徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
02月11日(土)

バカとクズの叩きあい 

11日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

公務員人件費2割削減は困難の認識…岡田副総理
 岡田副総理は10日の記者会見で、民主党が2009年の衆院選政権公約(マニフェスト)に明記した2013年度までの国家公務員総人件費2割削減について、達成は難しいとの認識を示した。

 岡田氏は「2割と書いたが、これを数で出そうとすると解雇しないといけない。今の公務員制度のもとでは出来ない」と述べた。

 民主党の小沢一郎元代表が消費税率引き上げ関連法案に反対する姿勢を示していることについては、「政党人として党できちんと決めたことには従っていただけると思っている」とけん制した。
(2012年2月11日11時04分 読売新聞)

 毎度お馴染み、マニフェスト破りのお時間です。

 今日のマニフェスト破りは公務員人件費2割削減

 勧告も野党の反発も無視してまで期間限定&労使交渉権付与を条件にして7.8%という非常に中途半端な公務員給与の削減を行う一方、議員の歳費や定数の削減は一切行わないままでどうするのかと思えば、結局は公務員労組の望む形で特権を与えた挙句に出来ないから止めますと

 本当に卑劣ですよねぇ?

 労組丸儲けで、議員も安泰のまま。

 この調子なら議員定数削減の話だってどう推移するか非常に怪しいものです。

 挙句に「政党人として党できちんと決めたことには従っていただけると思っている」などと汚沢を批判していますけど、そもそもマニフェストって党で決めた方針であり、国民との約束じゃないんですかねぇ?

 自分から宣言した約束を相手の了解も得ずに次々と破棄する連中と、初志貫徹を求める連中という意味では、汚沢の主張の方が正しいんじゃないのかと(笑

 ま、実際に出来る出来ないを考えていないバカと、破る事に対して言い訳だけで詫びひとつできず、その後の対応も語れぬクズでじゃ、どっちもどっちの底辺レベルであることに相違ありませんがね。

 それに何より、党の方針に従うも何も、あれだけ迷走を続けて結局辺野古へ差し戻した挙句、責任を取りたくないからと総理を辞任して逃げ出したルーピーが現在ではまた県内移設反対を叫んで政府批判をしていますが、民主党は外交政策担当にこのルーピーを据えましたよねぇ?

 加えて辞任後に反原発を掲げているバ菅はエネルギー政策担当ですし、この矛盾だらけの政府・与党に党で決めたことがどうのとか言われても何が党の方針なのかすら判りません。

 詐欺による政権略取から既に2年半近い時間が過ぎようとしているというのに、未だ政府としても与党としても機能していない無能なバカ集団…それでいて権力が大好きだから席を降りようとは思わないし、労組など自分達に協力してくれる相手の為に卑劣な便宜を図ってばかりとくるのですから。

 借金も大幅に増え続け、経済も悪化するばかり…民主党によって破壊され続けるこの国は、あとどれ位持つんでしょうかねぇ?
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果