徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
03月01日(木)

自業自得の結末 

28日付けの時事ドットコムの記事から

「裁判、めちゃくちゃ」=死亡男性の母、遺影持ち法廷に-奈良警官発砲
 「この裁判はめちゃくちゃだ。こっちの言い分を全く聞いていない。腹が立って、悔しくてしょうがない」。警察官の発砲で死亡した高壮日さん=当時(28)=の母金順得さん(74)は奈良市内で記者会見し、無罪判決への怒りと不満をぶちまけた。

 この日も法廷には息子の遺影を持参。主文言い渡しの瞬間は表情がこわばり、隣席の親族に内容を確認。疲れた表情で、ほとんどうつむいたまま裁判長の判決理由の朗読を聞いていた。

 金さんは「もし警官の家族が乗っていても撃つのか」と拳銃使用に疑問を投げ掛け、控訴審に思いを及ばせ「これからです。絶対勝ちます」と遺影に誓っていた。
(2012/02/28-19:11)

 変な裁判を起こすものだと首を傾げていたら、案の定朝鮮人なんですね、こういう馬鹿な真似をするのは。

 この事件、ネットで調べてみたところ犯罪者及びその遺族であるこの金らの味方をしているジャーナリストの詳細な記事があったのですが、それを読んだ私の結論は明らかに死んだ高壮日という在日韓国人の自業自得でしかないというものでした。

 というのも、元々は青山と言う仲間と供に車上荒らし、及び危険運転を繰り返した結果、警官に発砲されて8発の内2発が高の頭部及び首に当って緊急搬送されるものの後日死亡したという事件なんです。

 特に面白いのが青山へのインタビュー内容です。

 要約すると、「発砲されたことには全然気づかなかった」「拳銃を構えているのは判ったから手を挙げたけど撃たれた」「高は車の中が激しく揺れていたのでリクライニングを倒して、足を踏ん張っていた」「手を上げた時点で車は止まっていた」「(自身の犯行中、高は)マクドナルドを食べてた」とまぁ、こんな具合で、共犯者の高は犯罪に関わりが無かったのに撃たれて殺されたと言っているわけです。

 不思議な事に事件を詳細に調べていたはずのこのジャーナリストが何の疑問も抱かずに証言を鵜呑みにして警察が殺意を持って高を殺害し、更には事件を闇に葬ろうとしているとマスメディア大好きな陰謀論を展開しているのですが、この証言は明らかに不審な点があります。

 まず、ジャーナリスト自身が事件のあらましで記しているのですが、青山と高が合流したのは午前11時であり、車上荒らしは午後1時とその3時間後の4時に行っており、4時の際、逃亡する為に急発進したところを被害者に目撃されて通報されたのです。

 まさか、2回とも犯行前にマックへよって食事を高に与えて誤魔化していたとでも青山は言っているんでしょうか?

 しかもわざわざやりもしないパチンコ店へ2度も連れが訪れて、「ちょっと出てくる」なんて言って自分を30分も放置していなくなっても平然としているなんて、余りに不自然な話だと思いませんか?

 特に2回目の犯行時は一発で車上荒らしと被害者が判る様な逃げ方をしているのですから、友人が犯罪行為をしていた事を同乗していた高がこの時点でも尚、理解していなかったとは到底思えません。

 加えてパトカーに追跡されて、100km/h超で国道を逃亡していることからも友人が犯罪行為を犯していたこと、そして自身が現在共犯と看做されていることを理解出来ないなんて絶対に有り得ない話であり、友人を止めるでもなく自身だけでも自首するでもなく、最後まで同乗を続けて逃亡をしたのですから、もはや仮に元々は本当に知らなかったのだとしても、この時点で明らかに共犯関係となっています

 その気があれば友人を説得する、ブレーキを横から踏む、携帯で助けを求めるなど幾らでも行動できたのに、全くそういった行動は取っていません。

 駐車場で車上荒らしを行って逃亡したのが午後5時過ぎ、最終的に包囲されたのが午後6時40分ですからその間、実に1時間半も時間があったのに。

 既に車両はナンバーまで割れており、例えその場を乗り切れても直ぐに自分も同乗していたことは警察の調べでバレるところまで来ているというのに、それでも巻き込まれただけのはずの高は何のリアクションも起こしません。

 むしろ面白い事に、発砲される直前にこの高は母親と携帯で会話をしているんです。

 リクライニングを倒して体を固定していなければならない程激しく動いていたはずの車中で、その直前に携帯の受信を察知して通話をする余裕があったなんて明らかにおかしな話です。

 通話内容にしても折角のチャンスなのにろくに何も告げぬまま切ってしまっており、単なる巻き込まれた被害者というのには余りにも不自然すぎるんです。

 青山に至っては停止していた車中で発砲を受けたのに、それに気付きもしなかったなんて述べているほどなのに、高は携帯を察知して体を固定したまま通話し、更には警察の動きにも反応して両手を挙げていましたとか言われてもねぇ?

 また、青山の証言とは異なり、高の兄はこう述べています。

 「荘日は確かに悪いことをした。けど、何も殺すことはないやろ。他に方法はなかったんかと思います。」

 つまり、高が青山と共犯関係にあったことを認めているんです。

 そして更に、ジャーナリストは記事中で「(N巡査が)拳銃の銃底で何度も窓ガラスを叩いて割ろうとしたというから、暴発の可能性もある危険な銃器使用というほかない」などと非難をしています。

 警察側の証言に寄れば、四方を車で囲って逃げ場を塞ぎ、何度も車を叩きながら出てくるように命じていたにも関わらず出てこなかったどころか、更に車を発進させてあくまでも抵抗の態度を示し続けて危険だった為に上司から発砲命令が下され、3人の警官によって発砲がされたと。

 実際に銃底で何度も叩いていたかどうかは問題の車両を調べていれば簡単に分かっていることですが、何故かジャーナリストの記事はその事実関係について触れていません。

 ですがまぁ、危険行為だったと非難するくらいなのですから、ジャーナリスト自身は発砲までに警官側が取り押さえよう、その為に車から引きずり出そうと行動をしていたのは事実であると認識しているってことですね。

 因みに、安全装置(セーフティ)がキチンと掛かっていれば幾ら銃底で叩こうが暴発する事など有り得ませんので、中立公平であるべきジャーナリストが実際には偏った見方で記事を書いていると判ります。

 そして、何よりも不自然な点は包囲後、警官が発砲に至った経緯です。

 民間車両にまで協力してもらって包囲網を完成させ、見事そこに車両を閉じ込めたわけですから、警官は当然ながら犯人を逮捕するつもりで接近しています

 しかし、逃げ道を塞がれた状態でも青山と高は車両から出てこない

 車に辿り着いた警官は車内に立て篭もったままの犯人を引き摺り出す為にボンネットを警棒で叩きながら出てくるように呼びかけ、それでも出てこないために今度はフロントガラスを叩き割ろうとするが上手く行かず、更に後から接近した警官が銃底で窓ガラスを割ろうとするも、やはり割れない。

 ポイントはこの後です。

 もしも青山の証言が事実で二人が両手を挙げていたとしても、スモークガラスがフロントガラス以外全てに入っているために警官からはその行動がハッキリわからない可能性があるし、警官は出てくるよう呼びかけながらガラスを叩いていることを当然ながら両者は把握していたのですから、本当に降参するつもりだったのならば声に出して宣言するなり、戸を開けるなりしていたはずですが、青山の証言では中に閉じ篭ったままただ手を上げていたとなっており、動かなくなった車に、しかも完全に包囲している状態からイキナリ発砲命令が出て銃撃したと話が飛んでしまうのです。

 何の脈絡も無く、包囲で逃げられなくなり、動かなくなった車両に向けて一般車両が左右にある状態で警察が発砲した…明らかに有り得ない話ですよねぇ?

 車上荒らしなんてケチな犯罪をし、その後に危険運転をしたとは言え完全に包囲して動きが止まっている車両に向けて、しかも別段相手が武装していてそれで抵抗をしたわけでもない状況で発砲命令なんて出るわけがありません

 むしろ、最初のN巡査が発砲した5発の貫通場所がドアガラス、フロントガラス、後部座席の窓ガラス、リアガラスと移動していることからも発砲中に車両が前後へ移動をしていたのは間違いなく、青山の停止していた、アクセルから足を離して両手を挙げていたと言う証言は明らかに矛盾しています。

 無理矢理事実にしようとするのならば、N巡査が反対側に仲間の警官がおり、その後ろには包囲に協力してくれている一般車両がある状況でアメリカのアクション映画さながらに左右へ移動しながら連続発砲を行ったというやはり有り得ない話になってしまいますから。

 ハッキリしていることは、青山は明らかに嘘の証言をジャーナリストに対してしていますし、高もまた、青山の共犯であったことは乗車から死亡までの行動からして間違いの無い事実です。

 故に、「もし警官の家族が乗っていても撃つのか」などと全く意味不明の言葉を母親の金は述べて息子の弁護をしていますが、犯罪者とその共犯者が暴走行為を繰り返し、追い詰められても尚降伏しないどころか更に危険行為を繰り返していたらそりゃあ撃たれたって文句が言える立場ではないだろうとしか言いようが無いんですよ。

 もしもこれが日本人だったら訴えるどころか息子の愚行について世間に頭を下げているでしょうね。

 悪事を働いて世間様に散々迷惑を掛けて死ぬなんて恥晒しな真似をしたのですから、とてもじゃありませんけど人前に顔を出せません。

 いやはや、本当に朝鮮人ってのは犯罪者と集りばかりで日本に害しかもたらしませんね。

 魚の目『悪いヤツなら殺していいのか? 裁判員による付審判裁判が始まる奈良警官発砲事件』
 http://uonome.jp/read/1017
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://folke.blog41.fc2.com/tb.php/2540-185b1d37

1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/06/13(水) 17:32:25.81 ID:+LbBh2Ep0● ?PLT(12101) ポイント特典私は在日韓国人です。私の周りの在日韓国人や在日朝鮮人のなかで、日本に帰化した...
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果