徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
05月26日(日)

もはや倒錯し過ぎて全てに反発せねば生きていけないヒトモドキ 

25日付けの朝鮮日報の記事から

韓国外交部 稲田行革相の発言批判「即刻撤回を」
2013/05/25 00:21
【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は24日に論評を出し、日本の稲田朋美行政改革相が従軍慰安婦制度について戦時中は合法だったと発言したことに対し「容認できない発言。即刻撤回すべきだ」と批判した。

 同部は「『戦時性暴力が合法』という発言は女性の尊厳と人権を著しく冒涜(ぼうとく)し、反人道的犯罪を擁護する常識以下の発言」と非難。「日本の指導者らは帝国主義の過去の過ちを反省し、時代錯誤的な言行をしてはならない」と訴えた。

 また、「旧日本軍の慰安婦問題は日本の帝国主義が膨張する過程で広範囲で行われた『戦時性暴力』。重大な人権侵害であるという認識が国際社会に形成されている」と強調した。

 日本メディアによると稲田行政改革相は同日の閣議後の記者会見で「慰安婦制度自体が悲しいことだが、戦時中は合法であったのもまた事実だ」と述べた。

聯合ニュース

 お笑い韓国史は今日も続きますね。

 日本は戦後しばらく経つまで売春は合法でした。

 江戸時代には吉原など遊郭文化が成立しており、明治維新後も公娼制度という形で売春は国によって許可されていました。

 彩図社から数年前に発売された武田知弘著の『教科書には載っていない!戦前の日本』を見てみると、日本では既に明治の初めには人身売買が人権問題となっていたため、貸座敷業者と言うものが娼妓が自分の意志で客を取るという形の法制度が制定(明治6年の貸座敷渡世規制)されていたそうです。

 これにより娼妓になるには国への登録だけでなく、小学校卒業以上の学力や定期的な性病検査、親の経済が逼迫していてかつ、親が不動産を持っていないことなどといった条件が課せられ、可能な限りの人身売買を阻止することがまだまだ貧しい日本において法で定められました。

 また、男性が15~16歳程になると親や親戚が遊郭に連れて行って初体験をさせるというのも戦前では決して珍しい話ではなく、ある年の徴兵検査では検査を受けた実に9割以上の者が公娼や私娼で遊んだ経験があったと、書かれています。

 このように売春とは戦前の日本においては特殊なものでもなんでもありませんでした。

 故に、戦場で死と向き合い神経の高ぶっている兵士を慰める手段として売春をという発想が出るのは、当時の感覚からすれば何も異常なことではなく、むしろ至極当然に行き着く結論に過ぎませんでした

 ただし、場所は当然ながら海外であり、それも戦場に近い場所や戦場になるかもしれない場所となることから、慰安婦という名の売春婦募集を掛けた際に十二分な報酬の支払いや休日の設定などの待遇面の調整にも配慮をしたわけです。

 しかし、現実そのものを捻じ曲げて都合よく歪曲させることしか頭にないチョウセンヒトモドキは、その事実自体が許容できないわけで、「戦時性暴力」だのと如何にもヒトモドキ好みの口にするのも汚らわしい表現を産み出し、用いているわけです。

 それも自分達が女性を慰安婦や性奴隷にして戦場で散々やってきた「戦時性暴力」とやらの事実を黙殺して

 大体、当時合法か非合法かという単なる事実の説明を撤回しろとか、「重大な人権侵害であるという認識が国際社会に形成されている」とか、もはや火病り過ぎて自分達が何を言っているのかさえ理解できなくなっていると思いません?

 女性を拉致し、強姦することが犯罪だという認識を、今の国際社会が形成したとして、それが当時日本において売春が合法か否かという事実にどう関係するというのかって話ですよね?

 ま、所詮は鶏にも劣る知能の下等動物、自分が馬鹿であるという事実に向き合うこと自体、未来永劫に不可能ですね。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果