徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
01月22日(日)

文句があるなら解散しろ 

21日付けのYOMIURI ONLINEの記事から

前原政調会長、総崩れ批判に「やり方がせこい」
 民主党の前原政調会長は21日の読売テレビ番組で、消費税率引き上げ関連法案の国会提出に向けた党内の事前承認の見通しについて、「昨年末の議論では9時間かかったが、満場一致でまとまった。造反は論理的にあり得ない」と述べ、増税に反対する小沢一郎元代表らをけん制した。

 また、自民党が民主党の衆院選政権公約(マニフェスト)を「総崩れ」と批判していることについて、「『マニフェストを取り下げろ』と言って、取り下げたら『できなかった』という。やり方がせこい」と批判した。
(2012年1月21日18時46分 読売新聞)

 出来もしない誇大妄想を評獲得の為だけに並べ立て、ものの見事に失敗に終わっても責任を取って解散どころか国民に謝罪一つしないで新しいのを作るぞと悪びれもしないまま開き直っている民主党の方がよっぽどやり方がせこいと思いますがねぇ?

 自民にマニフェスト達成率の低さを理由に責任追及し、解散を要求していたのは何処の政党でしたっけ?

 大体、実現不可能な妄想を何時までも垂れ流すなと批判するのと、出来なかったと批判するのはイコールなんですから、それをせこいとか…余りにも言い訳の仕方がさもしいですね。

 じゃあやめろと言われなかったらそのまま継続して、達成できていたとでも言うのでしょうか?

 そんなことできるわけありませんよねぇ?

 何せ元から財源不足で丸っきり目処なんて無く、人民裁判モドキの財源確保も失敗して組織そのものが解散に至っている始末なんですから、震災や原発事故があろうが無かろうが最初から出来っこないのは明白でした。

 しかも、しないと言っていた増税に踏み込んで国民生活を豊かにするどころか益々困窮へと追いやり、国としても借金を増やさず削減へと導くどころか、年100兆円近い規模で借金を膨らませておきながら経済状況は悪化の一途

 それでも法で定められた選挙までまだ期間があるからと責任を取らずに政府・与党の地位にしがみ付き続ける醜悪かつ下劣な民主党に勝るせこい政党なんてあるのかよと。

 自らの野党時代の主張を何一つ実行せず、守らない…ホントにせこい政党ですよねぇ。

 第一出来もしない誇大妄想を何時までも掲げてそんな事のために予算や人員を費やすなど冗談じゃない、止めろと言うのは野党として当然の義務ですし、アレだけ大法螺を吹き、達成率を批判もしていた連中がこういう結果になればそれを叩くのも野党の行動として至極当然のものであり、恨み節の泣き言を言って批判する方がおかしいんですよ。

 自分達がやってきた事がブーメラン政党にそっくり返ってきているだけですもの。

 文句があるのなら出来もしない誇大妄想を吹聴した自分達自身に言えって話ですよねぇ?

 国民に嘘を吐き、害を与えている加害者が、被害者ぶって他人のバッシングなど言語道断です。

 連中は自民批判をする前に、解散をして自分達の行為の審判を国民から受けるべきだと思いませんか?
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果