徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
02月26日(火)

いやむしろ、終わるというか消えて欲しいんですがね? 

23日付けのMSN産経ニュースの記事から

民主党 無責任な野党で終わるな
202013.2.25 03:13
 野党に転落後、初めての民主党大会が開かれた。「二度と国民の信頼を裏切らない」と海江田万里代表は語ったが、決意を国民の心に届けるには目に見える形で党が変わらねばならない。

 この国をどうするかの明確なビジョンを掲げ、迷走を重ねた諸政策に決別し、転換を図るのが先決である。

 そのためには、党内融和を優先するあまり重要政策の決定を先送りしてしまう体質を正し、リーダーの下、「決めたことは守る」という当たり前の政党になることだ。でなければ、元の無責任な野党で終わってしまう。

 大会では、政権担当能力が欠けていたことを認める厳しい内容の衆院選総括を採択し、これまでなかった党綱領を決定した。

 問題は、憲法について綱領で「国民とともに未来志向の憲法を構想していく」と言及した一方、平和主義など現行憲法の「基本精神を具現化する」としたことだ。改憲と護憲の併記では、いったいどちらなのかわからない。

 象徴的な問題の解決を、党内のさまざまな意見に遠慮して先延ばしするのは変わらない。両院の憲法審査会などで、自民党と本格的な憲法論議を戦わせなければ、政権を担う政党に値しない。

 党の性格付けとして、「働く者」の立場で「既得権や癒着の構造と闘う」と強調した。

 だが民主党に対しては常々、日教組など特定労組への過度な依存体質のあることが批判されてきた。にもかかわらず、党大会で海江田氏が労組の選挙支援への感謝を繰り返したことは、転換への本気度を疑わせる。

 「外交の基軸である日米同盟の深化」を掲げ、自衛力の着実な整備で「国民の生命・財産、領土・領海を守る」と明記した。尖閣諸島を守る具体策を示すべきだ。

 「決められる政治」の端緒となった消費税増税の3党合意を進めることも党再生の第一歩だ。

 衆院選の壊滅的敗北から2カ月を経て、民主党の政党支持率は下げ止まらず、党大会直前には参院議員2人が離党届を出した。

 どん底の状況にもかかわらず政策そっちのけで現実路線を無視しては、日本維新の会など第三極勢力との共闘も望めないだろう。巨大与党に対峙(たいじ)し、必要な政策には協力できる責任野党に生まれ変わるには、なお課題が多い。

 二度目があると舐めた事を考えているってこと自体、反省が足りないと思うんですがねぇ?

 結局、ルーピー&汚沢という最低最悪のコンビが主格として作り上げた詐欺フェストについても最終的な総括の段階では言葉を濁した表現へと軟化させており、反省したのか首を傾げたくなる態度でしたし。

 本気で反省し、生まれ変わろうと思っているのなら、それこそ2大バカだけでなく、作成に関わった人間をすべて明らかにするとともに、罰を与えて然るべきですが、その気もないどころか庇うような態度を示したんですよ?

 それに右から左まで入り乱れて何一つマトモに方針を決められない優柔不断さは、そのまま言葉を濁すことで誤魔化しているわけですから、何ら脱却などしていないだろ、と。

 もっともそれについては、在日からの帰化や日教組・労組出身者、更には在日外国人や過激派などから経済支援を受けている(いた)輩などまで足を引っ張る要員が大量にいるわけですから、当たり前のことを言おう、やろうとしても内部対立に陥って出来るわけがないのも当然だろうと。

 そして何よりも、国民のための政治ではなく、外国人のための政治をやってこの国を潰そうと画策したルーピーを筆頭とする国を害した3匹の総理大臣を選任したことに対する反省が一切ないですよね、コイツらには。

 ルーピーはご存知の通り普天間の迷走で日米の同盟関係に罅を入れるとともに、経済対策を全くせず、逆にバラマキ政策を乱発し、高速の無料化や自動車税の看板掛け替えなど詐欺行為を繰り返し、外交とリーマンショック後の日本経済の低迷を悪化させました。

 続くバ管は大震災において右往左往して救援が遅れ、更には知識人ぶって原発事故の混乱に拍車をかけて事態を著しく悪化させて日本経済と日本国民に甚大な被害を与え、その裏では国家財産を国民に断りもなく韓国に寄贈するなど、害をなし続けました。

 結果、外国人が逃げ出し、当然ながら海外企業も撤退や来日を止めるようになって、震災被害に上塗りするように日本の経済へダメージを上乗せしてくれましたからね。

 そしてバカニ匹が失政による辞任へと至って出てきた野豚。

 これまたどうしようもないバカで、震災後の復興は一向に進まず、挙句はバ菅によってもたらされた韓国の増長を一層招き、更には中国の跳梁までも一層悪化させ、9月には東京都が国民から受けた寄付をもとに買い取ろうとしていた尖閣諸島の一件に横槍を入れ、莫大な税金をばら撒いて購入を決定し、わざわざ一番最悪のタイミングで発表しました。

 結果はご存知の通りで、半月以上も続く暴動を中国各地で誘発させ、中国による侵略行為も一層悪化させ、それでいて買っただけで同地域には何もしないという最低最悪の政策をしました。

 元々東京都は国民の寄付で購入の大半を賄い、更には船着場など設備を整えた後、政府に譲渡すると公言していたのですから、バ管に続きこちらも20億以上の無駄遣いをした挙句、外交関係を最悪の状況に陥らせただけなわけです。

 あの暴動のせいで工場を焼かれ、倒産に至った企業や暴動と反発で主演が辞退して映画がこけ、倒産に至った企業等、野豚のせいで路頭に迷う人たちも出ているんですから。

 であればこそ、これらバカどもの所業とそれができる地位につけさせた自分達の悪行に対する反省と対応、今後の方針は絶対に明らかにせねばならないわけですが、何一つやらないで、もう一度やらせろと喚いているのが海江田率いるバカの残党なのです。

 そんな有様なのですから、社民や共産のように、今後は泡沫政党としてドンドン勢力を弱めながら、何時までも一部の信者を糧にして汚い政党としてこの国に居座り続けるのが関の山でしょうね。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果