徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
06月14日(金)

貧して鈍して窮して集る-乞食蛮族の性根は何処でも変わらず 

12日付けの民団新聞の記事から

<布帳馬車>「貧すれば鈍する」vs「窮すれば通ず」
2013-06-12
 日本の為政者は従軍慰安婦問題について、軍の関与と強制性を認めた河野談話があるにもかかわらず、強制性を示す文書(証拠)は存在しないとの立場を間欠的に示してきた。その中心人物の一人である安倍首相は、河野談話の見直しさえ公言してはばからない。こうした奇異な態度が橋下徹大阪市長の「慰安婦は必要だった」などとする妄言につながっている。

 文書がなければ犯罪行為は立証できない? まさか! それを裏付ける公の文書などなくとも、被害者の証言と状況証拠があれば十分なはずだ。日清・日露戦争当時から万国公法に通じていたことを自慢してきた日本は、戦時国際法にも熟知していた。それに抵触する行為を示す文書は極力残さず、残っていたとしても焼却したに違いない。

 そもそも、文書のなかったことが事実そのものの不在を意味しない。加害の歴史に対する反省は、相手に対して真摯であるのはもちろん、自らの人としての尊厳と名誉に基づくべきだろう。自分を守ろうとして、傷つけた相手を再び貶める言動は見苦しい。

 東京新聞によれば、ジュネーブ開催の国連拷問委員会(5月21・22日)で、「被疑者の自白に依存する日本の捜査慣行は中世の残滓」との指摘に対し、日本の人権大使が「日本は世界第一の人権先進国」だと反駁、あわてて「人権先進国の一つ」と言い換えて失笑を買うと、人権大使は「なぜ笑う。黙れ、黙れ!」と叫び、会場を唖然とさせた。

 国際的な批判に一矢報いようとする強硬発言が逆に、窮地を広げる日本の姿そのものを見た気がする。「貧すれば鈍する」でなく、「窮すれば通ず」になってほしいものだ。(D)

(2013.6.12 民団新聞)

 在日を庇うような記事を産経が最近大阪の在日の声、みたいな感じで掲載することがありますけど、所詮モドキはモドキ。

 何処に住もうが下等動物としての本質など一切変わらないことをよくよく教えてくれる記事がコレです。

 この記事を読んで分かることは、慰安婦の存在を強制連行だの人権侵害だのとこじつけているだけで、何一つ連中が言うような被害実態を示す証拠は存在しないと言うことです。

 そもそも日本人の600倍超も嘘つきなペテン民族だけあって証言が口を開くたびに全く別物になるんですから、唯一の証拠としている証言の信憑性がゼロでどうやって事実と認めろと言うのやら?

 嘘ばかりで、しかもそれに一貫性さえ持てない下等種風情が「被害者の証言と状況証拠」で事実認定を求めるなんて馬鹿な真似をやるから、自分達の祖国では日本とは桁違いの偽証罪で立件される輩が続出すると言うのに、ホント、ノータリンらしい言い分です。

 「貧すれば鈍する」で金をせしめるどころか毎回嘘がバレて逮捕されているのが分からないって、知能が鶏レベルのモドキなればこそですよねぇ?

 「残っていたとしても焼却したに違いない」と言う思い込みに至ってはお得意の証言や状況証拠程度さえ無い始末なのに断定口調で記しており、本当は全てが捏造だということを自白しているも同然ですね。

 しかもこれまでにも書いてきたように、売春行為は日本において戦時中だけでなく、戦後も暫くは合法でした。

 しかも日本人であれば何処の地域出身だとかって関係なく超高収入で仕事をしていて、20世紀初頭には売春婦の待遇改善がなされていたのが日本であり、おまけに軍事機密でもなんでもありませんし、戦後なんて米軍相手の慰安婦を募集して米兵による強姦被害を減らそうとしていた位なのに、何で終戦時に焼却なんて隠蔽工作に走る必要があるんでしょうかねぇ?。

 何よりもまともな賠償どころか謝罪さえベトナムにしたことがない自分達下衆民族を棚に上げて「加害の歴史に対する反省は、相手に対して真摯であるのはもちろん、自らの人としての尊厳と名誉に基づくべきだろう」とか、ホント「恥」って概念がない蛮族は見ていて気持ちが悪い限りですね。

 おまけに日本でも日本人風の偽名を使って散々犯罪を繰り返していることについて、民団が謝罪したことなんて一度もありませんし、生活保護など寄生虫の分際で生かしてもらっていることに感謝の言葉も述べたことがなく、逆にこうやって嘘を触れ回っておきながら、そんな自分たちのことは「自分を守ろうとして、傷つけた相手を再び貶める言動は見苦しい」って感じないんですからねぇ?

 そして一番笑えるのが、自白に頼る方法を中性の残滓と言われて反論したことを馬鹿にしている部分ですね。

 証言のみを裁判という司法判断の場で用いるのは時代錯誤だってことなわけですが、記事のスタンスを証言があるから証拠なんて無くてもいいとしているのに、そんな正反対の話を日本を侮辱するために持ち出して気付きもしていないことです。

 法治国家において司法判断を下すのには証言だけではダメだという国連の主張に従うなら、それこそ証言だけ、しかもそれさえ口を開く度に異なって信憑性絶無のチョウセンヒトモドキの何を事実認定しろと言うのでしょう?

 河野談話なんて証拠が一切出てこなかったことを承知の上でクズが勝手に捏造した談話であり、事実と異なっているなんてことは日本では今更過ぎる事実ですしねぇ?

 ま、所詮は「窮すれば集る」だけの乞食民族に恥だの良識だの事実だのと求めること自体高尚すぎて不可能ってことですね。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果