徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
02月28日(木)

さしずめ売国義士ってとこですかねぇ? 

25日付けの朝鮮日報の記事から

1877年の日本政府指令 「独島は日本領土ではない」
2013/02/25 23:37
【ソウル聯合ニュース】「日本政府が独島を『竹島』と称し、領有権を主張しているが、これは独島を再占領しようと策動する行為だ」--。

 日本政府が独島の領有権主張を強めている中、歴史学者で中国・海南島に強制徴用された朝鮮人虐殺事件を研究する「海南島近現代史研究会」会長の佐藤正人氏は「独島問題は領有権の問題ではなく、植民地問題」と分析した。日本政府が独島を竹島を称し、歴史的・国際法的に明白な日本固有の領土と主張しているのは、独島の再占領を企む行為だと批判した。

 佐藤氏は日本政府が1877年、「竹島外一島之義本邦關係無之義」とする太政官指令を出し、韓国の鬱陵島と独島は日本の領土でないことを明らかにしたと主張した。日露戦争中の1905年、当時の大韓帝国の領土だった独島を日本領土に編入させ、竹島と命名したという。

 佐藤氏は独島について、「韓国で初めて日本の植民地化した地域」と指摘している。日本政府が独島を固有領土と主張するのは日本の侵略の歴史を肯定することだと主張。また、「日本が独島を含む大韓帝国を植民地化していなかったら韓国は南北に分断していない」として、「日本政府は韓国植民地化の歴史的な責任を取ろうとしない」と批判した。

 佐藤氏は3月1日、ソウルで行う出版記念会でこうした内容を発表する。同氏は独島が韓国の領土であることを示す地図も公開する予定だ。竹島に無断で渡った漁師を調べた「竹島渡海一件記」(1836年)と「朝鮮竹島渡航始末記」(1870年)に掲載された地図には鬱陵島と独島は日本領土と違う色で表示されているという。

 韓国学中央研究院のパク・ソンス名誉教授は「当時の日本人は鬱陵島を竹島、独島は松島と呼んだ」と説明。「地図に鬱陵島と独島が日本領土と違う色で表示されているのは独島が朝鮮の領土であることを示しものだ」と述べた。

 日本政府は22日、島根県の「竹島の日」の式典に内閣府政務官を派遣し事実上、中央政府の行事として行うなど、独島を紛争地域にするための試みを本格化している。

 まーた、頭のイカレた売国奴が沸いたみたいで、ヒトモドキが歓喜雀躍して取り上げていますね。

 中央日報などの記事を見ても大学教授などの肩書きさえ見受けられないことから、単なる自称「歴史学者」のようで、そもそも『竹島外一島之義本邦關係無之義』に対する見解なんて何年も前に日本では発表されていて今じゃwikipediaにさえ掲載されているのに、こんなバカ主張を今頃しているんですから、学者が聞いて呆れますよ。

 加えて『竹島渡海一件記』『朝鮮竹島渡航始末記』を出して竹島は色が違うから日本の領土じゃないとかって幼稚な主張も既に日本では解決済みの話で、どっちも数年前に研究者がそれに対する見解を発表済みの話です。

 まして、日本がどうこう以前に鬱陵島の西にある于山島という架空の島を自国領土だと主張し、東にある島については存在そのものを認めていなかった朝鮮の地図を基にすれば、朝鮮の領有権は侵略以前には一度も存在していないって話になるんですがねぇ?

 少なくともその場合、竹島は領土未確定地域だったという話になり、1905年に日本が国際法に則って行った領土宣言が最初の、国際的に有効と認められる領有行為であり、やはり侵略による略奪をして自国領だと喚いているだけの南朝鮮には正当性が存在しないと言う事です。

 それにしても再占領だとか、チープな言い回しですよねぇ?

 日本のそれは国際法に則っての平和的領有であり、一方の南朝鮮のは日本が武力行使できない状況を利用して武力侵略をした結果なのに、まるで逆であるかのような主張をして空威張りをしているのですから。

 いやはや、自分の主張に自身がない、正当性がないと理解しているからこそこういう怪気炎を上げてわめき散らすことで誤魔化すしかないんでしょうけど、よくもまぁ、恥を晒しながら生きることが辛いと感じないものですね。

 こんな生きていることそのものが恥みたいな真似をしたら、まっとうな日本人ならとても世間に顔向けなんて出来ないと思うんですがねぇ?
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果