徒然な日々に

その日の個人的出来事や、見たニュース、記事から思った事、感じた事を徒然と…
12月30日(金)

恥知らずの言論テロリスト 

27日付けの朝鮮日報の記事から

社会保障と税―オトナはわかってる?
2011年12月28日(水)付
 いま、政治をやっているオトナたちは、消費税率を上げるかどうかで、大騒ぎなんだって。

 「景気が悪いのに増税したら、国民の生活がたいへんだ」とか「ムダがあるうちは、国民に負担増を求められない」って叫んで反対するヒトが多くて、首相の「年内に決める」って約束が守れるかどうかビミョーになってるらしいね。

 でも、僕たちからすると「ちょっと待ってよ」だよ。

 聞いてくれる?

 いま、税金を上げようとしてるのは「お年寄りが増えて社会保障の費用がかかるから」ってことでしょ。お医者さんに診てもらったり、介護でヘルパーさんに食事を手伝ってもらったりするためのお金だよね。

 それは、いまのオトナたちが払うのが筋でしょう。同じ時代に、このニッポンにくらしてるヒトたちが助け合うってのが、社会保障なんだからさあ。

 サービスを受けてるのは僕たちじゃないよ。でも実は、あとから請求書が回ってくると聞いてびっくりだ。

 国の来年度の収入のうち4割ちょっとは「赤字国債」を売ってつくるんだって。何十年も使える学校とか橋をつくるためじゃなくて、単に「生活費が足りないから」って借金するわけ。

 つまり、29兆円近くを使う社会保障の費用も、12兆円ぐらいは借金頼みってことじゃない。それって、だれが返すのさ?

 あと、「ムダをなくすのが先だろう」っていうのも、ひどい話だと思わない?

 ムダがあるのかどうかは知らないけど、それも含めていまのオトナが責任もってほしいよ。自分たちでつくったムダをなくせないからって、僕らに払わせるって身勝手すぎるよ。

 そりゃあ、いまのオトナの生活も厳しいのはわかるよ。でもさ、だからって借金して後払いにされたら、将来、僕たちの生活はもっと苦しくなっちゃう。だって、僕らの数はいまのオトナより少ないんだから。

 永田町のオトナたちは、こんなキホンをわかってるのかな。自分たちが次の選挙で当選すればいいだけ、だったら僕たちに打つ手はないな。なにせ、まだ選挙で「怒りの一票」ってやつを投じられないしね。

 オトナたちが「いまの政治家がシンヨウできないから、増税はイヤ」っていうのも勘弁してよ。選んだのはダレなの?

 あっ、自己紹介が遅れたけど、僕たちは、いわゆる「将来世代」。これから生まれる赤ちゃんです。けっして、ザイムショウの回し者じゃないからね。

 朝日新聞はクオリティペーパーと自称していますが、その論拠は、会社の経営陣や大学教授、学校の教師など富裕層やインテリ層が多く顧客としているからというものです。

 そして、だからこそ受験や就職に読んでおけば役立つと喧伝しているわけですね。

 でも、その通りだというのなら日本の政治や学問など国の今や将来に多大な影響を及ぼしている存在が朝日新聞だと言える訳で、最も責任を負うべき「いまのオトナ」「ムダ」を繰り返して「借金して後払い」という現状を構築し、「怒りの一票」を投じれない「将来世代」に十字架を背負わせている極悪人が何をほざいているんだって思いません?

 何せ朝日新聞といえば130年にも渡る歴史を持つ新聞社であり、満州事変以降の戦争と軍部の賛美で大きく売り上げを伸ばして今尚圧倒的な販売部数を誇っている上に、朝日社員から首相の側近になったり、大臣になったりした人間だっているわけです。

 現状に問題があるというのなら、それは取りも直さずこれまでの朝日の言動に多大な欠陥があったことの証左であり、自らの悪行を棚に上げ、中年親父がこれから生まれる子どもに成りすましてそれを非難するなど言語道断ですよ。

 例えば、朝日が解散総選挙を自民党に求め、民主党政権誕生へグループ企業を挙げて協力していたのは周知の通りですよね?

 2009年8月1日という選挙1ヶ月前を切った時の社説『自民党の公約 気迫が伝わってこない』で朝日は自民党をこう非難して、同時に民主党をヨイショしています。

 「それに比べて、自民党マニフェストのあいまいさは政権党として恥ずかしい。これでは民主党を「財源が不明確」と攻撃はできまい。」「自民党は長く政権党であり続けた。800兆円を超す途方もない借金はその結果だ。さらに、この2年でふたりの首相が政権を放り出した。自民党の政権担当能力そのものに疑問符が突きつけられている。なのに、その危機感も反省も伝わってこない。」

 こうして自民バッシングを連日のように行う一方、自民と民主の2大政党対決という印象を読者に刷り込み、間接的な表現に留める事で違法を指摘されないように逃げ隠れしながら、民主党への交代こそ国が変わるための第一歩であるかのように世論を誘導しました。

 その結果がどうなったか?

 民主党政権では「この2年でふたりの首相が政権を放り出した」し、しかもそのたった2年間で国の借金は800兆円どころか1000兆円にまで膨らみ、無能どころか有害な閣僚の面々、普天間移設、尖閣事件、震災や原発事故など諸々での不適切な対応…

 ですが、朝日はこの事実に対して上記してあるような罵倒を民主党には投げつけませんし、政権担当能力に疑問符を抱かず、マニフェストを悉く反故にしていることの責任も問わず、解散総選挙をしろと言いません。

 「選んだのはダレなの?」

 よくもこんな白々しい台詞を吐けるものです。

 かつて国を戦争へと導いて滅ぼしたのも、今、民主党政権と言う売国政権を誕生させて再び滅ぼそうとしているのも一番の当事者はオマエだろうが!

 恥知らずの言論テロリスト、ここに極まれり、ですね。

 週プレニュース『借金1000兆円の日本。若い世代のためにも「早くデフォルトしたほうがいい」という意見』
 http://wpb.shueisha.co.jp/2011/12/12/8583/
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

folke

Author:folke
怠惰な社会人。
画像はウチのトイプードル(ウサ耳Ver)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


folkelowさんのランキング集計結果