徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
12月29日(土)

342万人の衆愚 

28日付けのMSN産経ニュースの記事から

行き着く先は「カネ」 日本未来の党、“野合”1カ月で幕
2012.12.28 00:51
 「選挙互助会」と揶揄(やゆ)された日本未来の党が行き着いた先は政党交付金の“争奪戦”だった。勝ち取ったのは小沢一郎氏側。交付金の額は1月1日時点の所属国会議員数などに応じて決まるため、年内に政党の体裁を整えなければ、交付はお預けとなる。小沢氏側が主導権を握る形で“衣替え”を急いだのはこのためだ。結党から1カ月。「カネ目当て」の分裂劇への批判は免れない。(松本学)

 27日に国会内で行われた日本未来の両院議員総会は約20分間で終了した。

 「本物の『脱原発』に向けての第一歩を目指していきたい」

 代表の嘉田由紀子滋賀県知事に近い飯田哲也代表代行は会合後、記者団にこう語り、小沢氏側との対立の根深さをうかがわせた。

 所属国会議員は27日に離党届を提出した亀井静香氏を除くと16人。小沢氏と小沢氏系議員計15人は名称を変えて存続する「生活の党」に残り、嘉田氏と社民党出身の阿部知子衆院議員が党を追われる形だ。

 政党交付金を受け取るには、1月1日時点で(1)所属国会議員が5人以上(2)所属国会議員が1人以上で、国政選挙での得票率が2%以上-のいずれかの条件を満たさなければならない。

 存続する「生活の党」は、日本未来が受け取るはずだった平成25年分の政党交付金約8億6千万円(産経新聞試算)の大半を受け取ることができる。嘉田、阿部両氏らが新たな政治団体を結成しても交付金は受け取ることはできない。

 気になるのは今後の小沢氏側の動向だ。

 日本未来の国会内の控室に27日、就任挨拶のため訪れた民主党の海江田万里代表に、「生活の党」代表に就任する森裕子参院議員は満面の笑みを浮かべて“接近”を図った。

 「海江田万里8票プラスさせていただきました!」

 日本未来は26日に参院で行われた首相指名選挙の決選投票で、8人全員が海江田氏に票を投じている。森氏のパフォーマンスは、小沢氏側と民主党が手を握る新たな“野合”を想像させるものだった。

 いやー、ホントにバカ本龍一とかあぁいう絶賛していたノータリンに聞いてみたいですよね、「ねぇ、今どんな気持ち?」って。

 乗っ取られた側は本物の脱原発がどうだのと、どっちが本家だ元祖だみたいな、低俗極まりない争いを続けるみたいですけど、バカ本に代表される342万人の未来へ投じた阿呆達がどんなシュールな顔をしているのかと思うと抱腹絶倒ものです。

 政党交付金狙い。

 かつて作っては壊しの手法でこれをちょろまかしてきた汚沢に、またも大金が転がり込むのは巫山戯るなと思いますが、権力欲に取り付かれて詐欺師と手を組んだバカ女に、乗っ取られて全てを奪われ、県知事の立場も覚束なくなるというこの結果は何ともお似合いと言えるでしょう。

 で、汚沢と不快な仲間たちは新たな寄生先として古巣を選んだみたいですが、民主党にしてみれば今回大敗した一番の原因であるいい加減なマニフェストの作成と最初のいい加減な政治(ルーピー政権)をやってきた核が、汚沢率いるこのペテン集団ですから、今更協力体制なんて構築できっこないと思うんですがねぇ?

 ルーピーを引退させ、藤井の耄碌も引退して漸く詐欺フェストの主要者を一掃したのに、残滓に擦り寄って来られても流石に拒否するでしょう。

 落ち目という意味でも民主党以上に散々たるものであったことは、1/6以下という悲惨極まりない惨敗率(民主は約1/4)と汚沢以外全員が比例当選であった先の選挙結果(亀井は一人で出て行ったし、汚沢系でもない)が如実に示していますし。

 無計画・無責任な放言を繰り返し、そういうバカに国の舵取りをさせようと画策した衆愚にはお似合いの結果でしたが、そんな票の使い方をするバカどもは総じて自らの愚行を反省なんてするわけもないから困りものですよねぇ。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果