徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
05月31日(金)

公然と差別思想を掲げる沖縄の似非人権屋達 

30日付けの毎日jpの記事から

相次ぐ発着やまぬ爆音 米F15墜落
2013年5月30日
  「事故を許すわけにはいかない」。米軍嘉手納基地所属のF15戦闘機が墜落してから一夜明けた29日。県や政党、市民団体らは、集会や要請などを通して日米関係機関に抗議の声をぶつけた。この日、F15は訓練しなかったが、県側が求める原因究明までの飛行中止が実現する見通しは立っていない。沖縄を覆う不安をよそに、他の所属機がわが物顔で空を行き交う「普段通り」の日常が際立ち、県民の不安と怒りが一層高まった。

 【嘉手納】沖縄平和運動センター、中部地区労、第3次嘉手納爆音訴訟原告団らは29日、嘉手納町屋良の通称「安保の見える丘」で、「米軍F15戦闘機墜落事故糾弾! F15・オスプレイの即時撤去を求める緊急抗議集会」を開いた。約150人の参加者が嘉手納基地に向かい抗議の声を上げた。

 集会で沖縄平和運動センターの崎山嗣幸議長は「沖縄の空をなんだと思っているのか。(墜落場所が)住宅地上空でないからと安心してはいけない。事故を許すわけにいかない」と憤った。

 爆音訴訟団の新川秀清団長は「住民が危険にさらされている。安全という言葉は沖縄には通用しない。特効薬は基地撤去しかない」と訴えた。

 沖縄国公労の白石幸嗣委員長は「なぜわざわざ自衛隊が米軍を救助したのか。自衛隊が米軍に完全に組み込まれ、事故があれば自衛隊が米軍の救助部隊になるよう想定していたのではないか」と疑問を呈した。

 集会中、同基地ではAV8Bハリアー攻撃機やP3C哨戒機などが相次いで離着陸し、スピーカーを通した声が聞き取りづらくなることが度々あった。

 参加した反住基ネットの大浜節子さん(66)=沖縄市=は、F15墜落の一報を聞いて「怒りがこみ上げた」と声を震わせる。「米軍の演習の在り方に疑問を感じる。嘉手納基地は過密化しているという危機感を持った。基地撤去を求めて行動したい」と話した。

 凄いですよねぇ、人権だの人命だのを訴えておきながら、相手が米兵なら見殺しにしろだの、墜落して命の危機にある米兵の心配ではなく怒りだの憎しみだのを募らせるって。

 まさに正気など欠片も持ち合わせぬ、鬼畜の感覚です。

 で、騒いでいるバカどもを見れば、社民党だの沖高組だのと幟が。

 連中が本音では命と言うものをどう見ているのか、どう扱っているのかが実によく分かります。

 流石は墜落怖いと言いながら阻塞気球を小学校などから集団で打ち上げて墜落を目論む、テロ屋なだけのことはありますね。

 私はむしろこういうことが平気でできるクズどもが、自分と同じ日本国籍を有していることに「怒りがこみ上げた」んですがねぇ?

 そして同時に笑えるのが、「沖縄の空をなんだと思っているのか。(墜落場所が)住宅地上空でないからと安心してはいけない。事故を許すわけにいかない」という議長(笑)という低脳バカの戯言ですね。

 航空機の墜落事故なんてのは確率で見れば低いものの、数多の機体が年中離着陸を繰り返すのだから、当然どこかしらで毎年幾つか起きるものなのにねぇ?

 実際、このゴミ虫どもは一切非難の声を上げませんでしたが、アフガンで先月末、B747が一機墜落事故を起こしています

 B747と言えば日本でも大手各社が導入しましたが、これまでに実に30回以上の機体喪失事故(他にテロなども結構ある)を起こしており、総死者数は3000人を超えています。

 各社が機体の老朽化や新型の登場で次々退役させましたが、唯一ANAは現在も沖縄への航路に使っており、危険性で言えばこっちの方が老朽化という点でも、墜落時の被害直径という点でも遥かに問題となるわけですが、御巣鷹山の後の導入時も、そして今回も一切墜落事故に対して興味を示してさえいません

 所詮、反米・反日の口実に用いているだけだからと言うのが丸分かりですよね?

 航空機の墜落の危険を取り除く「特効薬は基地撤去しかない」と言うのなら、いっそのこと民間航空会社も全て追い出して空港そのものを軍民問わず全て閉鎖しろと騒げばいいのにねぇ?

 物流も観光もダメになるけど、命が何より大事と喚くなら、それ位やって数世紀前の生活に戻ります、とぐらい言ってみろと。

 でも、そういう都合の悪いことには目を向けないし、「嘉手納基地は過密化しているという危機感を持った」だのと事故と何の関係性もない妄想を勝手に膨らませて敵意や害意だけを募らせるんですから、異常にも程がありますよね。

 それにしても、「なぜわざわざ自衛隊が米軍を救助したのか。自衛隊が米軍に完全に組み込まれ、事故があれば自衛隊が米軍の救助部隊になるよう想定していたのではないか」という寝言には驚きました。

 命の危機にある人が目の前にいるのに、そこで相手の国籍や職業を確認して助ける助けないを選別するのが沖縄国公労という組織なんですね。

 公務員のモラルも沖縄と言うだけでここまで下劣に堕すとは…本当に日本の恥ですね。

 ホント、駆逐艦『雷』艦長だった工藤俊作氏のような人物(前日の海戦で撃沈した英軍艦の溺者約400名以上を200名しかいない駆逐艦で潜水艦の遊弋する海上に長時間停止して救助し、彼らの健闘ぶりを称えてゲストとして厚遇した上、戦後そのことを誇示するどころか一切口にすることもなく他界した人徳の人)になれとまで沖縄県民に要求はしませんけど、人間として最低限のモラルや品性位は学んでから社会人を名乗れと言いたくなりますよねぇ?

 前夜まで殺し合いをしてきた相手を救う。

 並大抵のことではありませんが、70年以上も前に、それも軍人がそれほどの高潔さを見せたというのに、現代の沖縄では公務員が同盟相手であり、震災の際には助けてくれた軍隊の人間を助けたことを罵っているのですから…

 第一、人助けが組み込まれるだのという短絡な話になるのなら、中国や韓国と進めている各種相互協定に関しても罵るべきですし、東日本大震災の時に日本を助けた米軍は日本の一部だと主張しないのはなんでなんでしょうかねぇ?

 それに、自衛隊の救助活動は世界各地で行われているんですね?

 インド洋で海賊からの護衛活動、スマトラ地震とそれによる津波被害の救助、紛争地での民間人診療などのPKO活動も然り。

 それらが為される度に、その国の軍隊や国連の一部になっていると罵り声を上げていたでしょうか?

 ま、自分達さえ良ければ後は誰がどうなろうと知ったこっちゃないという考えの持ち主であるゴミ虫さん達には、自衛隊の理念や行動原理なんて理解の範疇を遥かに超えているのでしょう

 人を助けるのに一々理由や条件を設けるのが当たり前なんてクズどもには、ね。

 World Airline News『National Airlines’ Boeing 747-400 freighter N949CA crashes on takeoff in Afghanistan, 7 crew members killed』
 http://worldairlinenews.com/
2013/04/29/national-airlines-
boeing-747-400-freighter-n949ca-
crashes-on-takeoff-in-afghanistan-
7-crew-members-killed/

 朝日新聞デジタル『「ジャンボ」B747もうじきお別れ 来春までに引退へ』
 http://www.asahi.com/business/
update/0528/TKY201305280378.html
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果