徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
01月23日(月)

誰がブサヨの思惑に乗るかと 

22日付けのasahi.comの記事から

原発住民投票-都民の関心、示すとき
2012年1月22日(日)付
 原発に、イエスかノーか。

 東京で住民投票をしよう。

 この署名活動が、いまひとつ盛り上がらない。

 呼びかけているのは、市民グループ「みんなで決めよう『原発』国民投票」。東京電力の大株主の東京都と、関西電力株を持つ大阪市に、住民投票を実施するための条例づくりを直接請求しようという活動だ。

 すでに1カ月間の署名期間を終えた大阪市では、請求に必要な「有権者の2%」を上回る、6万人あまりを集め、選管の審査を待っている。

 だが、東京では期間2カ月の3分の2が過ぎても、まだ必要な21万余の半分に届かない。

 この少なさは、どうしたことなのか。

 署名の趣旨は「原発反対」でも「推進」でもない。

 原発の是非を自分たちで決めるために、住民投票をしようというのだ。

 つまり署名の数は、関心の強さをはかる物差しになる。

 首都圏の電力は原発事故前、3割近くが原子力で賄われていた。その消費者の都民が、わずか2%の関心すら示せなかったら、福島県をはじめ原発の地元住民はどう思うだろう。

 一方では、関心はあるのに、どこで署名できるのかがわからないという人も多いようだ。

 東京の有権者は1千万人を超える。新宿駅前などに常設の署名場所があるが、隅々までは行き届かない。

 しかも、署名集めを担う「受任者」は、自分の住む市区町村の有権者からしか署名を集められない。こんな地方自治法の規定も、活動の壁になっているのは確かだ。

 リーダーの発信ぶりの違いも大きい。

 大阪の橋下徹市長は、住民投票そのものには懐疑的だが、市長選で「脱原発依存」を掲げていた。それで関心を持った市民も多かったろう。

 これに対して、東京の石原慎太郎都知事は「エネルギーをどうやって補給するかの設計図もない時点で、センチメンタルともヒステリックとも思える」と突き放すだけだ。

 だが、住民投票こそが、この「設計図」を市民がみずからの問題としてとらえ、考えていくきっかけになるはずだ。

 原発の行く末をみんなで考える。そのための住民投票をするには、もっと署名が要る。

 大震災を機に、エネルギー政策が根幹から問い直されているいまこそ、都民は消費者としてもの申そう。そのために、首都で住民投票を実現させよう。

 はい、本日もお馴染み朝日の偏向報道、世論誘導記事です。

 大阪市と都を比較をしていますけど、人口規模だけでなく、いる人間の知能レベルそのものが丸っきり異なるんですから、ブサヨの活動になど賛同する人間を満足に確保できると思っている方がどうかしていますよ。

 最高学府である東大を筆頭に、有名大学の大半がある上に、学力テストのランクでも東京は最下位争いを毎回しているような大阪とでは雲泥の差があり、比較する事自体がおこがましい限りですし、短絡に感情で動く大阪とは違って都知事が述べるように現実を見据えて動く人間の方が都民には多いのですから、下賤なブサヨの蠢動に誰が乗ってやるんだとなるのは当然です。

 大体、「署名の趣旨は「原発反対」でも「推進」でもない」「原発の是非を自分たちで決めるために、住民投票をしようというのだ」とかって相変わらず卑劣に、まるで中立の立場で物申しているように装っていますけど、投票実施の参加を呼びかけているこの朝日、そして実施を目論んでいる「みんなで決めよう『原発』国民投票」という政治団体にしたって賛同者を見れば分かるように反原発派の人間で凝り固まっており、最初から実施の意図がミエミエです

 加えて関連リンクを見ても分かるように、反原発・脱原発を掲げるところや賛同する見解を示しているところのみが掲載されており、中立派や賛成派が何処にも存在し無い事からも公正・公平が保たれていない活動であることは最初から明らかです。

 また、署名が出来るお店という地図を参照すると、新宿区や足立区、北区などまったく場所が存在しない区が存在していてそのバランスの悪さがよくわかりますし、緑豆と結託しているNPOなどサヨクの巣窟でやっているんですから、マトモな一般人が関わり合いになりたいなどと思うわけがありません。

 第一、反対派で無い人間は最初から現状を変える必要性などないのですから、わざわざバカどもの乱痴気騒ぎに付き合ってやる道理なんてどこにもないのに、それを「関心の強さをはかる物差し」だなどと勝手に規定して無関心扱いというのは明らかに差別と偏見ですよねぇ?

 これでよくもまぁ、「真実を公正敏速に報道し、評論は進歩的精神を持してその中正を期す」なんて自社の新聞綱領に記せるものです。

 もしかして、進歩的精神と言うブサヨ理論に基けば、自分の意見に同意しない、協力しないイコール無関心であり非難されるべき、というこの差別的かつ偏見に満ち満ちた評論こそが中立的見解となるってことなんでしょうかね?

 それに何より、「東京の石原慎太郎都知事は「エネルギーをどうやって補給するかの設計図もない時点で、センチメンタルともヒステリックとも思える」と突き放すだけだ」と当然の見解に対して突き放すなどと罵倒していながら、この主張に対する回答が「住民投票こそが、この「設計図」を市民がみずからの問題としてとらえ、考えていくきっかけになるはずだ」と来るんですから、全くの無計画で見通しも何も無いけど、ただ反対だから反対しますというブサヨお得意の低脳主張しかない、まったくもって聞くに値しない戯言であると分かります。

 ただでさえほぼ毎月行われている電気料金の値上げが、原発廃止となれば更に跳ね上がるし、他国からはCO2排出で25%削減どころか逆に増加する事へ当然ながら非難が出るでしょう。

 そもそもあと何十年持つかも分からない化石燃料に依存して、経済活動が維持できるわけが無いんですが、単なる思想ありきで動いているだけだから突き放したなんて稚拙かつヒステリックな非難をする以外何も朝日は言えないのです。

 最近の民主党が死刑問題など行き詰った諸問題で国民や野党の意見を求めるばかりで自らの解決策を何ら開陳出来ないのと一緒ですね。

 本来自らの意見を公のものとして通したいのであれば、それを実現させるための道程を示し、それによるメリットとデメリットを開陳した上で視聴した人間を同意させられるだけの内容に纏めるのが筋ですが、朝日らブサヨがやっているのは自らの享受できるメリットを吹聴しているだけなのですから、賛同する人間など最初から同類しかいないのは当たり前です。

 ま、だからこそお得意の論点すり替えによる非難を自治体や首長、そして我々一般市民に対して行って罪悪感を植え付けよう、そうして署名を得ようなんてセコイ真似を朝日はやっているんですが。

 つくづく下種な連中ですよねぇ。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果