徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
10月04日(木)

どっちが痛みをわかっていないのやら? 

2日付けの琉球新報の記事から

オスプレイ配備強行
県民の痛みがわかっていない
2012年10月3日(水)
 米海兵隊が岩国基地(山口県)に一時駐機していた新型輸送機オスプレイ12機のうち、1日に6機を、2日に3機を沖縄の普天間基地に移駐させました。配備を強行したことに沖縄県民の怒りが噴き上げています。

 岩国基地に残る3機のうち2機は部品交換などの追加整備が必要で、移駐が終わるまで数週間かかるといいます。こんな状態で配備を押し付けるなどとんでもないことです。反対を押し切って強行した日米両政府への不信と反発はかつてなく激烈です。

民主主義と人道に反する

 沖縄県民は先月参加者が10万人を超える大規模な県民大会で、配備は「とうてい容認できるものではない」と決議したばかりです。県議会は1日にも緊急抗議決議をあげました。県下の地方議会すべてが反対決議をあげ、仲井真弘多県知事や佐喜真淳宜野湾市長など首長も抗議しているのに、問答無用でオスプレイを県民に押し付けるのは民主主義と人権をじゅうりんする暴挙です。

 米海兵隊がオスプレイを順次普天間基地に移駐させているのは、予定通り10月中の本格運用を狙うからです。森本敏防衛相や野田佳彦首相がアメリカのいい分をうのみにした「安全宣言」をだして、配備の強行に手を貸した野田政権の責任はきわめて重大です。

 オスプレイはちょっとしたことでも操縦が不能になり、墜落をくりかえしている危険な欠陥機です。重大な事故を起こすことを県民が懸念するのは当然です。仲井真知事が「自分の頭に落ちてくる可能性があるものを誰が分かりましたといえますか」と怒りをあらわにしているのは当たり前です。

 日米両政府は、低空飛行はできるだけ避けることや市街地上空での飛行を避けるなどの「運用ルール」を結んでいますが、それが守られる保証はありません。実際、オスプレイは普天間基地に向かうさい、沖縄の人口密集地上空を飛び、もっとも墜落の危険が高いとされるヘリモードへの転換も行いました。安全のために「できる限り避ける」としていた日米の合意をほごにしたことは、沖縄県民の命を軽んじる米軍の横暴さを示すものです。

 沖縄県民には米軍機がなんども墜落し、少なくない県民が犠牲になった記憶が残っています。1959年の宮森小学校への墜落事故では、後遺症で亡くなった人も含めて子どもや市民18人が亡くなりました。2004年にも普天間基地そばの沖縄国際大学にヘリが墜落し、周辺住民を恐怖に陥れました。いつ落ちるかわからないオスプレイを県民に強いるのは、人道上許されない無法な仕打ちです。

安保なくせの声強めて

 憲法は国民に「平和のうちに生存する権利を有する」と明記しています。日米両政府が日米安保条約=日米軍事同盟を盾に県民と日本国民にオスプレイを押し付けたのは、沖縄県民が平和のうちに暮らす権利をふみにじるものです。

 世界一危険な普天間基地に危険な欠陥機を配備すれば、墜落しない保証はまったくありません。

 オスプレイ配備撤回と普天間基地撤去を迫るとともに、日米両政府が問答無用で危険な軍用機を押し付ける日米安保条約なくせの声を、いまこそ強めることが求められています。

 頭の中が既に化石化している旧世紀の遺物、共産党だけあって主張がトコトンデタラメですね。

 自分達が危険だ危険だと喚き立てるから米軍だって整備に神経質になって万一がないように対処しているのに、今度はそれを論って非難って、じゃあ整備不良の可能性があったまま飛ばした方がいいとでも言うのでしょうかね、このバカどもは。

 先月の県民大会に至っては遂にあの朝日新聞でさえ2日付けの社説『オスプレイ配備―沖縄の怒りを侮るな』において「先月の県民大会には、お年寄りから子供まで、組織されない人たちもふくめて数万人もが集まった」と記しており、初めに数字ありきの自称10万人が既に妄想の産物に過ぎないことを、支援するマスゴミ筆頭の朝日であっても否定できないところまできているわけです。

 まぁ、そりゃそうですよね?

 だって毎回倍どころか5倍とか下手をすると10倍とか余りにも馬鹿げた盛り方をして、即日航空写真からその嘘が見抜かれている状況なのですから、そんな妄想に付き合ってまたもクレームの電話に業務を取られるのは流石の朝日であっても堪らなかったのでしょう。

 しかも行政あげて、公務時間中に税金を使ってと違法行為のオンパレードでやって、県外の活動家を呼び集めてもそんなお寒い現実なので、もはやその妄想に付き合えるのは同じ妄想の産物である共産党などだけでしょう。

 何せ批判材料として今度は以前エントリにも記した宮森小学校への墜落事件を持ち出しているんですから、そのバカさと浅ましさは実に醜悪です。

 半世紀以上前の黎明時代のジェット機、それも単発機による事故を現代の最新技術で作られたターボプロップ式の、それも2発エンジンを持つオスプレイと比較するなんて、ペンギンと鷹を同じ鳥だからと性能比較する位馬鹿げた話です。

 大体、整備不良による事故と欠陥があるから墜落の危険がと騒ぐ機体と比較することからして話の筋が通りませんし。

 そして最も阿呆らしいのが「いつ落ちるかわからないオスプレイを県民に強いるのは、人道上許されない無法な仕打ち」という一文ですね。

 相変わらず阿呆の仲井真も「自分の頭に落ちてくる可能性があるものを誰が分かりましたといえますか」などとトチ狂った暴言を吐いていたようですけど、いつ落ちるかわからないって、それはすべての航空機がそうだっての!

 墜落の可能性が絶対に無い航空機なんてものがこの世に存在するならまずはそれを見せてみろと。

 落ちるのがいつか分かっているなら、それこそ明らかな欠陥機ですし、どんなに優秀な機体でも空を飛んでいる以上は欠陥の有無に限らず、整備不良やバードストライク、落雷や視界不良、果てはパイロットの急病やテロなど様々な要因で墜落の危険は常にあるのが当たり前なんですけど、それにだけ敵意を向けるのに夢中になっているバカどもにはそんな当たり前に過ぎない現実すら見えなくなっているんです。

 あと、大学に落ちたのはCH-53、通称スタリオンという彼此初飛行から半世紀近く立つ老朽機であり、米軍航空機でH-53系は最も高い事故率を記録しています。

 一方でオスプレイはと言えば、米軍における事故率の平均以下であり、むしろスタリオンを無くしてオスプレイに変えた方が安全性が向上するし、騒音問題についても昨日のエントリで記したとおりオスプレイは改善に貢献できるのですから、反対することそのものが異常なんです。

 まして市街地を飛ぶのが嫌だ、怖いと喚くのであればそれこそ辺野古への移設をさっさと済ませればいいだけなのに、わざとそれを妨害して自ら危険とやらとの同居を選んで言い掛かりをつけているのですから、つくづく頭がオカシイ。

 「世界一危険な普天間基地に危険な欠陥機を配備すれば、墜落しない保証はまったくありません」なんて暴言も赤旗は記していますが、例え世界一安全な基地なるものがあったとして、そこで墜落事故が起きない保証があるのならまずはそれを見せて欲しいものです。

 ま、記事を読んで分かるように連中には具体性が何処にも全くなく、抽象論で罵倒をしているだけ。

 代替案も示さずに、オスプレイ配備撤回と普天間基地撤去だの、安保なくせだの、実現不可能な妄想を並べ立てて中国の尖兵として活動する日本共産党こそ早くこの国から無くなって欲しいものですね。

 本気で県民のことを考えているのなら、連中の自称する世界一危険な普天間基地を移設させもせず、機体の更新も認めないで事故率の高い老朽機を使い続けさせるなんて、絶対に出てくるわけがありません。

 以前から書いているように、連中の本音は反原発・反米軍とやることで同志やスポンサーを集めることであり、だからこそ嘘と並べたて、県民を煽ってこの問題が解決しないようにこそ尽力しているのですから、そんな連中が他人の痛みを理解するというかそもそも気づく事自体ないままでしょうよ。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果