徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
05月26日(日)

やはり喋る程に歪むモドキの妄想歴史 

25日付けの時事ドットコムの記事から

「私は日本軍の奴隷だった」=元慰安婦2人が証言集会-大阪
 韓国から来日中の元従軍慰安婦、金福童さん(87)と吉元玉さん(84)が25日、大阪市内で市民団体主催の証言集会に出席し、「日本軍の奴隷だった」などと過酷な体験を語った。

 2人は24日に日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長と面会を予定していたが、問題発言を撤回しない姿勢に反発、中止した。金さんが「なぜ市長をやっているのか不思議だ」と批判すると、500人以上詰め掛けた会場から拍手が湧いた。

 金さんは「工場に行くと言われたのは14歳。しかし、連れて行かれたのは遠く暑い国。日本軍の奴隷となった」と証言。「陸軍将校が身体検査し、(慰安婦が)何人入るのか知っていた。民間人がどうやって軍人相手の慰安所をつくることができるのか」と疑問を呈した。
(2013/05/25-16:27)

 逃亡したヒトモドキの売春婦達ですが、またもや狂信者を集めて小銭稼ぎに精を出していた(聴講者から決して安くない参加費を徴収しています)ようです。

 しかも反論も批判も一切受けない独壇場で怖い怖いと逃げた相手の陰口三昧とか、いやはや見事なまでの腐りっぷり。

 まさに汚物の如き民族性ですね。

 で、マヌケの金がまた歴史改変。

 「連れて行かれたのは遠く暑い国」って、最初の行き先は中国の広東だったんじゃないのかよ(爆笑

 97年の証言ではまず中国の広東からインドネシアなど南方域へという流れでしたし、今月沖縄でした証言でも同じ流れだったのにねぇ?

 昨年の南洋群島説にまた歴史がぶっ飛んじゃったようです。

 何よりも14歳が工場へ連れて行くって話を受けた時点で軍は関係ないですよね?

 この耄碌婆が14歳の時は太平洋で戦争なんてしてもいない時期であり、労働力不足を補うために軍事工場で学生らを労働力として使う学徒勤労動員法が施行されたのは1943年、つまりその4年後です。

 加えて国民徴用令の適用範囲が朝鮮半島にまで拡大したのは1944年と更にその1年後である上、この時期から南方へ行くのは容易ではありません。

 となると、何処もかしこも綻びだらけで話に整合性が取れなくなる。

 まず、工場へ行くのだと声をかけた相手は軍人ではないのは確実だし、当時の記事にもあるように嘘をついて売春婦を集めていたのは朝鮮人ブローカーだから、事実なら犯人はまず間違いなく日本ではなくモドキ自身という事になるし、それにしたって年齢を告げれば、或いは騙されて連れてこられた事実を告げれば解放されるのにしなかったというのもおかしな話ですよね?

 「陸軍将校が身体検査し、(慰安婦が)何人入るのか知っていた。民間人がどうやって軍人相手の慰安所をつくることができるのか」という新しい証言にしても、軍医は基本的に将校である上、先のエントリで記したように性病予防のための身体検査は日本では売春業をする上では必ず実施するものに過ぎません。

 民間人がどうやってというすっとぼけにしたって、現在はネット上に民間業者による慰安婦募集の新聞広告がアップされていますので、通用なんてしません。

 いやはや、確かにこの程度の知能と知識で挑めば市長にあっさり返り討ちにあって全世界へ嘘がバレていたでしょうから、逃げ出したくなるのも当然ですね。

 恥という概念がない下等動物は本当にどうしようもありませんねぇ…
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果