徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
07月05日(金)

自分達が正常だと思っている、イタ過ぎる下等動物 

4日付けの朝鮮日報の記事から

【コラム】日本が「正常な国家」になるには
2013/07/04 13:55
 日本が隣国の信頼を得るには三つの方法がある。これを通じ日本は「戦犯国」の汚名を返上し、東アジアの秩序を主導する道徳的名分と政治的立場を確固たるものにすることができる。

 最も強力な方法は、現在の日本列島の一部を戦争犯罪の代価として、過去に被害を与えた国に割譲すると宣言することだ。話にならないと思われるだろうが、同じ敗戦国家のドイツはそうした。ドイツは敗戦後、東部のオーデル川とナイセ川を基準としたオーデル・ナイセ線の東側地域の領土11万平方キロをポーランドに与えた。これは日本の九州、四国、沖縄を合わせたより2倍以上広い。また、九州の面積の70%に該当するアルザス・ロレーヌ地方はフランスの領土となった。同地方の住民の多くはドイツ語系のアルザス語を話すが、戦後フランス人として暮らしている。

 このような事実は日本政府もよく知っている。日本外務省国際情報局長を務めた孫崎享氏は著書『日本の領土紛争』で「アルザス・ロレーヌを九州に置き換えてみると、日本国籍所持者として生きてきた九州の人たちが中国や韓国に国籍が変わり、日本語の代わりに中国語や韓国語を使うようになったということ」と主張した。同氏はまた「第2次世界大戦以降、領土の相当部分を失ったドイツは新たな進路を見いだした。欧州連合(EU)という組織の中心になる道を選び、今日ドイツはEUで最も影響力のある国になった。その影響力は国土を超える」と語った。日本もドイツのような道を歩めば国土を超え、東アジア共同体の中心的国家になることができる。

 必ずしも土地を差し出さなくてもよい。毎年8月15日のように象徴的な日に、被害を与えた国の国民に繰り返し謝罪するのだ。ドイツは今もそうしている。万一日本の首相以上の責任者が日本による虐殺の現場である韓国・堤岩里、中国・南京などを訪れ許しを請うならば、被害を受けた国の人々の「心のわだかまり」は雪が解けるように消えゆくだろう。ドイツのビリー・ブラント元首相が1970年にポーランド・ワルシャワを訪れ、ナチスによる犠牲者の慰霊塔の前でひざまずき謝罪したことで、ドイツ国民は堂々と立ち上がることができた。

 もっと簡単な方法もある。ただ黙っているだけでもよい。「侵略の定義は定まっていない」「慰安婦の強制連行に関する証拠がない」などと妄言を吐かず、A級戦犯が合祀(ごうし)されている靖国神社に参拝しなければ、被害を受けた国の国民は日本と未来を語り合う準備ができている。

 残念だが、現在の自民党政権はどれ一つとしてできないように思える。自民党は間もなく行われる参議院議員選挙を控え、6月25日に「自虐史観にとらわれた教科書を改訂しなければならない」という報告書を安倍晋三首相に提出した。普通なら過ちを認定することを「勇気」と言い「自虐」とは言わない。最近の自民党の動きを見ると、まさに日本は「百年河清をまつ(いつまで待っていても実現の当てがないこと)」と表現できるだろう。

李漢洙(イ・ハンス)記者

 いやはや、流石は下等動物チョウセンヒトモドキ。

 発想の程度の低さと現実に対する認識力の無さは人間未満の害獣ならではの低レベル故と改めて教えてくれますね。

 ドイツの場合、支払えるものが国土位しかロクに残っていなかったってだけの話なんですがね?

 WWⅠ、つまりは第一次世界大戦において敗戦国となったドイツはついこの間まで返済が終わらなかったほどの実に馬鹿げた巨額の賠償金を背負わされました

 しかも、数少ない収入源であった鉱山をフランスに奪われ、周辺領土も各国に割譲され、海外に保有していた領土や委任統治領も日本など戦勝国へ割譲。

 軍艦や潜水艦などの最新技術も各国に戦利品として取られて先端技術も奪われ、それでいて莫大な賠償金を背負わされたために返済の目処など立たなくなり、国内には大不況が吹き荒れました

 そうして募ったドイツ国民の不満、怒りを利用して権力を手に入れたのがヒトラー率いるナチスです。

 ユダヤ人を迫害して資産を巻き上げ、一方でアウトバーンなどの建設で経済の活性化と国力の再興を図りつつ軍備も整えだしたヒトラーは、やがてその基礎技術力の高さで急速に整備することに成功した軍事力で周辺国に圧力をかけて領土の割譲をさせたり、国家そのものを併合していきます。

 結果、我慢の限界に達したイギリスとフランスが宣戦布告をしたわけで、敗戦後にドイツがナチスを産んだ背景を教訓とした連合国はそれ以上の莫大な借金を背負わせる真似はしませんでした。

 しかし、何も得るものが無しでは納得など国民がする訳もなく、残された資産である国土の割譲と相成った

 一方で日本はと言えば、千島列島は樺太との交換条約でロシアから正式に受け取った領土でしたし、南樺太も日露戦争という40年も前の戦争で合法的に条約を結んで得た領土。

 同じ様に日清戦争での台湾やWWⅠでの南洋諸島など、どれも合法的に領土又は委任統治領としたものであり、正式なものです。

 無論、朝鮮併合も然り。

 ですが、これらは全て敗戦によって連合国に奪われており、その総面積もさることながら、ドイツと違ってその多くが島嶼であることから、失った海洋権益や領海は莫大なものでした

 大体、置き換わり云々とかどうでもいい話ですよねぇ?

 千島列島や南樺太なんて日本人はそもそも追い出されてロシア人が移民していますし。

 何よりも、なんでモドキ風情に「日本は「戦犯国」の汚名を返上し、東アジアの秩序を主導する道徳的名分と政治的立場を確固たるものにすることができる」「東アジア共同体の中心的国家になることができる」だのと面倒事を被害を被った上で押し付けられねばならないのやら?

 中国や南北朝鮮の面倒を見る役なんて、そんな不発弾や地雷の処理さえも天国に思える位最低最悪な仕事をわざわざ日本がしてやる意味がわかりませんよねぇ?

 おまけに「日本による虐殺の現場である韓国・堤岩里、中国・南京などを訪れ許しを請うならば」ってねぇ?

 独立運動だのと喚いて起こした暴動の鎮圧だの、潜伏していた便衣兵掃討を謝罪しろとか、丸っきり意味がわかりませんし、一億歩譲って中国は連合国側として理不尽な物言いをすることを認めるとしても、参戦すらしていない無関係な第三国である韓国の名前がどうしてここで出てくるんでしょうかねぇ?

 というか、自分達なんてテロリストを英雄と称えて被害者の感情なんて気にしたこともないクズ民族の分際で、なーにが「被害を受けた国の人々の「心のわだかまり」は雪が解けるように消えゆくだろう」だか?

 だったらお前らがまずは、被害を与えた相手の国や人々に心からの謝罪をしてみろと。

 未だにベトナムでやった大虐殺、強姦の罪を認めてさえいない畜生風情が、妄言を吐くなとほざいたり、テロリストを称える施設をつくって訪問するなんて真似を公然としながら靖国に参拝するなだの、本当にこの低脳下劣な蛮族は頭のイカレ具合が半端じゃないですね。

 そして最後には「百年河清をまつ」

 技術の進んだ日本ならば、無能なデクノボウ民族と違って浄水のために自らの力と知恵を注ぎ込みますよ。

 千数百年も前の黄河を澄ませることが出来ないだなんて話が何だというのでしょう?

 ま、漢字を拒絶したために、ハングルでの同音異義語が大人も子供も理解できなくなったと喚くような低脳下劣な蛮族の分際で故事成語を記事に取り込んだことは評価出来る(この程度でも評価になるレベルなんですよね、この下等動物達って)でしょうけど。

 今は東京の何処の河川でも高度経済成長期のような汚濁状況を脱し、普通に魚が住めるところにまで回復している…それが出来るのが日本であり、するのが日本人なのですが、困難に直面した時にこの21世紀においてもアホ面下げて指を咥えていることしかできない下等動物には人間様の高尚さなど理解は遠く及ばないんでしょう。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果