徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
04月25日(木)

朝日による報道しない自由、その行使実例 

24日付けのMSN産経ニュースの記事から

「外交問題になること自体おかしい」自民・高市氏、靖国参拝反発の中韓を批判
2013.4.24 13:27
 自民党の高市早苗政調会長は24日、都内で講演し、閣僚の靖国神社参拝に反発している中国、韓国の両国を批判した。「外交問題になること自体がおかしい。例えば植民地政策や開戦時の国家意志が良かったのか、悪かったのかとなると、フランス、アメリカ、イギリス、オランダはどうだったのか」と述べた。

 高市氏はまた、「(米国の)アーリントン墓地に日本の閣僚が行ったら花を捧げる。では、ベトナム戦争が正しかったのか。東京大空襲は明らかな陸戦法規違反だが、あれが良かったのか悪かったのか。そんなことで慰霊のあり方が変わってはいけない」と指摘した。

 今回は、先日も記した朝日流、報道しない自由の行使について見たもらいたいと思います。

 例題として最初に掲載したのは、この問題で大手唯一の保守論陣である産経の高市議員による講演内容の記事です。

 次に、これが朝日流ではどうなるのかを見てもらいます。


24日付けの朝日新聞デジタルの記事から

「どう慰霊するか、日本人が決める」 自民・高市早苗氏
2013年4月24日19時52分
■高市早苗・自民党政調会長

 日中関係は非常に重要だと思うが、自分の国のために国策に殉じて命を落とした方をどう慰霊するか、どうおまつりするかは日本人が決めることであって、外交問題になること自体がおかしい。案外、敵は内側にあるなと思っている。これは外交問題だとあおる方々もいらっしゃる。中国や韓国が文句を言うからみんな、靖国神社に行きません、慰霊はしませんってことになったら、植民地政策が悪かったのか、戦争の開戦した時の国家意思がよかったのか悪かったのかという話になる。フランス、米国、英国、オランダはどうだったのかという話になる。そんなことで慰霊のあり方が変わっちゃいけない。何か言われたから変えるから余計に言われる。やるんだったらやり抜くべきだと思う。(東京都内の講演で)

 わかりますか?

 まずタイトルが非常に差別的ですよね?

 その国ごとに文化も宗教も習俗も異なるのに、相手それぞれのやり方があるということを認めず、自分達の傲慢だけを押し付けることへの不快感の表明が、朝日のタイトルではまるで高市議員こそが傲慢を撒き散らしているかのように受け止められます

 排他的で他人の意見を無視する人物…そういう印象操作を測りたいことが、タイトルの時点で分かります。

 そして、内容もそれに準じています。

 ものの見事に産経が記している後半部分が全て欠落しており、欧米はどうなんだ、中韓が文句を言うからなんだ、という具合にただ高市議員が反発しているだけのようにしか、朝日の記事からは読み取れないですよね?

 もっとも、先日の靖国に対する毎日の社説のように、アーリントンへの閣僚による献花について、政教分離の原則に反する疑いがどうだ、戦争犯罪者へ慰霊をすることがこうだ、なんて反発を朝日らブサヨはしたことはただの一度もありませんので、内容を書き記して読者に疑問を抱かれるのはマズイ事この上ないから、書けるわけがないんですけどね。

 しかも、安倍総理は2月に訪米した際に日本の首相の慣例としてアーリントンへ献花に訪れていますが、当然ながらブサヨや読売は何らの問題視もしておらず、迂闊に踏み込めば連中にとって不利になる話題なのです。

 だからこそアーリントンやそれに付随するベトナム戦争、東京大空襲などについては記さない。

 こうやって都合の良い部分だけを抽出して印象操作を図り、俺達は中庸だぞ、真実を報道するのだと嘯くわけです。

 この卑劣なやり方に心底うんざりしたのが小泉総理であり、そこから政府のHPにおいて記者会見の内容を全文公開するという事が行われたわけですね。

 それでも自分達の偏った思想を貫くこと、特アに媚を売ることが大事だと、今日に至ってもその卑怯千万な振る舞いを上記記事の通り続けているのが朝日新聞というわけです。

 時事ドットコム『アーリントン墓地に献花=安倍首相』
 http://www.jiji.com/jc/
zc?k=201302/2013022200536
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果