徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
03月06日(火)

異常者を野に放つな 

5日付けの朝日新聞デジタルの記事から

ホームレス3人殺傷、一審破棄し懲役22年 東京高裁
2012年3月5日19時8分
 東京都内で2007~09年にホームレスの男性3人が襲われ、1人が死亡、2人がけがをした事件で、殺人と殺人未遂の罪に問われた高本孝之被告(39)の控訴審判決が5日、東京高裁であった。金谷暁裁判長は、傷害致死と傷害にあたるとして懲役12年とした一審・東京地裁立川支部の判決を破棄し、3件とも殺意があったと認めたうえで懲役22年を言い渡した。

 金谷裁判長は「無抵抗の被害者を襲った残忍な犯行だ」などと量刑の理由を説明した。

 昨年5月の一審判決は「被告は自閉性障害のため、相手が死ぬ危険性を十分認識していなかった」と指摘。責任能力も完全には認めなかったため、無期懲役を求刑していた検察側が控訴していた。

 自閉症だからというのなら、むしろ死刑にするか永久に拘束するかにすべきじゃありません?

 むしろ先天性の脳機能障害が原因で自分の行為が齎す結果を認識出来ないというのなら、生かしておく方が、一定の懲役でまた野に放たれる方が遥かに問題ありますよねぇ?

 無抵抗の人間を襲って殺人にまで至っている上に、自分のやっている事の意味も満足に理解出来ないというのなら、それはもはやハリウッド映画に出てくる会話が通じず、一方的に人を襲うだけのエイリアンやモンスターの類と大差ないってことなんじゃないのかと。

 仮に現状で確定して満期だったとしても出所時には61歳。

 まだまだ犯行を重ねられる年齢です。

 非常に危険ですよねぇ?

 こういう場合はお情けをかけるのではなく、むしろ二度と出てこれないようにするか、死刑にするか、さもなくば性犯罪者の去勢措置じゃないですけど、二度と犯罪が出来ないような措置を講じるかすべきだと思いませんか?

 こんな犯罪者なんぞにまで人権なんて与えたいと言うのなら、最低限の措置として一般人に二度と馬鹿げた真似が出来ないようにした上での話にすべきだと。

 責任能力すら問題になるような輩を野に放つというのなら、その決定を下す裁判官や擁護をする弁護士らが最初から最後まで責任を負うようにしろと言いたいですね。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果