徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
01月27日(日)

10年の猶予を無駄遣いしたツケ 

26日付けの朝鮮日報の記事から

核の脅迫に備え自衛手段を講ぜよ
2013/01/26 11:36
 北朝鮮の対韓国窓口機関「祖国平和統一委員会」は25日「韓国が国連制裁に直接加担した場合、強力な物理的対応を取る」と表明した。韓米両国の情報機関は、北朝鮮が核実験の準備をほぼ終えた事実をすでに把握している。場所は咸鏡北道吉州郡豊渓里にある万塔山の地下坑道だ。

 韓国政府と米国は「北朝鮮による3回目の核実験を阻止することは難しい」との判断を下しており、また6カ国協議を通じて北朝鮮を説得し、国連による制裁で北朝鮮に圧力を加える「ツートラック(両面)戦略」についても「すでに実効性を失った」とする見方に傾いている。1993年の北朝鮮による第1次核危機から20年、韓米両国は時には対話、時には制裁に重点を置きながら北朝鮮の説得に力を入れてきたが、それらが事実上の失敗に終わってしまったのだ。

 「何があっても北朝鮮の核は容認できない」とする韓国の対北朝鮮政策は「地球的次元での核拡散阻止」を目標とする米国の政策と連動したものだ。朴槿恵(パク・クンヘ)次期大統領も選挙期間中「北朝鮮の核兵器保有は認めない」を前提に「南北が互いに約束を守ることによる信頼の構築を通じ、北朝鮮に変化をもたらす」という内容の対北朝鮮政策を発表した。ところが北朝鮮が核兵器の保有と核武装を既成事実化してしまえば、朴氏が構想する信頼のプロセスは最初からつまずくことになる。

 北朝鮮が「韓半島(朝鮮半島)の非核化は終焉(しゅうえん)を告げた」と公言し、核保有が既成事実化すれば、韓国の対北朝鮮政策と安全保障政策も全面的に修正せざるを得ない。韓国は今なお分断国家として、核兵器を保有する相手と軍事的に対峙(たいじ)するという世界史に前例のない危機的状況を迎えている。韓半島の緊張を高めようとする北朝鮮の策略には決して乗ってはならないが、北朝鮮が保有する核とミサイルに自衛の手段を講じる非常対策に関しては、これ以上先送りできない。

 韓国は米国主導のミサイル防衛体制(MD)について、これを自分たちの包囲網と見なす中国を刺激しないため、MDへの参加を求める米国の要求には応じてこなかった。しかし今や首都ソウルからわずか40キロ先にある軍事境界線の向こうでは、北朝鮮が核兵器とミサイルで韓国を脅迫しているため、MD参加についても改めて検討せざるを得ないだろう。また中国も韓半島の現実を直視し、北朝鮮による核兵器保有阻止にあらゆる手段を動員しなければならない。朴氏もかつてない安全保障上の危機に対応する国家生存戦略の取りまとめを最優先の課題とすべきだ。

 無能大統領の時代より、国力を無視した軍拡をやってきたのは一体なんだったんでしょうかねぇ?

 今更こんな事を騒いでいる時点で、韓国軍の軍事力増強が実際には何処を向いていたのかよく分かります

 「中国を刺激しないため、MDへの参加を求める米国の要求には応じてこなかった」などとほざいておきながら、実際の韓国軍の装備がどうかと言えば、侵略欲丸出しな兵器ばかり買い漁ってきました

 例えば空軍のF-15K、通称キムチイーグルは購入早々に竹島上空で日本への威圧飛行をやったりしていますし、戦闘力以上に航続力と爆撃能力の高さを内外に喧伝し、敵地への侵攻・制圧能力の高さを自慢していましたし、最近ではアメリカからステルス性を持った活動距離5000kmにも及ぶという無人偵察機グローバルホークを購入すると言ってます。

 海軍は出来損ないのキメライージスに巡航ミサイルを大量に積み込んで敵地の破壊能力の高さを、浸水&騒音撒き散らし潜水艦では静音性以上に長期・長距離の活動能力の高さを、更には独島級という侵略用の強襲揚陸艦まで建造・配備しています。

 陸軍ではK-2という自国製エンジンでは動かすことさえできなかった欠陥品戦車を次期主力とし、水深4.2mまでの河川を自力で渡河出来ると、これまた侵攻能力の高さを売りにしていますし、米国との交渉でミサイルの射程延伸なども要求して日本や中国の主要都市を射程に入れたミサイルの開発を本格化しようと目論んでいます

 反面、記事にもあるようにMDなど対北朝鮮用の兵器や装備については全く備えがなく、グローバルホークや長距離ミサイルを対北朝鮮用だなどと嘯いて手に入れるのに軍事費を費やしてきたので、北が強硬手段に出始めた今頃になって慌てだしたわけです。

 一方、日本は90年代にその危険性が表に出てからずっと対策を講じてきました

 パトリオットの配備と更新、『こんごう』級イージス艦全艦を改修してSM3を搭載、その発射妨害の備えとして防空能力に優れた『あきづき』級を建造し、更には北が弾道ミサイル発射をしようとする度に部隊展開や情報網のテストを繰り返し、米国との情報連携でも先日、韓国より上であることが明らかになりましたね。

 代替わりで一層強行で話を聞かない若造へと変わったことによって、今更ながらに北の核と弾道ミサイルの危機を認識したみたいですけど、今更MDだのと騒いだところで購入し、運用する部隊を構築するような予算が今の韓国にあるんですかねぇ?

 ましてやキメライージスにSM3を搭載・運用できるのかは甚だ疑問ですし。

 まぁ、MDに参加するにしても結論が出るまでに相当の時間がかかるし、ましてやそこから購入・配備・運用と進むまでにはどんなに早くても数年は掛かりますから、その間に核搭載の弾道ミサイルが降ってこないことを祈るしか連中にはありませんけどね。

 いやはや、無駄金使って10年もの時間を無駄にした帳尻合わせがどうのと今頃慌てる辺り、本当に愚劣な連中だなぁと呆れ果てますね
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果