徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
10月09日(火)

人的資源の価値を理解出来ない元取締役 

26日付けのTwitterから

河津秋敏@kawazuakitoshi
お腹痛い! の人が総裁になった。自民党の人は優しいな。自分の仕事だったら、
「病気だから仕方ないよ。次、頑張ろう。」と声は掛けるが、同じ立場の仕事は二度とやらせませんよ。
2012年9月26日 - 7:54

 何か、こんなのもいたみたいですね。

 肩書きは株式会社スクウェア・エニックスエグゼクティブプロデューサー・元取締役・第2開発事業部長だそうで。

 私の印象は聖剣伝説をダメにしたロクデナシプロデューサーって感じだったんですけど、FFやサガなどスクエア関係の作品に広く携わってきたみたいですね。

 それにしても、能力の有無ではなく、難病克服の経験があるかないかが仕事をさせるかさせないかの分岐点とはねぇ?

 健康なだけの無能に仕事をやらせてたんじゃ、新しいハードが出る度に新作ではなく旧作の単なる移植作ばかり出すという過去の遺産に縋る真似を恥じらいもなく延々繰り返すしかないのも納得ですし、PSP版FFTのようにただの移植ですらバグだらけの欠陥品が出来上がるのも納得です。

 ゲーム造りなんて過酷な現場で病気から復帰した人間に笑顔で優しい言葉を掛ける裏で、優秀かどうかに関わらず一度病気になったってだけで排斥していたんじゃ、そりゃ技術力もチェック能力も無い素人だらけになるでしょうからねぇ?

 愚かにも人材育成に掛かるコストや期間、つまりは人的資源の価値が全く理解できていないんですよ。

 まるで技術者や研究者まで見境なく動員し、国力や開発力を落として自らの敗亡を早めた旧日本陸軍のように。

 そりゃあスクエアエニックスがここまで凋落してしまうわけだと激しく納得できましたよ。

 と言うか、国から認められている難病の罹患に対する認識が「お腹痛い!」程度の阿呆が元取締役だとか、そりゃあブラック企業だと叩かれるのも当然ですし、こういう病気に対する認識の低さ、差別感情がこの日本をして人権などの問題で欧米から叩かれる原因なんですけど、世界規模でマーケティングをやっている会社の元取締役レベルでさえコレじゃあ仕方ないですよね。

 ホント、これじゃあ企業力が落ちてロクな作品が作れなくなるのも当然ですね。

 因みに私はFFシリーズはコイツの作ったFF7の電波さに飽きて、以降のスクエア作品は殆どノータッチです。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果