徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
03月23日(金)

若いと言うより単に愚かなだけ 

21日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

北朝鮮、粛清に迫撃砲まで使用!?
2012/03/22 08:09
人民武力部副部長、銃殺ではなく迫撃砲で処刑か

金正恩氏「髪の毛1本すらも残すな」と指示

 北朝鮮の事情に詳しい消息筋が21日語ったところによると、昨年末に金正日(キム・ジョンイル)総書記が急死した後、金正恩(キム・ジョンウン)氏が権力を掌握する中、北朝鮮軍部で前代未聞の「粛清旋風」が巻き起こっており、処刑も大砲を使用するなど残忍なものになっているという。

 この消息筋は「金総書記に対する追悼期間が終了し、正恩氏が朝鮮人民軍最高司令官に就任した昨年12月30日以降、北朝鮮で連日のように将官たちの消息が途絶える事態がしばらく続いた。先月以降に相次いで寄せられた情報を整理したところ、粛清された将官は2桁に上ることが分かった」と語った。これは「将軍様(金総書記)の追悼期間中にでたらめなことをしたやつらを全員抹殺せよ」という正恩氏の指示に基づくものだ、とこの消息筋は指摘した。

 とりわけ、金総書記の追悼期間中に酒を飲んだとして摘発された人民武力部(省に相当)副部長の場合、当初は公開銃殺されたと伝えられていたが、実際には「髪の毛1本すらも痕跡を残さぬように」という正恩氏の指示に基づき、人々が見ている前で迫撃砲を使用し処刑した。遺体の痕跡を見つけるのも困難なほど、むごたらしい処刑が行われた」と前出の消息筋は話した。処刑する人物を立たせた場所に砲弾を着弾させたというわけだ。

 こうして粛清された将官の中には、第一線の軍団長も含まれているという。北朝鮮に詳しい消息筋は「咸鏡北道清津市に駐屯する第9軍団の司令官は、金総書記の追悼期間中にセクハラ行為を行ったとして処刑されたとの情報がある」と語った。

 金総書記も1998年に政権を掌握した後「全国に銃声をとどろかせよ」と指示し、軽犯罪者までも処刑したことがある。

 だが、正恩氏のやり方は、当時に比べてもはるかに暴力的な手段を用いているとみられる。対北朝鮮関係に詳しい消息筋は「期待に反する軍部の忠誠心が、20代後半の正恩氏の『年齢コンプレックス』を刺激したのではないかとみられる。正恩氏の側近中の側近である金正覚(キム・ジョンガク)朝鮮人民軍総政治局第1副局長が、このような「特段の措置」を提案した可能性が高い」と語った。

李竜洙(イ・ヨンス)記者

 いやはや、事実だとすれば父親にさえ勝る狂人ぶりをたかだか20代で見せているってことですね。

 そりゃあ折角合意に至ったアメリカとの約束だって面子第一で反故にするなんて行動を起こすのも納得です。

 理屈とか理性でどうにかなる相手じゃないってことですもんね。

 たかだか一人の処刑に迫撃砲を持ち出すなんて、バカっぷりをアピールするだけですよ。

 それにしてもまぁ、同じ三男坊から将軍になって国の実権を握った人物に、日本では徳川吉宗がいますが、見事なまでにやることが正反対ですね。

 吉宗は放漫経営で財政事情が悪化していた幕府を建て直し、更には小石川療養所や目安箱の設置などを始めとして改革と呼ぶに相応しい政治を行いました。

 サツマイモやサトウキビの栽培などもそうですね。

 恐らく吉宗が将軍にならなければ幕府の財政事情はもっとずっと早くに破綻状態となり、末期には相当な政治的混乱と庶民への負担増、飢饉による大勢の餓死者などが起こっていたのではないでしょうか?

 だからこそ『暴れん坊将軍』なんて時代劇も作られるほどの人気を博している。

 一方で、北の三男坊はと言えば、これまでにやったのは処刑だけ。

 折角部下が纏めたアメリカによる援助の話も先軍政治で台無しに。

 海外留学までやって何を学んだんでしょうかねぇ?

 朝鮮日報の別記事に寄れば、今回北が企んでいる弾道ミサイルの「製造と発射場の建設費用8億5000万ドル」ほどになるんだそうです。

 その記事では、これは米なら約141万トン、トウモロコシなら約250万トン、小麦粉なら約212万トンを購入できる額になるそうで、アメリカの援助額を遥かに超える食料を本来ならば自前で調達できたということです。

 「国連食糧農業機関(FAO)、世界食糧計画(WFP)、北朝鮮関連専門家たちは、北朝鮮の昨年の食糧不足分は70万トンで、北朝鮮住民約600万人が食糧不足に苦しんでいるものと推定している」

 つまりは米で換算すれば不足分の倍、小麦粉ならば3倍もの食料を得られたのに、意味の無い弾道ミサイル開発に費やして国民の4人に1人以上を飢えさせている(北朝鮮の人口は2400万人に満たない)というのです。

 そりゃあ軍人ですら飢餓に耐えられずなんて話が出てくるわけですよね。

 それで「期待に反する軍部の忠誠心」なんてものに怒り狂って処刑の乱発をしたというのなら、トンでもないバカですよ。

 古来より如何に精兵といえど、糧道の絶たれた軍隊が簡単に壊走させられたという戦闘は幾つもあり、逆に補給線確保されている事で少数ながらも大軍相手に長期間持ちこたえたと言う話もある。

 つまりは、士気の維持、忠誠心の維持において最も重要なのが食料など補給の確保であり、兵に不安や不満を与えない事なんですが、それを理解せずにミサイルだけ造って偉大だ強大だとアピールしたって士気や忠誠心など確保できるわけがない

 そういうのは十二分に満たされている状態で初めて意味を持つのですから。

 それと、喪中に酒を飲んだから処刑なんて話がありましたけど、三国志最強と言われる武将、呂布が戦場で似たようなことをやって部下の離反を招き、最後は裏切った部下に捕らえられて曹操に突き出され、首を刎ねられて死ぬんですよねぇ…

 ましてや相手は中国人じゃなくて、恨みが文化の野卑な自分達朝鮮人だって理解しているかと

 上級将校ですら、そんな粛清が当たり前となるようでは、その内側近が身の危険を感じてなんてことも起こりうるんじゃないかって思えますね。

 朝鮮日報『ミサイル:発射1回で2年分のコメ不足分買える資金吹き飛ぶ』
 http://www.chosunonline.com/site/data/
html_dir/2012/03/20/2012032000783.html
スポンサーサイト
享保の改革を推し進めたとして教科書に掲載され、暴れん坊将軍としても有名な人物ですね。
後継の九代将軍には長男の家重を選び隠居していますが、家重に対してはどういった印象がありますか?
[ 2014/07/24 20:48 ] ラックス [ 編集 ]
隠れた名君などの高評価をしている人もいますが、基本的には低評価な人物ですよね。
実際、将軍職にあった期間もさして長くない上に隠居した吉宗が数年間実権を握っていたことや当人の功績として残されるような何かをしたという話もないだけに、「無事コレ名馬」じゃないですが、次代へ無事将軍職を譲れたことが最も評価されるところなのかもしれませんね。
[ 2014/07/30 08:58 ] folke [ 編集 ]
さほど悪いこともしなかった感じですね。
隠れた名君との評価の中では賄賂政治という悪評がつけられたが現在は先進的な経済対策を進めたと再評価を受けている田沼意次を登用して10代将軍の家治にも田沼を重用するようにと遺言するなど人材を見抜く目はあった、という話もありますが実際当たっているのでしょうか?
[ 2014/07/30 16:42 ] ラックス [ 編集 ]
忠臣蔵の敵役としてあれだけ悪し様に描かれる、吉良上野介が地元では名君として今も崇められているのと同様に、歴史ってどうしても勝者の一方的な主観が多く残り、人物像全体までを歪ませることも珍しくないですからね。
実際、田沼も藩主としては様々な改革によって地元では高評価の人物ですし。
ただまぁ、結果論で言えば田沼の老中としての改革は失敗続きでしたし、松平定信らに取って代わられた直後はあざける歌まで作られるほどだっただけに、家重の人物眼評価となると難しいところですね。
[ 2014/07/31 12:58 ] folke [ 編集 ]
一概には言えませんね。
田沼は老中の座を松平定信に奪われ自身が藩主を務めていた遠江相良の領地と城を没収のうえ江戸の屋敷に閉門という処分を受け数年後世を去りましたが、ある意味お気の毒なのでしょうか?
[ 2014/07/31 21:27 ] レックス [ 編集 ]
確か他の者に比べてかなり苛烈な処分をされたし、賄賂政治の噂も追い落とした連中が流したんでしたっけ?
しかも没収してみたら実際には賄賂で蓄えた私財なんて全然無かったなんて話もあるとか聞いたような…
正直、真偽については判りかねますが、政争に敗れた悲しい末路ですよね。
[ 2014/08/03 10:11 ] folke [ 編集 ]
さぞかし無念だったと思います。
松平定信は田沼を賄賂政治と強調し寛政の改革を行い、数年後に退きましたが、その成果たるものはあったのでしょうか?
[ 2014/08/14 23:44 ] レックス [ 編集 ]
徳政令に似た棄損令は商人に大きな損失を出させましたし、一部は取り潰しにまで遭いましたから、反発と結束を招いてその後の貧乏御家人達の生活に大きく響いたと思いますし、学問の束縛なども医学分野の発展などを大きく阻害したと思います。

無論、幕政を吉宗時代に続けて引き締めたことで、幕府の延命には一役買ったとは思いますが。
[ 2014/08/17 10:23 ] folke [ 編集 ]
正直田沼より評価が低いですね。
定信は田沼が嫌ったのは自身を恐れて田安宗武の子である自分を白河藩の松平家に養子に出して将軍の座を継げないようにしたという思いがあったようですが、田沼への嫉妬も含まれていたのでしょうか?
[ 2014/08/24 22:21 ] レックス [ 編集 ]
定信 が 田沼 を に訂正します
[ 2014/08/26 16:21 ] レックス [ 編集 ]
定信は吉宗の次男の田安宗武の息子で、
将軍の座に近かったにも関わらず
白河藩松平家に養子に出されたことで、
次期将軍の座を逃したと田沼を恨み、
改革の否定や厳しい処分をしたといわれて
いますが、定信が将軍に就いていたら
どうなったのでしょうか?
[ 2014/09/01 22:32 ] レックス [ 編集 ]
流石に心情までは察しかねますが、何時の時代、どんな場所でも権力の座を巡る地の争いって悲惨な例が多いですから、そういうものがあったからこその苛烈な処罰がされたとしてもおかしくはないんじゃないかなって思いはします。
[ 2014/09/15 10:16 ] folke [ 編集 ]
人は立場や経験で結構変わることがあるので、一概にはこうだとまで言えませんが、生来の生真面目すぎる性格が将軍になっても発揮され、将軍職を次代に譲位するまでかなり圧迫された雰囲気の時代になってしまったのではないでしょうか?

吉宗の優れたところは、小石川などでも判る様に幕府の財政改革と同時に市民生活の向上も目指していたことと、そのための手段に目安箱の設置するなど当時の常識から大きく外れる、市民の目線を持とうとした発想とそれを実行に移す行動の柔軟性にあると思いますが、定信の政治からはそういう部分が殆ど伺えませんので。
[ 2014/09/15 13:11 ] folke [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://folke.blog41.fc2.com/tb.php/2560-60b207b8

1 :ジャガー(埼玉県):2012/06/09(土) 19:54:58.57 ID:f3NFaB/HP ?PLT(12000) ポイント特典中国大手検索サイト百度の掲示板に「どうして中国文化は日韓であまり受け入れられないのか」というスレッドが立てら...
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果