徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
03月12日(月)

口先だけの活動 

11日付けのMSN産経ニュースの記事から

東京でも追悼式典 石原知事「祈るだけなら誰でもできる」
2012.3.11 18:46
 東京・元赤坂では、民間主催の追悼式典が開かれた。津波の犠牲になった宮城県南三陸町職員、遠藤未希さん=当時(24)=が防災無線で最後まで続けた避難呼びかけのテープが流れされた後、首都圏を中心とした参加者約700人が午後2時46分、静かに黙祷(もくとう)をささげて犠牲者を悼んだ。

 式典には、大きな津波被害を受けた宮城県気仙沼市の和太鼓団体「八幡太鼓」メンバーの小中学生ら5人も参加。「津波で町が流れていった悲しさは言葉であらわせないが、復興に向け私たちが頑張っていることを伝えたい」と力強い演奏を披露した。

 また、石原慎太郎東京都知事が講演し「祈るだけなら誰でもできる。行動をしなくてはだめだ」と語り、進まない災害がれきの広域処理など、復興の遅れに危機感を示した。

 代表的なのが、同日に各地で反原発デモをやっていたバカどもですね。

 最近じゃ似非右翼まで参加しているそうですが、どれだけ集まっても所詮はバカの群れ。

 相変わらず「原発嫌だ!怖い!」「だから無くせ!」と感情論を撒き散らすだけで、1年経っても代替エネルギーをどう確保していくのか、電気料金の問題をどうクリアするのかという根本的問題へのロードマップは一切出さずに「自然エネルギーへの転換を出来る!出来るんだ!」と意味の無い精神論を延々翳すだけ。

 意味の無い祈りを捧げて、実際にどうこうしようという行動は何もしていないんですから、そのバカさには侮蔑しか抱けませんよ。

 その為に自分達が毎回費やしている交通費などを集めたら、どれだけの事が出来るかって考えた事が無いんでしょうね、きっと。

 例えば1人500円交通費が掛かっていたとすると、3000人なら150万円になる。

 それを全国各地でとなれば、たった1日分でも相当な額になるわけですから、自然エネルギーの研究開発費に回すなり、設備投資に回すなりすれば全く実現性を欠いたただの妄想を、現実にする一助となるかもしれないのに

 ピーチク喚いたところで何の意味も無いどころかむしろ無駄の積み重ねでしかないこの手のデモをよくもやれるものです。

 連中って行動するの意味を完全に履き違えているんですよね。

 まぁ、単なる核アレルギーで喚いているだけだからそれ以外のこと、それ以上のことなんて何にも考えていないし、責任や負担を負うようなことは一切したくないって無責任で無思慮な考えが根底にあるんでしょうけど。

 あとは何時もの売名と自己満足ですね。

 既に電力の大幅な値上げは予告されており、更にはそれでも電力の不足も言われている。

 加えて代替手段が無いために老朽施設などをこのまま使い続けるために故障や事故を引き起こす可能性は高いし、その場合には更に減少したエネルギー量を分け合ってやっていかねばならない…

 そもそも昼間晴れて、夕方スコールがあってまた晴れるというような南の島国ならいざ知らず、日本で晴天の日は精々年間の6割程度(200日ちょっと)ですからね。

 中でも最も低い秋田などはたった150日程度と、4割ほどしか晴れない

 太陽光では丸っきり十二分な発電量を賄えないし、台風や落雷であっさり壊れている風力なんてもっと論外です。

 しかも風力なんてその設置が強風で遅れていますとかって阿呆な話が罷り通っている始末ですからね。

 コストも高くて費用対効果が不十分なものを皮算用して良しとできる阿呆ぶり、本当に理解出来ません。

 その一方で瓦礫の受け入れとか実際の行動に対しては反対と妨害行動をする。

 何だかんだと美辞麗句で取り繕っても本音は、自分達の我侭をただ通したいだけの大きい子どもなんですよね、連中って

 だから現実性のある提案なんて何も出来ないし、やろうとすらしない。

 命だの未来だのと騒ぐのに費やす無駄な時間や金で出来る事なんて幾らでもあるのにねぇ?
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果