。

 しかも幽霊族と人間の結婚が認めれていないために地獄に母が堕ち、幽霊族自体も人間に滅ぼされたなど、意外と暗い背景があるけど、それでも人との共存を目指す鬼太郎と同じような出自に準えられて、臍を噛むなんてことは日本人なら有り得ない。

 また、鬼の子や龍の子などから雪女との子や狐の子など、日本では異種族との結婚やそれによって生まれる子供の存在って別段珍しいものでも無いんですよねぇ…

 例えば、「小太郎と母龍」とか「酒呑童子」とか「きつね女房」とか、「安倍晴明」も有名ですね。

 他にも幽霊になっても子を守っていた「子育て幽霊」なんて話もあります。

 そんな訳で、連中としては日本人を貶められたとほくそ笑んでいることでしょうけど、日本の歴史や文化を何も理解出来ない猿だからこその低劣な遣り口は、今回も完全に的外れもいいところでした。

 根幹に自らの劣等ぶりの裏返しである狂った民族優越主義があり、故に異種婚や混血に対する差別が強烈なのがチョウセンヒトモドキの特性であり、だからこそ最大級の罵倒になると思っていたのでしょうね。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果