徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
10月02日(火)

システム再構築ノ要アリ 

1日付けのMSN産経ニュースの記事から

外国人受給世帯4万世帯超 22年に最多更新
2012.10.1 00:38
 今年度の生活保護費が当初予算で3兆7000億円に達し、不正受給に対する厳罰化など給付適正化の議論が進む中、生活保護を受けている外国人の世帯が4万世帯を超え、過去最多を更新したとみられることが30日、厚生労働省への取材で分かった。日本に永住、在留する外国人の数は横ばい傾向だが、新たに生活保護を受ける外国人世帯は増加している。

 厚労省によると、平成22年7月現在、外国人の生活保護受給世帯は4万29世帯で、前年同期約5000世帯増加した。昭和32年から始まった世帯別の統計では、41~61年は外国人の統計が残っていないものの、外国人受給者の推移などから、これまでに4万世帯を上回ったことはないと推定され、22年に過去最多を更新したとみられる。外国人が世帯主の受給者数は6万8965人(22年平均)だった。

 法務省の統計では、日本に永住、在留する外国人は215万人前後でほぼ横ばいで推移。平成17年から20年までは年約1000世帯のペースで受給世帯が増加していたが、21年に前年同期比約4000世帯増。近年は特に増加傾向が加速している。

 国籍別では、韓国・朝鮮人(2万7035世帯)が全体の3分の2を占め、次いでフィリピン人(4234世帯)、中国人(4018世帯)と続いた。

 「外国人が世帯主の受給者数は6万8965人」と言う事は、単純計算でその3分の2である、約4万6000人が南北朝鮮人であり、大体1世帯あたり1.7人の受給率とは…

 いやはや、自国のことながら日本政府のお人よしっぷりとそこにつけこむチョウセンヒトモドキの浅ましさには毎度ながら呆れ返りますね。

 大体、国民を救うためのシステムで何で関係無い外国人を救うわねばならないのか理解しかねますし、しかもそれが前年同期比で5000世帯も増えたって…確か基本額が一人一月13万円位でしたから、大体1世帯あたり1.7人で行くと一月の負担が外国人世帯5000世帯の増加によって11億500万円も増加しているってことで、年間にすれば132億6000万円の負担増…明らかに外国人から食い物にされているってことじゃないですか。

 そんなのに莫大な額を外国人に出すせいで、本来受給できるはずの国民が出来ずに餓死したり、或いはシステムの維持が出来ないからと増税をされたりするのですから、構造的にもはや完全な欠陥を抱えていると思いません?

 解決策は外国人への一切の支払い停止であり、自給自足が出来ず、養い手もいない場合は強制送還を可能としてしまうことですけど、現実には中々難しいでしょう。

 本来祖国が負うべき負担とはいえ、そこまでのことをすれば腐った弁護士どもを中心に、国内外のジンケンガーが口を揃えて騒ぎ出しますからね。

 目先のミクロ視点でしか物事を捉えられない阿呆どもにしてみれば、人権侵害だの生存権を冒されただのと正義を翳して他人を罵倒する絶好の機会になります。

 先程も記したとおり、その馬鹿げた行動こそが本来守られるべき人々の人権や生存権を阻害し、死という実害さえ時にもたらしているのですが、連中は視野狭窄に恒常的に陥っている馬鹿故、そこまで知恵が回らない。

 トリアージと言うものを知っているでしょうか?

 災害現場など多数の被害者が出て、限られた設備や道具、人材の中で最善を尽くすために、処置の優先度を決定することを「トリアージ」というのですが、死者や助かる見込みの無い者、逆に軽症者などを判別し、緊急性の高い、早急に処置すれば助かる命が失われる危険性がある者の処置を優先させるシステムで、元々は軍隊で使われていました。

 そのトリアージと一緒で、有限である生活保護という資源を有効活用するにも分配先のランク分けが必要です。

 つまり、日本人の保護受給が最優先であり、当然ながらその適否の審査も最優先。

 外国人は二の次三の次であり、予算に十二分な余裕と、支出に値するだけの事情の有無をしっかりと調べた上で、帰国を勧められない場合に限り、期限や金額の制限を大きく科して受給させるというようなものに変えねば、全くの無駄飯食らいが増え続ける一方です(無論将来的には外人への受給は全面的な廃止をすべき)よ。

 例えば給付期間は最大でも半年や一年、額も国民の半分か多くても3分の2程度などとし、受給している人間の母国に対して受給者の情報開示と、母国からの帰国斡旋や保護などもするよう省庁間で協力して要請を行うとか

 生活保護は金額が年金を上回るどころか、倍近い額が貰える上に医療費などがタダとなり、原資は税金など我々日本国民が働いて収めた国民のために使われるべきお金なのですから、支出について国民が納得出来ない仕組みになっているってのが許容されてはなりません。

 まして目的外出費で財源が枯渇だの、負担が増大だの、そんな馬鹿げた話に納得が出来るかと。

 母国で食っていけないなんてのは当人らの問題であって日本が知った話じゃありませんし、ましてや外国人に日本に寄生されてまでいてもらわねばならない理由なんてないんですから、お帰りいただくのが筋ですよね?

 特に酷い朝鮮人は即刻お帰りいただきたいものです。

 在日外国人の総数が215万人で、受給が約6万9000人(例外も可能性はある)ということは受給率約3%なのにも関わらず、朝鮮人の総数54万人以上で約4万6000人なので受給率約8.5%と3倍近い異常な高さを示しているんです。

 日本にとって害にしかならない朝鮮人の一掃。

 これは吉田茂の時代からの日本人にとっての悲願であり、今こそ実現すべき喫緊の課題ではないでしょうか?

 どうせだから大江健三郎とかあそこら辺の異常者もついでにプレゼントしてやれれば最高ですよねぇ?
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果