徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
10月19日(金)

真っ当な人間の対応とクズ民主の対応の違い 

18日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

石破氏側に外国人献金…3社75万円、全額返金
 自民党の石破茂幹事長が代表を務める政治団体が2006~11年、在日韓国人が代表取締役などに就く鳥取市内の企業3社から計75万円の献金を受けていたことがわかった。

 政治資金規正法は外国人や外国人が主な構成員になっている団体からの献金を禁じており、石破氏側は同法に抵触するとして全額を返金。石破氏の事務所は「代表者は通称に日本人名を使っており、外国人とわからなかった」と釈明している。

 事務所などによると、11年3月に発覚した前原誠司・国家戦略相(当時外相)の在日韓国人献金問題を受けて、石破氏側が調査。石破氏が支部長の「自由民主党鳥取県第一選挙区支部」が、パチンコ店などを経営する企業グループの3社から献金を受けていたことが判明した。
(2012年10月18日03時05分 読売新聞)

 民主党と同じ外国人献金だぞと毎日なんかは批判口調で記事を書いていますけど、他は何処も上記の読売のように淡々と事実関係を記しただけで特に社説などで取り上げたりもしていない。

 何故かといえば単純で、当人からの説明でも分かるように外国人であると認識していた可能性が殆どなく、しかも自分で調査して判明した時点で即座に返金をしていたから、なんですよね。

 外国人献金を乱発する民主党を追求していた自民党の幹事長が、と言う事から一応やっておこうというような雰囲気が記事にも出てますもんね。

 もっとも、もし献金者がパチンコ店経営者という情報を把握していたのなら、在日の可能性が非常に高いのですから、そこをしっかり吟味しておくべきであったのは間違いなく、批判されても仕方がないと思いますよ

 南北の違いはあれど在日朝鮮人による経営が殆どなのはもはや周知の事実なんですから。

 ただ、民衆党と決定的に違うのが、前原の外国人献金が出たことを受け、自分で石破氏は献金状況の確認をし、問題に即座の対応を行なったという点です。

 ご存知のように民主党の場合は前原の直後にバ管が、次に野豚が、そして今度は法相になった田中がと、次から次へ五月雨式に暴かれてきています

 その上民主党の議員はドイツもコイツも他者から暴かれて、初めて知りました、これから対応しますと。

 真っ当な人間であれば石破氏のように他人のふりを見て我がふりを見直すものですが、所詮売国とペテンで出来た成りあがり集団にはそんな常識は通じないということです。

 普通、ルーピーの故人献金事件を始めとして最初の二人、僅か二年の間に政治とカネで幾度も問題を起こしているのですから全党員にチェックを厳命しているのが当然だし、なくても自分でやるだろうと思いますし、ましてや民主党は野党時代にアレだけ自民党を政治とカネの問題で腐敗しきっているからダメだと罵倒してきたんですから、自らが同じ事態にならないように身辺チェックをし、前もって備えるのが当たり前だと思いませんか?

 それにしても、問題はやはり通名と言う名の偽名を用いて政治献金さえ出来てしまう現状ですよねぇ?

 法律を改正して実名でしか在日が活動できないようにいい加減、きっちりと締め上げるべきですね。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://folke.blog41.fc2.com/tb.php/2720-7065d9fd

1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/12(火) 18:20:55.11 ID:nroY1ldH0● ?BRZ(10000) ポイント特典メディアを沸かせた凶悪事件の年齢がほどんど同じだとネットで話題にhttp:...
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果