徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
02月06日(水)

民主のバカどもの時に言えよと 

5日付けの朝日新聞デジタルの記事から

F35部品輸出-決定過程が見えない
2013年2月5日(火)付
 自衛隊の次期主力戦闘機F35について、安倍内閣が、国内で製造した部品の輸出を認める方針だという。

 では、いったいどんな部品を輸出するのか。国際紛争に使われる恐れはないのか。部品だけでなく、完成品も輸出するのか。肝心なことは、いっさい明らかになっていない。

 レーダーに映りにくいステルス機だが、日本が果たす役割まで見えないというのでは話にならない。日米間の密室協議で結論を急ぐべきではない。

 主力戦闘機はこれまで、米国が開発した機体を日本企業がライセンス生産する方式をとってきた。だが、自衛隊向けだけで輸出はしていない。

 今回、事情が違うのは、国際的な共同生産の輪に日本も加わろうとしているからだ。

 F35は米国など9カ国が共同開発中で、生産も国際的に分業で行う。日本も、国内向けの機体の最終組み立てにとどまらず、「部品製造に参画すべく米側と調整している」(菅官房長官)という。

 従来、日本は武器輸出三原則を掲げ、原則として武器の輸出を禁じてきた。野田前内閣はこれを緩和し、共同開発・生産に加わりやすくした。一方で「国際紛争等を助長することを回避する」方針は維持するという。

 だが、現実には米国はたびたび戦争をしているし、周辺国と紛争を繰り返すイスラエルもF35を導入する方針だ。

 日本製部品が組み込まれたら、この原則を逸脱することにならないか。

 背景には、兵器の開発・生産をめぐる環境の変化がある。

 最新鋭戦闘機の開発費は巨額で、もはや一国では難しい。日本の調達機数は減っており、国内向けだけではコストが高すぎるという事情もあるようだ。

 さらに、民生用の日本製部品はすでに各国の武器に組み込まれているという現実もある。

 かといって、なし崩しに武器輸出が拡大するようなことを許してはなるまい。

 現在でも輸出の是非を判断する基準はある。日本製部品が組み込まれた兵器を第三国に輸出する場合、日本の事前の同意を必要とする。政府は日本の安全保障に資するかどうかなどで判断する--。だが、これだけでは不十分だ。

 武器は攻撃的な性格が強いものか、防御的なものか。部品は民生品に近いのか否か。完成品の輸出も認めるのか。

 こうした点も含め、国民に開かれたかたちで、武器輸出について一から議論すべきだ。

 凄いですよね、この話題を安倍政権批判のネタに使うって発想が出るんですから、流石はバカヒ。

 中途で微妙に触れていますけど、武器輸出三原則を緩和したのは民主党ですし、その理由の一端がこのF35購入に絡むものでした

 生産拠点を日本に置けば、機体の製造が大量に行えるようになるので防衛技術関連企業は活性化して潤うし、技術も色々手に入るし、機体価格も量産効果で低下するというメリットがあります。

 しかし、当時の三原則のままでは他の導入国へ生産した部品などを回すのは無理で、このままだと購入を決定しても生産拠点は他所へ移り、企業の利益も殆どないし、何より生産コストが高いという問題もあった。

 結局、民主党はF-35を購入し、生産拠点を置けるように武器輸出三原則の緩和も行なったと。

 つまりは、今更こんな話題を持ち出し「国民に開かれたかたちで、武器輸出について一から議論すべきだ」とか喚くこと自体が周回遅れ過ぎるんですよね。

 民主党が最初に行おうとした段階で、いや、そもそもF-35の購入を検討している段階で口を出し、輸出との兼ね合いも考えた上で選定をするべきだと主張してなければいけなかった。

 おまけにF-35は機体設計そのものに欠陥があったのか、強度不足などでスペックの性能さえ発揮できないし、ソフトウェアの開発も、まだ納入まで4年もあるのに開発が間に合いませんなどと言う粗末な状況のトンデモ機であり、その間南西諸島の防衛主力はF-4系列なのですから…

 もっとも導入したところで今のF-35は鈍足で機動性も悪いのに、更に制限が科せられ、ソフトウェアの問題で短距離ミサイルも当面使用不能なのにステルス性だけはあるから、アラート任務にまったく向かないんですが。

 いざ戦争となってからなら、早期警戒機などからの情報を元にステルス性を活かし、敵に発見されない遠距離からミサイルをぶっぱなして逃げればいいでしょうけどねぇ?

 少なくとも納入から数年は搭乗予定パイロットの間で回して乗り回す練習機程度の価値しかないだろうし、その間新型機を次々配備する中国の矢面に立つのは時代遅れなF-4系列のままとなるのでしょう。

 話が逸れましたが、何れにせよF-35を購入するとした民主党の判断そのものを一切問題視しないでそのまま放置しておきながら、政権が移ってから喚き出すなど愚の骨頂です。

 ましてや話し合いの内容が「武器は攻撃的な性格が強いものか、防御的なものか。部品は民生品に近いのか否か。完成品の輸出も認めるのか」だなんて、バカにも程がありますね。

 例えば北朝鮮は最近アメリカへの核攻撃を頻繁に喧伝していますが、それでも核と弾道ミサイルの開発は自衛のため、つまりは防衛的なものだと主張しています

 一方、朝鮮の南では同族が、渡河進行能力を付与した戦車や大量の巡航ミサイルを積んだキメライージス艦、航続距離5000kmものステルス無人偵察機、射程1500kmの弾道ミサイル、挙句は反日意識剥き出しで名付けた強襲揚陸艦などの開発や輸入をしながら、それらは対北用の防衛兵器だと主張しています

 さてさて、攻撃的だの防御的だの、一体誰の主観で決めるんですかねぇ、バカヒは。

 どうせならこれら南北朝鮮の主張について朝日の見解を実例として、示して欲しいものです。

 部品にしたって民生品だろうが、日本の場合ゲーム機ですら規制に引っかかるレベルであり、かつてのヤマハ発動機の件を見てもわかるように日本では普通、当たり前の技術であっても悪意を持った連中によって使い方が変われば簡単に凶悪な武器、虐殺の尖兵になるんですから、そんなことも分からない国民に議論をさせることに一体何の意味があるのかと。

 それに、戦争助長がどうだというのもアホらしい話で、イスラエルに輸出するのがどうのとかって本気で心配しているなら、それこそ何で民主党のバカどもがF-35を最有力候補に定めた位の頃にはもうそれを主張していなかったんだって話です。

 それとも、朝日って会社は結局バカ揃いだから、こうやって現実的に話が出てくるまでそれがどういう意味を持つ事なのか、何にも分かっていなかったんですかね?

 何れにしても今更過ぎる話題を持ち出しての安倍バッシングとは、つくづく下劣な新聞です。
スポンサーサイト
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/02/07 00:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果