徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
05月07日(火)

放っておくのが一番の対処法 

7日付けのMSN産経ニュースの記事から

ウォン安修正でメッキ剥がれた韓国「現代自動車」 泣き面にハチ〝燃費偽装〟の醜態
2013.5.7 09:00
 韓国の自動車最大手、現代自動車が“失速”している。通貨高(ウォン高)で海外販売に急ブレーキがかかり、韓国国内ではトヨタ自動車など輸入車が存在感を増し始め、その牙城が揺らぐ。販売面以外でも、米国では燃費表示の水増しが発覚したほか、大規模リコール(無償回収・修理)を実施。サムスン電子と並び韓国経済を代表する現代自動車だが、ウォン高が進むにつれて糊塗(こと)された実力以上の販売力、技術力がはげ落ちかけている。

3年前に日本の乗用車市場から撤退

 「日本から撤退したこともあり、大阪でソナタを見かけることは本当に少ないですね」。関西で働く自動車メーカーの40代社員はこう話す。ソナタとは韓国・現代自動車の主力セダンのことで、同社は約3年前に日本の乗用車市場から撤退している。

 日本では2001年の参入以来、苦戦続きの現代自動車だったが、欧米など海外ではウォン安を背景に08年頃から快進撃を続けてきた。もちろん、韓国国内では傘下の起亜自動車とあわせシェア7割と断トツの強さをみせる。

 ところが昨夏以降、その成長に陰りが見え始めているのだ。米調査会社オートデータによると、3月の米新車販売台数は前年同月比3.4%増の145万2946台と、6年ぶりの高水準を記録。米ゼネラル・モーターズ(GM)、米フォード・モーター、トヨタ自動車など大手6社が前年同月比を上回る中、現代自動車は7.7%減(起亜自動車を含む)。2月に2年半ぶりのマイナスに転じ、2カ月連続のマイナスと不振ぶりが際立った。

輸入車が韓国車を上回る「逆転現象」

 圧倒的なシェアを誇る自国の韓国でも異変が生じている。今年の韓国カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)に、トヨタの人気セダン「カムリ」が輸入車として初めて選ばれたほか、独BMWの高級セダンなどが現代自動車の同車種よりも売れるなど、クラス・価格帯によっては輸入車が韓国車の販売台数を上回る「逆転現象」が起きつつあるのだ。

 韓国の聯合ニュースによると、現代自動車が4月25日に発表した2013年1~3月期連結決算は、本業のもうけを示す営業利益が前年同期比10.7%減の1兆8685億ウォン(約1667億円)、最終利益が14.9%減の2兆878億ウォンと2けた減益に落ち込んだ。

 「米国など海外販売の減少と、韓国での状況は分けて考える必要がある」

 ある関係者は前置きした上で、現代自動車の失速をこう解説する。「海外では新車投入が一巡したことなどが販売鈍化の理由とされるが、何といっても最大の要因はウォン高だろう」

国をあげてのウォン安誘導?

 韓国政府は公式に認めていないものの、家電や自動車など輸出産業を後押しするため、同国が為替介入を続け、ウォン相場に安値に誘導してきた。サムスン電子も、LG電子も、そして現代自動車もウォン安を武器に、世界中で他国のライバル企業よりも“安値”の家電、自動車を売りまくってシェアを高めてきた。

 しかし、昨夏以降、ウォン安が修正され、相場が高騰すると、価格競争力は低下。1~3月はウォン高・ドル安が一服したが、対円については高止まりしており、“為替マジック”の効力がなくなるとともに、現代自動車の販売台数はじわじわと減りつつある。

 「ソナタなど現代自動車のデザイン力は評価されているが、技術力はトヨタなど日本の自動車メーカーに大きく劣る」(証券アナリスト)。そもそも韓国の企業は現代自動車もサムスンも「技術」に関する競争力はきわめて低い。それをカバーしていたのがウォン安というわけで、ここにきて技術力の低さが相次ぎ露呈している。

米国で燃費改竄、大規模リコール…

 昨年11月、米環境保護局は現代自動車と起亜自動車が米国で販売した自動車約90万台について、実際よりも高く燃費性能を表示していたとする調査結果を発表した。

 いわゆる燃費性能の水増しで、それは最大でガソリン1ガロン当たり6マイル(1リットル当たり約2.6キロ)に達していた。この問題は消費者の苦情で判明したもので、これほど大規模な誤表示は米国で初めてという。

 また、4月5日には米国で販売した乗用車など計約187万台をリコールすると米道路交通安全局に届け出た。ブレーキを踏んでもブレーキランプが点灯しないほか、事故時にエアバッグが作動した際に、車の天井の一部が落下する恐れがあるという欠陥が見つかったためだ。 

通貨相場とは関係なく売れる日はいつ?

 「ウォン安だから売れているわけではない」。韓国企業の経営者は、常にこう言い続けてきた。だが、韓国製品を買った消費者の大半は、性能以上に、ウォン安による低価格が購入の大きな決め手となったのは間違いない。

 ウォン高が進み、成長神話に陰りが出てきた現代自動車。ウォン相場に価格が左右されず、低価格という武器が通用しない自国の韓国では、トヨタやBMWが売れ始め、すでに現代自動車の“メッキ”ははがれつつあるのかもしれない。ウォン相場とは関係なく、現代自動車が再び走り始める日は来るのか…。

(島田耕)

 「韓国の企業は現代自動車もサムスンも「技術」に関する競争力はきわめて低い。それをカバーしていたのがウォン安」と言っておきながら、「ウォン相場とは関係なく、現代自動車が再び走り始める日は来るのか…」ってまた、結果の見えている酷いことを書くものですね(笑

 サムスンも現代もどころか、基本的に韓国、チョウセンヒトモドキのやる海外販売手口は安さを売りにし、更にはライバル企業を合法非合法問わず叩くことで優位に立つという品質以外の部分でしかありません

 技術自体、モドキの知能では独自のもの、特に優れたものなんて生み出すのは不可能ですから、高い金を払って他社の技術者をヘッドハンティングし、吸い取ったら捨てるということを繰り返してきたのは周知の通りですよねぇ?

 育てないし、生み出さないから常に進歩はなく、出来るのが模倣だけなのは当然です。

 模倣が終わる頃には他社は更にその先へと至っているわけですし。

 で、その差を誤魔化すのに嘘やステマといったネガキャンによる他社の貶めを用いる、と。

 最近サムスンは台湾でのライバル企業への妨害工作(バイトをやとってネガティブキャンペーンを張った)が明らかになって制裁を受けたばかりですが、その後もスポンサーをしているテニス選手にステマをやらせていたことが発覚したり、タイのDJがiPhoneを扱き下ろしてGALAXYを持ち上げるtwitterをiPhoneからしていたのがバレたりと、裏工作の実態が各地で露呈しています。

 しかも、技術パクリの事実を認めたくないがためにアップル相手のバカな訴訟合戦を繰り広げて完全な敵対関係に入った結果、遂にはアップルがスマホ用アプリケーションプロセッサー『A7』開発プロジェクトから韓国サムスンを除外したと報じられており、事実なら今後相当な減収になることは確実です。

 現代にしても以前取り上げたように米国では販売台数を躍進させた際に、トヨタを在日韓国人が集団訴訟を起こすなどの手段で貶めるとともに、トヨタからの乗り換えキャンペーンを打って数字を稼ぐという姑息な手段を使っていましたし、最近ではとっくの昔に余りの売れなさから日本市場で撤退しているにも関わらず、NHKが朝ドラで主人公の父親のタクシーに現代のグレンジャーを使うという意味不明な真似をして散々批判を浴びていました

 何せ現代って日本では僅か数年で撤退した上、年間登録台数も5桁どころか辛うじて4桁って推移で、日本国内では当然ながら輸入をするか僅かな中古車を探す以外にグレンジャーなんてものを手に入れる方法はありません。

 米国でも年間売上を軽く上回る大規模リコールに加えてウォン安誘導が不可能となったことで相当な打撃を今後継続的に受けるでしょうし、そもそも国内が李明博によって一層財閥系企業の寡占化促進となっていただけに、深刻なダメージとなることが予想できます。

 しかも愚かなことに韓国は先月の閣僚や国会議員の靖国参拝、首相の真榊奉納を理由に喚き散らして関係悪化を行っており、国内向け政治アピールを強めることで無能な女大統領の支持率回復と政治基盤の強化を目論んでいるようですが、そのせいで日本側の印象が一層悪化し、7月のスワップ切れの時に国民感情を配慮した日本政府に更新を拒否される危険性にまで頭が回らないあたり、本当に低脳な民族だなぁと感じさせますよね?

 これまでもそうであったように、韓国に経済危機を日本の援助なしで乗り越える力が無いのは明らかですから、サムスンだろうが現代だろうが放っておけば見事に立ち枯れになるだけでしょうね。

 MSN産経ニュース『アップルVSサムスン、深まる溝 アプリプロセッサー開発でも除外』
 http://sankei.jp.msn.com/economy/
news/130507/its13050706230000-n1.htm
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果