徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
01月18日(水)

意味不明な延長期間 

17日付けのasahi.comの記事から

原発40年廃炉「最大20年延長可」 政府の改革準備室
2012年1月17日18時31分
 内閣官房原子力安全規制組織等改革準備室は17日、原子炉等規制法を見直して、原発の運転期間を40年間に制限することについて、環境相の認可を受ければ例外的に1回に限り最大20年間の延長を認める方針を明らかにした。原発の運転期間は最長60年間になる。

 4月に発足する原子力安全庁(仮称)の規制を監視する機関として、原子力安全調査委員会(仮称)を設置する。環境相、原子力安全庁長官らに対する勧告権を与え、行政権限として原発事故の原因究明調査にあたる。

 自治体から根拠の説明を求められても政府は丸っきり無視してきたのに、突然コレです。

 1年だと流石に短すぎるから、3~5年の延長ですというのならまだ分かります。

 その程度の延長幅なら元々安全性に十二分な余裕を持たせて廃炉にするはずですから、延びた所でまだまだ安全を確保できる範囲内だと素人にも分かりますからね。

 ですが、耐用年数を40年と定めたのに、延長が20年って明らかにおかしすぎますよねぇ?

 だってこれを判り易く例えるなら、本来の1ヶ月が賞味期限の加工食品を突如として安全の為だと20日期限だと一方的に設定し、まだまだ余裕で美味しく食べられるのを強制廃棄させようとしてたのに、今度は条件付で元通りの期間食べられますよとか言い出したわけであり、まったくもって意味不明です。

 40年で廃炉にせねばならないとしていたのは一体何を根拠にして算出していたのか、ホント、いい加減にそこを明らかにしろと。

 さもなくば、本来は40年で廃炉にせねば安全を確保しきれないレベルのものを、今までは騙して使えば60年は行けるとかって発想だったという事で、今後もやっぱりそれをやるぞという事なのか?

 どっちにしても設定が非常にいい加減だとしか思えませんよね。

 過程部分が欠落していてイキナリ結論に入る、しかもその結論が常識を一切無視した出鱈目なものであるというのはもはや言うまでも無く民主党の腐りきった体質ですが、そんな連中が政府をやっているから内閣官房原子力安全規制組織等改革準備室とやらにしてもけっきょくそうなっているんじゃないんですかねぇ?

 相変わらず民主党政権のやる事は、不信感だけを増大させる対応ですね。
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果