徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
04月17日(火)

人の命が禁固3ヶ月分程度の価値しかないノルウェー 

15日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

犯罪行為ではない…ノルウェー連続テロ犯初公判
 【ロンドン=佐藤昌宏】ノルウェーの首都オスロなどで昨年7月に77人が死亡した連続テロ事件の初公判が16日、オスロ地裁で開かれた。

 テロと計画殺人の罪に問われたアンネシュ・ブレイビック被告(33)は「殺害は認めるが、犯罪行為ではない」と無罪を主張した。

 ブレイビック被告は、爆弾や銃乱射によるテロ行為について、「残忍だが必要なことだ」とした上で、「ノルウェーへの異文化持ち込みやイスラム教徒の欧州侵入を許した『国への裏切り者』に対する自衛行為だった」と主張した。単独犯だった、とも語った。

 被告を巡っては、昨年11月の精神鑑定で「障害あり」とされたが、10日に出た再鑑定の結果は「障害なし」だった。公判で「責任能力あり」と判断された場合、最高で禁錮21年の刑が科せられる。
(2012年4月16日20時32分 読売新聞)

 一応、『人道に対する罪』というものがあり、こちらはより重いのですが、それでも禁固30年というのですから、死刑廃止が如何にバカげた結果をもたらしているかわかりますよねぇ。

 だって通常の犯罪として扱われた場合、スムーズに結審したら54歳で出所できるんですよ?

 その気になればもう一度繰り返して、それでもまた出所できる可能性すらある

 まぁ、だからこそノルウェーでは死刑の復活を求める声が出ているんでしょうけど、こんなのが人道とやらを追い求めた高尚な白人様の結果だとくるんですから、本当にバカらしいとしか言いようがありませんね。

 こんな異常者1匹すら処分出来ず、好き勝手に放言させてたかだか20~30年で放逐するのが人道だなんて、滑稽千万ですよ。

 被害者や遺族の心情なんて二の次、三の次で、テロリストの命こそ至上だなんて、正直頭がイカレているとしか私には思えない法制度ですね。

 77人が殺されて通常なら最高で21年ですから、この場合、被害者1人当たりの命はこのテロリストの人生3ヶ月分程を牢に繋ぎ留める程度しか価値がないって計算になります

 そりゃ被害者遺族が怒るのは当然ですよねぇ?

 でも、そんなバカげたシステムを導入し、死刑廃止が文化的だの進歩的だの人道的だのと吹聴して死刑制度を維持している国を見下してきたのがノルウェーなど欧州の白人国家ですからね。

 日本でも死刑反対派だった人間が、実際に身内を殺されたことで賛成派に鞍替えしたなんて話がありますけど、結局は自分の存在を崇高だと勘違いしているからいざ自分が被害を受けた側に立つと理想よりも感情が先に立つのでしょう。

 酷なようですけど、我々を散々見下してきたそのツケであり、自らが選んできた道なのですから、如何に無念であり、許せないと思っても受け入れろって話ですね。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果