徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
01月22日(火)

所詮は大同小異でしかなかったか 

22日付けのMSN産経ニュースの記事から

公明・山口代表「尖閣棚上げ」言及 政府見解逸脱
2013.1.21 22:53
 公明党の山口那津男代表は21日放送の香港のフェニックステレビで、日本固有の領土である沖縄県・尖閣諸島の領有権を中国が主張していることに関し「容易に解決できないとすれば、将来の知恵に任せることは一つの賢明な判断だ」と述べ、「棚上げ論」に言及した。中国年来の主張に沿った発言で、日本政府の立場とは異なる。山口氏は22日からの訪中で中国共産党の習近平総書記との会談を調整中だが、棚上げ論への言及は中国側につけ込む隙を与えることになり、安倍外交の足元を崩しかねない。

 山口氏は中国機による尖閣周辺の領空侵犯に対して、航空自衛隊機の緊急発進(スクランブル)が相次いでいることにも「両国の軍用機が島に近づき合うことは不測の事態を招きかねない」と述べ、日本政府に自重を促すかのような発言を行った。「日本固有の領土」との表現も避けた。

 棚上げ論は、中国が「1972(昭和47)年の日中国交正常化の際、双方はこの問題に触れないことを約束した」と持ち出した理屈だ。日本政府は「領土問題が存在していない以上、棚上げの合意もない」との立場をとり続けている。

 山口氏も17日の記者会見では「(尖閣は)歴史的にも国際法的にもわが国固有の領土で、有効支配を保っている。この主張は(中国側に)しっかりとしたい」と述べていた。与党党首として当然の発言だが、一方で「大局的な観点で関係改善の道を探り、国交回復の原点に戻って意見交換をしたい」とも強調していた。

 今月中旬に訪中した鳩山由紀夫元首相は尖閣諸島を日中間の「係争地」と発言し、中国側におもねった。日本への強硬姿勢を隠さない習体制は「元首相」の肩書を持つ鳩山氏を利用し、安倍政権を揺さぶっているとの指摘もある。

 中国共産党と古くから友好関係にある公明党は、中国側がくみしやすい相手とみている可能性もある。山口氏の訪中は安倍政権発足後、与党党首として初めて。習氏あての安倍晋三首相の親書も携えていく。

 山口氏はインタビューで、安倍政権と中国の「橋渡し」役を担うことに自信をのぞかせたが、肝心の習氏との会談は固まっていない。会談の実現優先のため、予定した地方視察も中止の方向という。山口氏がさらに中国側の意向に沿った発言をすれば、与党党首として大きな問題となる。(酒井充)

 だから公明なんぞとは手を切れとあれ程…

 雇われ店長の言い分に耳を貸す必要はありませんし、その背後にいる創価学会は本来手を結ぶどころか叩き潰して然るべき組織でしょうに。

 大体なんですか、「将来の知恵に任せることは一つの賢明な判断だ」って。

 一昔前にネットで流行った「バカなの、死ぬの」って台詞を言いたくなりますよ、ホント。

 責任を後世へ丸投げしたバカどものせいで今、中国や韓国と諸々の対立が起きているのに、更に先延ばしで押し付けるとか、恥知らずにも程があります。

 問題から顔を背けて、ボクら仲良しですよとか、本気でやろうと思っているならそんな大馬鹿野郎は人間性自体を疑いたくなります。

 まぁ、この国は戦後ずっとそうでしたけどね。

 年金や医療費などを始めとして竹島や北方領土など諸々の問題を片っ端から後世に押し付け、自分達が今を享受することだけを優先してきた

 朝日なんてわざわざ嘘をついて問題を作り出し、後世に押し付けるなんて真似までしてくれていますし。

 おまけに押し付けにした結果、どれも逆に時間の経過で余計なものが絡みつきすぎてもっと解決が困難になっただけです。

 それなのに、また後世に押し付けるとか言い出しているのがいるんですから、恥知らずと罵りたくもなります。

 解決するための智慧も意思も無いで他者へ押し付けるのが「賢明な判断だ」なんて阿呆に政治家である資格なんてありませんから、さっさと辞めちまえと。

 だって、政治家って、国会議員ってそれを成す為の職業なのであり、しかも与党党首でありながらそれが出来ないし、する気もないってんなら、そんな輩には一片の存在価値だってありません。

 しかもまぁ、アレだけルーピーが中国に阿って国民から大顰蹙を買った直後だと言うのに、その直後にコレですから、本気で呆れ返りましたよ。

 「両国の軍用機が島に近づき合うことは不測の事態を招きかねない」と言うのにしても、日本以外の何処の世界に自国の領土、領海に不法侵入しようとする軍を牽制・阻止することを忌避する政治家がいるのでしょう?

 不測の事態がなんだと言うのか?

 国会議員なら、それも与党党首なら毅然とした態度で、人様の庭に土足で上がり込むような馬鹿な真似は止めろ、位のことは言えってんですよね。

 ましてや前回、バ菅が中国の恫喝に屈した結果、一層図に乗った中国が現在の傍若無人極まりない振る舞いをしているという時系列さえ頭にないんですかねぇ?

 まったく、その他の中では多少はマシな政治家かと思っていましたけど、所詮は団栗の背比べ、大同小異のレベルでしかなかったようですね。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果