徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
05月15日(水)

バカ島ドアホ 

14日付けのMSN産経ニュースの記事から

社民・福島党首「許せない」
2013.5.14 11:48
 社民党の福島瑞穂党首は14日、日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)が第二次大戦中の慰安婦制度は必要だったと発言したことについて「戦争遂行のためには女性の人権を蹂躙(じゅうりん)しても構わないということになる。全ての女性の人権を侵害する発言で、断固許せない」と述べ、発言の撤回と謝罪を求める考えを示した。国会内で記者団に語った。

 「人間が歴史から学べるものなら、それはなんという教訓を私たちに与えてくれることか!だが、情熱と党派心が私たちの目を見えなくする。だから、経験が与えてくれる光は船尾の灯であって、私たちの背後を照らすだけだ」

 イギリスのロマン派詩人であり、批評家、哲学者でもある、サミュエル・テイラー・コールリッジの名言です。

 まさにこのエテ猿、福島にピッタリだと思いませんか?

 売春を忌避するのはあくまでも現代を生きる我々の感情に過ぎません。

 それでも性風俗というものは世に存在し、凡ゆる形態で一般人に提供され続けているし、法という枷を嵌める事で国家として存在を容認してもいます

 ですが、例えばほんの数年前まで韓国では売春は合法でしたし、今も再合法化を求める売春婦のデモがあるけど、この福島みたいなクズ女はそれに抗議したこともなければ、人権を蹂躙している国だと罵ったことさえありませんよね?

 それでいて、中東諸国の潔癖なまでの性思想には逆に批判を浴びせ、やり過ぎだの行きすぎだのと批判をしており、如何に偏狭な思想を持っているか、それを他人に押し付けているかを示してくれていると思わないでしょうか?

 どうせですから古代の例などを幾つかを知恵の森文庫の『つい他人に話したくなる歴史のホント250』から久しぶりに紹介してみましょう。

 紀元前三世紀、古代バビロニアでは神殿で、女神の名の下に売春がされていました。

 バビロン人の風習として、女性は一生に一度アプロディテの神殿に座って見知らぬ男と交わらねばならないというものがあったからです。

 女の膝に金を投げ、「ミュリッタ様の名の御名にかけて、お相手願いたい」と言えばどんな男でも、支払額も幾らでも売春が出来た。

 売春自体に神聖さを求めたもので、俗に『神殿売春』と呼ばれ、似たようなものはキプロスにもあったと言われています。

 神殿売春のルーツはシュメールにまで遡るとされ、元旦に王が神殿最上階の密室で美しい女司祭と交わる秘技があったとか、紀元前2300年頃の讃歌には「偉大なる神アンの娼婦」と女神イアンナを謳うものもあったとか、言われています。

 紀元後にもその手の風習や思想は残っており、例えばカンボジアやタイ、フィリピンにニューギニア、ウイグルやチベットなどでは近世、下手をすれば現代頃まで破瓜の血を邪悪なものとして、僧侶などの聖職者や専門家が破瓜をさせたり、旅人にさせてその血を持って行ってもらうなんてことがされていました。

 無論これは日本も例外ではなく、神話においてはアメノウズメは天の岩戸を開き、天照を誘い出す宴会を行った際には乳房を振り乱して踊ったとされていますし、奈良時代以前には神主が処女権を有し、地方によっては娘が13~14歳頃になると村の有力者などに親が酒を持って行って頼んで破瓜をしてもらっていたと。

 似たような例はスイスやロシアなどにもあり、現代と中性や近世、下手をすると近代までの性に対する概念が全く正反対であったことが分かるでしょう。

 また、同性愛も古くから存在するのは有名な話で、時と場所次第では男娼も存在していたことがわかっています。

 同性愛って以前は何処でも蔑視の対象でしかなかったのに、現代では許されている国や地域が存在しますよね?

 同じ様に売春も時代と場所でその都度扱いが変遷しているだけの話で、人権論で単純に括るこういうバカ女は、当の売春婦側からしてみれば存在そのものを全否定する存在でしかなく、まさにこのバカ女こそが自分達の人権を蹂躙している存在と写っていることでしょうが、トチ狂った価値観と歴史観を押し付けることしか頭にないバカにはそんなことさえ認められないのでしょう。

 そもそも橋下発言の正当性を否定するなら、慰安婦制度を運用しなかった国の女性に対する戦場での扱いを比較として出すのが最も確実なのですが、そんなことをすれば論理破綻を途端に起こすのが分かっているから絶対にやらないんですよね、福島みたいな秘境で下劣な人間って。

 日本で売春婦が運用されるようになったのは、戦場での兵士の粗暴さが原因であり、必要だから生まれたものでした。

 だからこそやっていいことと悪いことなどの各種取り決め、突撃一番(コンドーム)の使用義務などがキチンと定義され、高額で雇った慰安婦には性病検査や休日の設定がされていましたし、貯金が当時の額で1万3000円以上(普通の女中の月給が10円の時代に!)なんてことも可能でした。

 一方で、売春婦のような制度を用いなかったソ連はドイツや日本の女性に対して強姦を繰り返しており、ドイツ人女性の被害者数は200万人と言われていますし、日本人女性も大勢被害に遭い、中にはそのまま殺された者や妊娠してしまった者、強姦から逃れるために自殺した者などもいます。

 同じくアメリカも戦争中に捕らえた日本人女性を集団レイプしていますし、日本占領後は特高が残した僅か1ヶ月分の米兵による犯罪ファイル(総計500件以上)の中に、小学生を集団強姦した事件や、女性をキャンプ施設に拉致して部隊規模で3日に渡り輪姦した記録などがあるし、その後もジープ複数台に分乗して病院を襲撃して幼女から老婆までいた女性を片っ端から全員強姦したなんて話まで、実にこれでもかと言うほど醜聞が残っています

 また、その有用性を認めていた韓国軍は朝鮮戦争で自国民を慰安婦にしてドラム缶に詰めて前線へ輸送していますし、ベトナム戦争において米軍は現地有力者に集落の女性を慰安婦にさせ、鉄条網で逃げられないように囲った慰安所へ入れて利用しています。

 日本の慰安婦と掛け離れたこれらの事実なら、人権蹂躙と言うのも理解の余地があるってものですがねぇ?

 このように、必要性という面でも人権という面でも何ら日本の慰安婦制度に関する発言内容でおかしなことはなく、言いがかりも甚だしい

 何よりも性を売りものにするのが人権蹂躙だというのなら、今現在水商売に付いている女性や、グラビアなどをやっている女性、イメージビデオやアダルトビデオに出演している女性って、自らの人権だけでなく、女性すべての人権を蹂躙し、しかも平然としている異常者だとでも言うのでしょうか?

 歴史を知らず、学ぼうともせずに感情を恥ずかしげもなくただただ発露させ、他人の人権を蹂躙しているトチ狂いの異常者はお前だ、バカ島ドアホ!と。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果